腕を磨けばエビデンスはついてくる、明大キャンパスで指圧学会の発表会

 25日の日曜日、東京都杉並区永福にある明治大学和泉キャンパスに出かけました。趣旨は妻が主宰するNPO法人基本指圧研究会のメンバーOさんが、この日、指圧施術の体験を発表するというので妻と私で出かけたものです。
 発表したのは全員が日本指圧協会会員。有志が集って数年前に日本指圧学会というのを設立し、そのメンバーが集まっての披露でした。

 「指圧療法はその効果機序を説明することが困難であるため、現段階においてはあまりエビデンスが蓄積されていないのが現状である。また、日本においては資格制度の曖昧さから様々な手技療法が混在し、指圧療法が正しく認識されていない現状がある」(日本指圧学会のHP)

 そんな現状を打開すべく、日本指圧学会は「エビデンスの集積を通じて『あんま マッサージ 指圧師』の国家資格をもつ施術者を中心に、EBM(根拠に基づく医療)としての指圧療法を確立していく所存」らしい。
 目的は文書にするとそれらしく見えますが、実現しようと真剣に思うなら、指圧師だけが集まって一般的な指圧治療の施療結果を話して拍手し合っているだけでは叶わないでしょう。

 さまざまな分野がありますが、そこで医師が腕をこまぬいている問題に対し、お好きな言葉らしいが「エビデンス」(根拠、証拠)を、指圧師として示していかなければいけないのではないか。
 医師は自分らの知識と経験、西洋医学の現時点における常識を超える結果に対して、どうしても拒否反応を示してしまうと思います。例えば妻がかかわった例で私が耳にした2、3ですが、記憶をたどって簡単に書いてみます。

 彼女が日本二分脊椎症研究会で学会発表(2回)をしたのは、川越の治療所の前を尖足歩行(つま先立ちの歩行)で休み休み通学する中学生を目にしたことによります。足の状態を少しでも良くしてあげられたら、という思いから「お母さんに相談してごらん」と、ボランティアで治療をする意思を伝えたのです。
 指圧で硬直した脚の筋肉の改善を図るとともに、T学園大学のY教授を訪ねて、指圧に加え運動(体操)によって改善に寄与する方法も相談して実践しました。T教授は川越まで足を運んでくれたこともあります。

 二分脊椎症患者はほとんど排泄障害があります。自力で排便、排尿ができないのです。排便はごく軽症は浣腸ですみますが、それ以上は洗腸です。器具を使用して腸内洗浄を行います。排尿もまた器具を使っての導尿です。
 その中学生が定期的に診察を受けていた、都立B病院の脳神経外科医長のF先生が著しく改善している症状について、指圧の効果が大きいとして、母親を介して妻に学会発表を勧めてこられたのです。

 さらに二分脊椎症だけではなく、まだ公式な場で発表せず私のブログに書いただけですが、ほかのさまざまな症例にも対処してきました。
 例えば眼球振盪(がんきゅうしんとう)。頼まれて何人かの施療をしました。現時点で施療が終わった方もいます。再発がないとはいえません、それは本人にも伝えてあります。いま施術中の2人は激しく瞳が動く状況から脱して、現在、ほとんど目立たなくなっています。
 それでは眼球振盪を医師はどう見ているか。妻のところに来た患者さんの話では、「手術する方法もあるが、治るとは限らない」と言われたらしい。

 他の例を挙げてみます。つい先日、知り合いからの紹介という妊婦さんが来院しました。妊娠当初から逆子でどうしても改善しない。医師からは帝王切開をすると言われているが、「指圧で改善した」と聞いたのでお願いしたいということだったらしい。
 1回だけの施術でしたが、正常な位置に戻ったと妻は確信しているらしい。これまで何人もの逆子に対処してきましたが、ふつうならは1回、多くても2回で解決しているという。わずか1回の指圧で、帝王切開を回避して自然分娩ができるなら何よりでしょう。

 当日の発表会は、2人目のOさんの発表を聞いた時点で帰りました。聞いた2人の発表は患者さんの円背が治った、50肩が改善したなどの話だったと思いますが、背や脚が痛いなどは素人に揉んでもらっても多少は改善します。50肩は日時が経てば痛みは取れることが多い。
 ですから、こんな発表会で「エビデンス」「エビデンス」と騒がず、いろんな病気に対処できる「腕」を磨いていただきたいものです。厳しい意見かもわかりませんが、腕を磨けば可能性は無限に広がると思います。

 私は指圧の「圧し方」は知りませんが、「受ける方」としては40年の歴史があります。なにせ、昨年亡くなった指圧学校の実技講師・鈴木林三先生が、まだ開業する前に働いていた、有楽町の東京交通会館にあった浪越指圧センターに通って治療を受けていた身です。
 指圧師の皆さん! 期待していますのでどうぞ頑張ってください。


123明大和泉キャンパス
明大和泉キャンパスの桜も間もなく満開か?(25日)

羽生・井山氏に国民栄誉賞、過去「立ちションもでけへん」と断った猛者も

 将棋棋士の羽生善治氏と囲碁棋士の井山裕太氏が、ともに国民栄誉賞を受賞しましたね。
羽生氏は将棋界を牽引する棋士の第一人者です。初めて七冠を同時に制覇するなど比類なき功績を重ね、将棋界初の永世七冠という歴史に刻まれる偉業を達成した。
 井山氏は囲碁界の最高峰として、顕著な功績を重ね続けました。年間グランドスラムを含む囲碁界初の2度の七冠同時制覇という、歴史に刻まれる偉業を達成したのです。
 もう1人、フィギュア・スケートの羽生結弦氏への授賞を検討するように安倍晋三首相が指示したということですが、これも決定したのでしょうか。私はその後のことをよく知りません。

 国民栄誉賞とは、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者または団体の栄誉をたたえるため、内閣総理大臣が授与する賞」とされています。
 ただしこの賞、“時の総理大臣の考え、好みによってあまりにも差がありすぎる”という声が多いのも事実です。例えば柔道の山下泰裕氏は五輪1回の金メダルで受賞。野村忠弘氏は五輪3連覇しながら、未だに受賞していない。
 メダル獲得も一つの考え方の基準ではあるでしょうが、例えばメダルの数だけではなく、獲得にどんなドラマがあったかということが、国民が期待するところでもあると私は思っています。

 日本には勲章、褒章などの制度があります。栄典として、国家または公共に対して功労のある者を勲等に叙して勲章を授けることを叙勲。社会の各分野における優れた行いや業績のある者に褒賞の記章を授与するのが褒章です。
 また人間国宝という制度もあります。これは、重要無形文化財保持者として各個認定された人物のことです。
 さらには各スポーツなどに代表されるように、その分野で優れた者を表彰する制度もあります。ですから私は、国民栄誉賞はそれほど「物指し」に神経質になることもないのではないかと思っています。
 この賞の表彰対象は、「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認める者に対して行う」、という表彰規程と照合すれば納得できるではありませんか。基本的には首相の発案で、内閣府で検討のあと正式発表という運びになるそうです。

 これまで受賞を辞退した人は3人です。野球界からは福本豊氏とイチロー(鈴木一朗氏)、作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)氏です。
 イチローは「まだ発展途上の現役。いただけるなら引退後に願いたい」。古関氏は没後の知らせだったため、親族が「生きてる間ならありがたく受けただろうが、死後にもらって何ほどの意味があろうか」、ということで断ったらしい。一説には、政権の支持率アップに利用されるのを嫌ったという。

 私が気に入っている辞退者は福本豊氏です。福本氏は阪急ブレーブス(現オリックス・バッファローズ)で当時の世界記録、通算939盗塁を達成しました。
 国民栄誉賞授賞を打診されたが、「そんなんもろたら、立ちションもでけへんようになる」と断った。新聞発表では「気軽に居酒屋にも行けなくなる」となっていたという。
 後日何かで読んだ氏の本意は、「自分は王さん(王貞治氏=第1回受賞)のように、野球人の手本となる生活はできない。記録を作るだけではなく、国民に広く敬愛される人物でなければいけないというボクなりの解釈があった」(趣意)ということだったらしい。
 しかし堅苦しいことをいわず、「立ちションもでけへん」から辞退した、と笑い飛ばすところに彼の潔さが現れているではありませんか。

 福本氏といえば、こんなエピソードも思い出されます。
 彼は社会人野球の松下電器(現パナソニック)を経て、プロ野球の阪急ブレーブスに入った。奥さんは全く野球を知らない人。ある日彼が「今度、阪急でやることになった」というのを聞いて、松下電器をやめて阪急電鉄のどこかの駅で働いているのだと思っていたらしい。
 ある日、連絡を取る用ができ阪急電鉄に電話をかけた。もちろんわかるはずがない。再度、氏名を詳しく聞かれ伝えると、「それ、阪急ブレーブスの福本さんと違いますか」と言われて、初めて夫の仕事を知ったという。
 ぶっきらぼうだが優しい夫と、下駄の雪のようにどこまでもついて行く女房。何とも微笑ましい大正・昭和の光景が浮かぶではありませんか。
 冗長な文章になってしまい、申し訳ありません。


福本豊
引退後は解説者、評論家として活躍する福本氏。
勝っていた阪神が大型連敗に突入。連敗を脱し
たとき、「これがオセロなら黒はひっくり返る
んだが」。(写真はYAHOO画像・検索より)

アメリカの力を侮ってはいけない! 日米同盟なくして日本はどうなる

 北朝鮮の金正恩委員長が、韓国の特使を介してトランプ米大統領に首脳会談を呼び掛け、大統領が5月までに応じる意向を示したことは以前に報道されました。それに先立ち、4月末に文在寅韓国大統領と金委員長が板門店で南北首脳会談を開催するという。

 トランプ大統領べったりの日本が、置いてきぼりを食ったらどうするのかという意見があります。しかしその考えはどうでしょうか。
 日本もアメリカと並んで、核爆弾やミサイル実験を繰り返す北に、より強力な経済制裁を行ったこと自体は決して間違ってはいない。今回、北が韓国を通してアメリカに歩み寄ってきた事実こそ、制裁の効果が出てきた証拠ではありませんか。

 逆に日本の経済制裁を非難するなら、日本はどういう態度をとるべきだったというのでしょう。ただ「話し合い」を口にしているだけでは、北朝鮮は煮え切らない態度を続け、結果的には時間稼ぎに過ぎなかったということになるのです。
 これまでの何十年にもわたる経緯を見ると、北がその間に核・ミサイル開発に取り組んできたことが分かるでしょう。

 いつも気になるのですが、世間の人たちがトランプ大統領を判断する基準は何でしょう。おそらく日本のマスコミ報道を基準にしているのではありませんか。果たしてマスコミの見方は正しいのか。
 大統領選から、まだ1年半も経っていません。選挙のとき、日本のマスコミはどこもトランプ氏を泡沫候補同然に扱っていました。

 当時、ジャーナリストの中で「トランプ氏が当選するかもしれない」と明言していたのは、木村太郎氏(ジャーナリスト、キャスター)1人しか私は知りません。
 不肖私も妻に、「トランプさんは実業家として成功した人だ。世間の人が思うほど愚かではないだろう。面白いかもしれないよ」と言い続けていました。風車に立ち向かったドン・キホーテとは違う、というのが私のどこかにあった。

 “日本がアメリカべったり”といっても、現実問題としてアメリカの力を借りなければ日本の防衛をどうするのでしょう。かつて三国同盟を締結していたドイツやイタリアは、NATO(北大西洋条約機構)に加入している。例えばどこかの国がドイツを侵略しようとするなら、すべての加盟国が守ってくれる。同時に他の加盟国が攻撃を受けたとき、ドイツもその国を守るために行動する。
 これはアメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟です。日本は参加できません。

 おまけに憲法9条には「国権の発動たる戦争と…武力の行使は…永久にこれを放棄する」「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と明記している。ですから、ここで日米同盟を解消するなら中国・北朝鮮の思うつぼです。
 中には「日本は中立国で行けばいい」とバカをいう人もいる。中立国ってどういうことかご存知ですか。中立を宣言し、どことも同盟を結んではいけない。どこかが攻めてきたら、自国の軍隊で最後の1人まで戦わなければいけない。スイス国民の決意、スイス憲法をよく見てください。

 そんなこと、現在の日本ができますか? 現在の憲法9条を擁する日本は100%、中立国の条件を備えていないということです。まだまだ言うことがありますが紙面の都合でカット。
 気を付けなければいけないことは、日本が風車に立ち向かったドン・キホーテになってはいけないということです。

月曜日のわが家、朝食はブランチでゆっくりと

 月曜日、わが家で起床の後にとる食事はブランチです。ブランチというと洒落た響きもありますが、要は妻の仕事が休みなので、なるべくゆっくり寝させてやりたい、ということから始まりました。ご存知のように、これは英語のbreakfast(朝食)とlunch(昼食)を合成した言葉で、朝食と昼食の両方に取って代わる食事です。10時ごろまでは朝食、11時過ぎがブランチというそうです。

 わが家から、ららぽーと富士見の敷地まではおよそ徒歩7、8分。そこをまっすぐ通り抜けると、敷地の反対側に隣接して松栄庵という和食を饗する店があります。
 ららぽーとは富士見市役所と道路を隔てています。松栄庵はもっと市役所に近い別の場所にありました。当時は何のかわり映えもない町の蕎麦屋でした。ところがこちらに移転して、腕のいい和食の職人や寿司職人を雇ったのでしょうか、「和食御膳」や「寿司御膳」などいろいろありますが、すべてそこそこ美味なのです。

 ららぽーとの中での食事処は多いが、もう一度来たいと思う店はありません。知り合いに「おいしい」と教えられた近所の中国料理(といっても台湾料理)店にも行ったのですが、2回行ったきりです。
 距離のある所は車で行かなければならない。好きなビールを飲めないことは「重要事項」に該当するので、今後もこのあたりで「お茶を濁す」ことになるのでしょう。月曜日、私の食事はこの1食だけ。他の日も、実態は1食か2食です。1食なら、ブランチという名にsupper(夕食)も加えた造語が必要になりますね。つまらない私の食事事情です。

松栄庵2

松栄庵1

米大統領が北との首脳会談を、今度こそ彼らの「時間稼ぎ」を許すな

 「酷寒」という言葉が脳裏から離れない日々でしたが、ここへきてやっと春の兆しを感じられるようになりました。
 平昌冬季オリンピックも終わり、日本は過去にない数のメダルを獲得できた。ホスト国の韓国は、経済逼迫から当初約束した平昌までの高速鉄道を断念し、競技場に屋根を敷設することもできなかった。開会前には競技場でO157の感染が疑われるなどの問題もありましたが、とにもかくにも「おっつけ仕事」「やっつけ仕事」でも終えることができたのは幸いでした。
 あとは今日開幕したパラリンピックです。不自由な体に負けず、真剣に戦う姿は私たちの感動を呼び起こします。

 ところでこのオリンピックを機に、南北朝鮮の関係が大きく変化しました。
 選手だけではありません。関係者、美女応援団と称する女性の一団を含む巨大パーティ―が韓国にやって来た。しかもこの旅費、食費、宿泊費など一切合切を韓国が負担したという。北朝鮮へ経済制裁を課すことを日米韓で申し合わせながらのこの行為、合意を踏みにじることになりはしないのか。

 さらに美女応援団も当初は陸路で訪韓させるはずだったが、いつの間にか万景峰(マンギョンボン)号でやって来た。明らかに合意を踏みにじった行為でしょう。なにが「超法規的処置」だ。この船にはこれまで大量の重油などを積み込み、経済制裁の抜け穴にしようとした経緯がある。
 今回も南北朝鮮の関係者以外に、立ち入り検査をした者はいないでしょう。かつてこの船に北へ贈与する重油3万リットルを積み込もうとして、アメリカに見つかり中止させられた経緯があるという。

 ところで、そんなことより大きな問題が惹起したのです。オリンピックに参加した金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長ら代表団と会談した文在寅韓国大統領は、すっかり骨抜きにされてしまった。
 聯合ニュース(3月6日)では、「南北首脳会談 4月末開催で合意」として、鄭義溶・室長が「北朝鮮は非核化を議題にした米国との対話に前向きだ」と語ったと伝えた。北朝鮮側の発言は以下の通り。(以下引用)

 ・対話が続く間は、追加の核実験や弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発を再開しない。
 ・非核化問題の協議と米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話をすることができる。
 ・軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合、核兵器を保有する理由がない。
 ・核兵器はもちろん、在来型兵器を韓国に向け使用しない。


 文大統領は、「初めて南北統一に取り組んだ大統領」としての位置づけを望んでいることは間違いない。しかしあまりに事を急ぎ過ぎる。これまでだまし続けてきた北朝鮮を、信用できる相手と思っているのか。ついこの間まで、「ソウルを火の海にしてやる」と息巻いていた連中ではないか。
 今入ったニュースによると、トランプ米大統領が5月までに米朝首脳会談に応じるという。安倍晋三首相はこの発表に対し、4月にも訪米して大統領と会談するらしい。

 そもそも「対話が続く間は、追加の核実験や弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発を再開しない」というが、これはその間も核爆弾や弾道ミサイルの開発は続けるかもしれないということです。開発を否定する文言は一句も入っていないのです。
 また「軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合、核兵器を保有する理由がないというが、「保障された」かどうかを決めるのは北だということを忘れてはいけない。
 米朝会談における金正恩の目的は、「現体制の護持」「経済封鎖の解除」「経済協力の実施」であることは間違いない。

 トランプ大統領も、下手に反対すれば「平和的解決の道を閉ざした」との批判を、国内外から浴びかねない苦しい立場にあるといえる。しかし、日米と韓の間を裂こうとする北朝鮮の策動に安易に乗ってはいけない。今一つは、単なる時間稼ぎをさせてはいけないということです。これまでその方法で核爆弾、弾道ミサイル開発を続けてきた遣り口を決して忘れてはならないのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR