「地盤も鞄も手に入れた」、小池百合子氏のしたたかさには舌を巻いた

 安倍晋三首相が28日の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散することを正式に表明しました。それに先立ち、解散の腹を固めたことを知った野党は、声をそろえて「大義なき解散だ」との大合唱だった。解散に大義がなければそんなに責められることなのか。これまではいつも大義があったのか。そんなことはまた機会があれば言わせてもらうとして…。

 今は野党にとっては、それどころの話ではなくなったようですね。ことに民進党は離党する者が相次いでいた。前原誠司代表など「どんな手段を使ってでも、どんな知恵を絞ってでも、安倍政権を終わらせる」と息巻いていた。もちろん現在も“決意”は同じでしょう。
 前原氏はジリ貧の民進党では今回の総選挙の立候補者を公認せず、希望の党(小池百合子代表)で公認を受けるように話し合ったようです。「名を捨てて実を取る」などと言っていたが、究極は希望の党に吸収されるのでしょう。

 ただし今はまだ党名を残している。参議院議員はそのまま民進党で行くらしい。訳が分からない。しかし今回の衆院選で公認を得るには、民進党議員が小池代表の眼鏡にかなわなければいけないというのです。
 代表の審査は憲法改正、安全保障を始め、その他の点で民進党からくる者の考えを確認し、拒絶するかどうかを決めるという。当然、不適格と言われる人もあるわけです。今回のやり方で「民進党が公認せず、希望の党で受け入れてもらえなければどうなるのか」と不安視している民進党議員も多い。当然でしょう。

 今後、選挙に向けて旧民進党議員の進む道は四択になるでしょう。
 1.希望の党の「公認を受けて」立候補する
 2.希望の党の「公認を受けられず」無所属で立候補する
 3.希望の党の「公認を受けることを望まず」無所属で立候補する
 4.立候補を断念する
 まだ当選して日の浅い議員が「2.」に追い込まれたら、選挙で政党から公認料をもらえないわけですからきついでしょう。
 またベテラン議員のなかには、これまで自分で信念をもって行動してきた人もいる。彼らの中には、ここにきて小池代表の「踏み絵」のようなやりかたに納得できず、「3.」を選択する人も多いのではないか。

 考えると、希望の党だけがものすごく美味しい思いをしているのですね。
 選挙に勝つためには、「地盤」「看板」「鞄」の、いわゆる三バンが必要だと言われます。
 「ジバン(地盤)」とは、選挙区内における支持者の組織、団体のこと。親の後を継ぐ政治家は、親の地盤をそっくり受け継ぐから有利なのです。
 「カンバン(看板)」とは、知名度があるということです。
 「カバン(鞄)」とは、選挙資金が潤沢だということ。
 日本の選挙での当落は後援組織の充実度、知名度の有無、選挙資金の多寡や集金力の多少に依存している場合が多く、それらを端的に表したのがこの三バンです。

 まず地盤を考えてみます。民進党の支持組織である日本労働組合総連合会(連合)の組合員は680万人。漸減しているとはいえ間違いなく巨大な票田です。地盤などない希望の党に、民進党がこの大票田を持ってきてくれるのです。
 次いで看板ですが、小池氏の知名度がかなり大きいのは事実です。本来なら元首相の菅直人氏や野田佳彦氏は、希望の党の「重みを増す」上で存在感はあります。しかし小池氏は排除するのではないか。鼻面を取って引き回すには、彼女にとっては手ごわい。希望の党に受け入れる選別にあたっても、引き回しやすい人を選ぶと思われる。それではいけないのですが…。

 最後に鞄、いわゆる資金面です。希望の党は全く資金がありません。希望の党から立候補を打診されたある人の話です。党から「選挙資金は大丈夫ですか」と念を押されたらしい。公認料を出すつもりがないから、選挙資金は自分で用意しなさいということか。
 ところが民進党は、昨年受け取った政党交付金だけで97億円ある。このお金は政党活動の自由を尊重することから、どう使うか、あるいは他政党への寄附も制限されていない。巨大な資金が希望の党に入るのです。
 民進党を解党させないのは、党がなくなると政党交付金を国庫に返納しなければならないからです。さらに今後のこともある。

 どうですか。私は小池氏のしたたかさが、前原氏をはるかに凌いでいたと思います。民進党は丸裸にされ、何年かのうちにはなくなってしまうでしょう。希望の党が、民進党にとって失望の党、絶望の党にならないように危惧するばかりです。
 22日が投開票でしたか。私たちの1票が日本を変えることを改めて肝に銘じていきたいと思いました。

世界に印す偉大な足跡! ダウン症と戦う書家「金澤翔子 書展」が上野で

 台東区上野恩賜公園の上野の森美術館で、23日から30日まで、「ダウン症の書家 金澤翔子書展」が開かれています。金澤さんは1985年生まれ。5歳から、書家である母泰子さんに師事して書道を始めた。20歳で初の個展を開いて以来、約280ヵ所以上で開催、100万人以上を動員したという。仕上げた額、屏風など作品は約170点にのぼる。
 ニューヨーク、チェコ、シンガポール、ロシアなどでも個展を開催。NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当。スポーツ祭東京(国体)開会式で揮毫。天皇陛下の御製を揮毫、紺綬褒章受章。NY国連本部で日本代表スピーチ。日本福祉大学客員准教授を務めるというそうそうたる経歴です。

 妻の仕事は月曜日が休みです。25日に私が妻に同行して、上野恩賜公園まで出かけました。
 ダウン症というのは、通常23組46本の染色体のうち、21番目の染色体が1本増え、全部で47本になったことが原因で起こるそうです。これがダウン症全体の95%を占めるといいます。新生児1000人の1人に症状が現れ、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害があるのです。

 日本におけるダウン症研究の権威で、HTという女性医師がいます。妻が知遇を得たきっかけは2013年5月に、板橋区小茂根の心身障害児総合医療療育センターで看護師さん相手に指圧の講習を行ったことです。60人以上の看護師さんが真剣に受講しました。
 このセンターは社会福祉法人日本肢体不自由協会が厚生労働省の委託を受け、障害児の看護を専門として設立されたものです。

 HT先生は現在、妻の指圧治療院の患者さんでもあります。確か月に2回ほど来院しておられるのではないでしょうか。ある日、「この券2枚差し上げるから、ぜひ行ってらっしゃい」と金澤翔子さんの個展の招待券をもらったらしい。
 妻はけっこう能天気なものですから、次に先生に会ったとき「行きたいという人がいたから、あげたら喜んでいました」と報告。すると先生から、「あなたに見てもらいたいからあげたのよ」と言われ、すぐあと2枚を送ってくれたそうです。

 会場には、金澤翔子さんの代表作ばかりが全国から集結。作品総数は60点以上。上野の森美術館の広い空間を活かし、屏風がずらりと並んだ様子は壮観そのものでした。母・泰子さんは翔子さん20歳の時に初個展を主催したが、お母さんの主催としては実に12年ぶりで、今年74歳を迎える「母の終活」でもあるという。
 この書を「ただ誉める」のは簡単かもわかりませんが、それでは意味がないと思います。「素人に何が分かる」とお叱りを覚悟のうえで、私の感じたところを素直に述べてみたい。

 小さな字はさっと見ただけですが、決して上手とは思えなかった。そして何より、書いている内容が般若心経らしかったので、申し訳ないが宗旨が違う私はすぐに他へ移動した。
 小さい字は私の場合、例えばペンで書く時を考えてみました。横棒を引き「ここまで」と思っても、老年になってからパッと止まらず少し行き過ぎることがある。ダウン症は筋力が極端に弱いから、小さい字を書くのは大変なのかもわかりませんね。
 しかし額や屏風に書いた大きな字は〈見事〉でしたね。「夢」「愛」「飛翔」…、そのほか多くの字にその技巧(も素晴らしいが)より、胸に訴えてくる感動を覚えました。

 例に挙げては申し訳ないが、私は芸人KTさんの書には感動できない。訴えてくるものがないのですね。近年知ったのですが、彼はそれを左手で書いているという。
 これは私の感想ですが、右で書いては決して能筆たり得ない。それを隠すため、いっそ左で書いて、「巧拙を論じる以前」のできを狙ったのではないか。そう考え、イラストを見るつもりで眺めると、これも有りか、と思えました。
 書を知らない人はどういう感覚で見て、「Tちゃんの書は素晴らしい」などと言っているのかしりません。しかしそのうち「達筆だ」などという意見が出たら、「エー」というしかないでしょうね。

 いずれにしても、翔子さんの字はもちろんそういうレベルではない。見る人に大きな夢や愛を感動で包んで与えてくれた。そして何より、ダウン症と戦いながら、世界に大きな足跡を印し続けている彼女に、満腔の賛辞を送りたい。
 おそらく生まれつきの彼女の病気を知って、ことに当初のお母さんのご苦労は並大抵ではなかったでしょう。しかしついに大輪の花を咲かせましたね。おめでとうございます。

 帰りは上野公園・西郷隆盛銅像直下の、「銀座ライオン」ビアホールで息抜き。夜のビールが進まなくなるといけないので、ここではエビスの生・ハーフ&ハーフの大ジョッキ2杯で抑えました。しかしこの美味(うま)さは堪(こた)えられませんね!!

翔子1
「金澤翔子 書展」が開催された上野の森美術館

翔子2
NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当

翔子3

翔子4

翔子5
上野の「銀座ライオン」。午後4時、早いから
空(す)いていました

北朝鮮の核搭載ICBMはグアム攻撃も、「国際社会の圧力で」核放棄へ

 北朝鮮の金正恩氏が、狂気の軍拡に突っ走っているのはご存知の通りです。核爆弾の度重なる実験に加え、搭載するミサイルも日本列島をはるかに超え、グアムまで到達すると言われている。すでに米大陸に到達する能力を持っているという専門家もいるらしい。早晩、アメリカ全土が攻撃可能になることは間違いないでしょう。
 金正恩の最終目的がどこにあるかは別として、どうやら彼は、核兵器さえ持てばどこの国からも攻撃されることはあり得ない、と本気で考えているようです。こういう輩は「自分はどんなことでもできる」と思いこんでいるから始末が悪い。周囲で彼に諫言しようという者がいたら、たちまち粛清されてしまうのです。
 諫言どころではない、居眠りしたということで処刑された者もいた。

 何年か前、北朝鮮の政権でナンバー2と言われていた張成沢(チャン・ソンテク)・前国防委員会副委員長が、「国家転覆陰謀行為」をしたとして処刑された。北朝鮮で粛清は珍しいことではないが、張氏は故金正日(キム・ジョンイル)総書記の妹である金敬姫(金慶喜、キム・ギョンヒ)書記の夫、つまり金正恩の義理の叔父だった。
 国家転覆陰謀行為というが、その実態は何だったのか。正確なところは金正恩しか知らない。しかしこんな話が耳に入った。まんざら「ない」とは言えないのではないですか。

 金正恩は周囲が自分をどの程度信奉しているかを知る手段として、幹部の自宅に盗聴器を仕掛けていたらしい。取り付けるのは専門家だ。年寄りに気づかれないように工夫するなど容易でしょう。
 ところで盗聴器を通して、叔父の張成沢が「若い者(金正恩)のお守(もり)は大変だ。苦労するよ」と妻に話していることが録音されてしまった。激怒した金正恩によって張成沢は公開処刑されたというのです。
 正恩がいかに怒っていたか。戦車に搭載するような重機関銃を張成沢に向けて連射させた。直径が20ミリもある弾丸の連射なので、彼の身体は一瞬で肉片となってしまった。
 また正恩は自分の異母兄にあたる金正男(キム ジョンナム)をVXガスで殺害した。いずれ自分の地位を脅かす存在になるのではないか、という恐れからの犯行だったらしい。

 こんな狂気の独裁者が核をコントロールする立場になり、韓国のソウルを火の海にすると脅し、日本の4つの島を水爆で沈めると暴言を吐き、太平洋で水爆の実験をするとの発言もしている。
 こんな独裁者を放置していいはずがない。韓国の文在寅大統領は、金正恩斬首作戦も考慮しているというが、目標は来年の秋だと。この緊急時にこれではその意思がないということです。しかも北朝鮮人民のためと言いながら、9億ドルの支援も行うらしい。これが経済制裁の抜け穴にならないのか。
 日本ではテレビなどに出ているコメンテーターが、ほとんど例外なく「圧力だけでは解決しない。同時に対話の道を開けておかなければ」と発言している。

 そんなことは言われなくても分かっている。だからこそ日米首脳ともに、「あらゆる選択肢」を用意しているのです。
 しかし考えてください。北朝鮮の核開発は1980年代から始まったとみられています。それからおよそ30年、北朝鮮に核兵器開発を断念させる代わりにインセンティブを与えてきた。日米韓は、朝鮮半島エネルギー開発機構を作り、これを実施主体として、北朝鮮に軽水炉を2基造って渡した。また、年間50万トンの重油を与える約束を実行してきた。
 しかし北朝鮮は取る物だけ取って、変わらずウラン濃縮を続けていた。これまで再三の対話の結果は、北朝鮮の核開発に金と時間を与えただけだったのです。

 安倍晋三首相は国連総会で20日、つぎのように演説した。(要旨を抜粋)
 「対話を続けながらも、北朝鮮は核、ミサイルの開発を諦めるつもりなどまるで持ち合わせていなかった。94年当時、北朝鮮に核兵器はなく弾道ミサイルの技術も成熟にほど遠かった。それが今、水爆とICBMを手に入れようとしているのです。対話による問題解決の試みは無に帰した。
 北朝鮮に全ての核・弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な方法で放棄させなくてはらない。そのため必要なのは対話ではない、圧力なのです」

 「何の成算あって、われわれは三度、同じ過ちを繰り返そうというのか。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対し、日本は日米同盟によって、また日米韓3国の結束によって立ち向かう。必要なのは行動です。北朝鮮による挑発を止めることができるかどうかは、国際社会の連帯にかかっている。
拉致、核、ミサイル問題の解決なしに、開ける未来など、あろうはずがありません。北朝鮮の政策を、変えさせる。そのために私たちは、結束を固めなければなりません」

 安倍首相は国際社会の連携を呼びかけたが、その圧力こそが戦争を避け、北朝鮮に核武装を翻意させる唯一の方策ではないのか。「日本には平和憲法がある」などと唱えていてもオオカミは襲ってくる。本当に平和を守る思いがあるのなら、現実を見つめ腹をくくって取り組まなくてはいけない。「平和」憲法が残って日本国が滅びる、愚者はその場に直面しなければこの愚かさを理解できないのでしょうか。

縄文水は硬度10の超軟水、屋久島山中でスマホの時計が一時間遅れた

 屋久島の話をここまで引き延ばして書くつもりはなかったのですが、屋久杉も、これから書こうとしている縄文水も、私にとっては感動的なことでしたのでぜひお伝えしたいと考えました。そのあとはアンビリーバブルな体験です。興味がない方はどうぞスルーしてください。

 水には硬水と軟水があることはよくご存じだと思います。水道水をはじめ、日本はどこへ行っても飲み水はほぼ軟水です。
 水の硬度というのはマグネシウムとカルシウムが1リットル当たり何㎎含まれているかを表す指標です。

 WHO(世界保健機関)の基準では、硬度60未満の水を軟水、60㎎~120㎎未満の水を中程度の硬水、120㎎~180㎎未満を硬水、180㎎以上を非常な硬水といいます。
 ただし日本での一般的な定義は100㎎未満を軟水、100㎎以上を硬水というそうです。
 私が住んでいる埼玉県は水道水の硬度が75です。東京都65、鹿児島県48、最も硬度が高いのは沖縄県の84です。日本では、硬水に巡り合うことは余程意識していないとあり得ないのではないでしょうか。

 軟水は、
・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・緑茶を入れる際に色や風味が出やすい
・旨み成分を引き出しやすく、煮炊きの多い日本料理に適している
・石けんや洗剤が泡立ちやすい

 硬水は、
・のどごしが硬い反面、しっかりした飲みごたえを感じる
・緑茶を入れる際に色や風味が出にくい
・肉を煮るときなどにアクが出やすいが、和風料理には適さない
・石けんや洗剤が泡立ちにくい

 言葉にすると分かりにくいと思いますが、日本人には軟水が合うといわれています。硬度の高い硬水を飲んでみると、「水が硬い」という実感を得ることができます。10年も前になるでしょうか、中欧を旅行した時です。レストランで出された水を、妻に「味わって飲んでごらん。硬さが分かるから」というと、飲んで納得、驚いていました。

 例えば「アルピナ ピュアウオーター研究所」のサイトには、こんな文章もあります。
 「日本の天然水の硬度は高くても100程度となっているのに対して、海外の天然水は300程度が基準となっており、なかには1500にも及ぶものがあります。その分多くのミネラルを摂取していることになりますので、どうしても身体に影響を及ぼしてしまうのです」

 前置きが長くなり過ぎました。
 実は屋久島のホテルで食事のときに出された水がものすごく柔らかく、飲んで口の中で自然に溶けて吸収される感じなのです。こういう水は飲んだ経験がない。従業員に聞くと、屋久島の山からの水で硬度が10。「縄文水」というそうです。

 さっそくこの水で、屋久島の三岳(みたけ)焼酎のお湯割りを作ってもらった。三岳焼酎はホテルのメニューにはなかったのですが、要望で作ってくれたのです。マイルドで実にうまい。スーッと喉を通り過ぎるのです。妻は感激して、縄文水1ケースを宅配便で川越の仕事場に送っていました。知り合いに「ぜひこの美味しさを体験してほしい」というのです。
 今回図らずも飲料水の珍しい体験ができましたので、ぜひお伝えしたいと思って書きました。


 それからもうひとつ。信じられないことがあったのです。証人は妻と私、そして屋久島交通タクシーの I さんというドライバーです。
 屋久島のホテルに到着したのは夕方。翌日はタクシーを頼み、島の主だったところをめぐりました。翌々日はガイド付きの観光バスを予定していたので、それを省いたコースを回ってもらったのです。

 いろいろ興味深いところも多く、それなりに満足でした。
 半日(4時間)の予定で、朝9時にホテルを出発した。しばらく経った時、私はふと「まだ2時間は経っていないだろうな」と思い、時刻を確認しました。iPhone7Plusを時計の代わりに使っています。
 ところが私のスマホの時刻は9時40分を少し過ぎているのです。
 自分の感覚とは1時間ほどずれている。私は「頭がおかしくなってしまったのではないか」ととっさに考えました。隣の妻に「スマホを見せて」といって確認すると、私のスマホと同じ時刻なのです。

 「1時間も時間の感覚が違ったのか、しかしそれは信じられない」と、何分かの間、私はさらに考え込んでしまいました。「1時間半以上経ったと思っていたのに、まだ40分しか経っていない?」。私は、頭脳の感覚がおかしくなったのではないか、と自信を失いかけた。
 そのとき、ふと運転席の右横をシート越しに見ると、デジタル時計が設置してあった。それは私らのスマホのちょうど1時間後を指しているのです。スマホが9時51分、運転席のデジタル時計が10時51分でした。

 「スマホの時刻がちょうど1時間遅れている。出発のときは合っていた。どうしたのだろう」
 妻は「(富士の)青木ヶ原樹海と同じじゃないの」と言います。青木ヶ原樹海では方位磁針が使えない、車の計器や放送機器に異常が発生する、などと言われています。俗説かどうか知りませんが、そのことを指しているのです。
 ドライバーが自分のスマホを示しました。私らのとは違う器種ですが、正確に10時51分を示していた。しかし1時間ジャストの遅れというのも不思議ですね。ドライバーに勧められて電源をいったん切って入れ直してみたが、まったく効果がなかった。

 「帰宅したら、iPhoneショップでセットし直してもらわなければ」。ところが山から下りてきた時点で、私と妻のスマホの時刻が正常に戻ったのです。ドライバーの I さんは、「ホテルに帰ると直るだろうとは思っていました」と言った。しかし私にとっては訳が分からない。それも夫婦のスマホともちょうど1時間遅れる、これはどういうことでしょう。

 まことに長々と書きまして、申し訳ありません。私の70余年の経験になかったことですので、ついついお伝えしたくなりました。

縄文水

特別天然記念物・屋久杉での彫り物や土産物の制作は許されるのか?

 今日は屋久杉(やくすぎ)について、いささか書いてみたいと思います。
 屋久島で育った杉はすべて屋久杉か。それでは屋久島に杉を植林したら、それは屋久杉といえるのか。また、屋久杉は特別天然記念物に指定されている。彫り物や土産物など販売されているが、その制作は許されるのか。屋久杉で製作された仏壇なども販売されているではないか。私の疑問を地元のガイドに聞きました。

 屋久杉は、屋久島の標高600メートル(ウィキペディアには500メートル以上とあるが…)から1700メートルの山地に自生する杉で、樹齢1000年以上のものを指すそうです。樹齢1000年未満のものを小杉(こすぎ)と呼び、屋久島で比較的低地に植林された杉を地杉(じすぎ)という。地杉は樹齢100年以内の小杉を指す語として用いられることもあるらしい。
 一般に、杉の樹齢は長くても500年程度といわれるそうですが、屋久杉は桁外れに長い。例えば縄文杉は7200年、大王杉や紀元杉は3000年といわれます。島自体が花崗岩でできているため、花崗岩の上に生える屋久杉は成長が遅く木目が詰まっている。また島は降雨が多く湿度が高いため、樹脂分が多く腐りにくい特徴を持つという。

 岡崎製材株式会社(愛知県)が実際に屋久杉の年輪を計った結果が同社のサイトにありました。ある屋久杉の切り口を計ると1センチの幅に20の年輪があった。すなわち1年で0.5ミリしか成長していない。木の太さは直径ですから、1年の成長は1ミリですね。
 別の複雑な木目(杢)がでている屋久杉の断面を計ると、11センチ幅の中に44本の年輪があった。これは1年間に0.25ミリしか成長しないということです。

 さらに木の成長については、陽の当たりにくい樹林の中と、陽当たりの良い場所では大きな差が出ます。同じ木でも、1000年もの長い間には周りの樹木が台風で倒れたり、人に伐採されたりして条件が変わると陽当りも変化する。それが年輪に反映され、内地杉のように粗いところと細かいところが交互に現われることもあるというのです。

 屋久杉は特別天然記念物に指定されています。屋久杉の彫り物や土産物などが出回るのはどうしてなのか、というのが私の疑問でした。この加工に使われている屋久杉は土埋木(どまいぼく)と呼ばれるものだそうです。
 昔、伐採したものの、製材に適さないとして放置された樹木。伐採の跡の切り株や台風などによる倒木。これらを土埋木(どまいぼく)といって、入札が行われているそうです。一本の土埋木で高級外車数台分の値が付くこともあると聞きました。これで長年(?)の疑問は解消しました。


屋久島の杉、栄養の少ない花崗岩の上に生えるため、成長が遅い
屋久島の杉は栄養の少ない花崗岩の上に生えるため、成長が
遅い。(写真はウィキペディアより)

倒木6

倒木5
昔、伐採したものの、製材に適さないとして放置された土埋木
(どまいぼく)。これが彫り物や土産物の材料になっています。
屋久杉ランドで撮影
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR