北の揺さぶりにトランプ氏激怒? 金正恩氏慌てて韓国大統領に仲介依頼

 6月12日に開催予定だった米朝会談中止が24日、トランプ米大統領から北朝鮮に突如通告された。この日までの数日にわたる北朝鮮の高飛車な態度に業を煮やした大統領が、ついに「現時点で開催することは適当でない」と判断、中止を通告したものです。
 これまで北は、金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官名等で談話を発表。米朝首脳会談に向けた米国側の姿勢を批判したうえで、首脳会談を「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性まで示唆してきた。

 これは米韓合同演習に対する苛立ちと、お家芸の「瀬戸際外交」で米朝会談を少しでも有利に進めよう、という北朝鮮の揺さぶりだと見ていたが、百戦錬磨のトランプ氏相手では、その目論見は空振りに終わったということでしょう。
 金正恩委員長がこんな言動に走ったのは、中国の習近平主席との2回目の会談を行った後からです。1回目から日をおかず2回目の会談を行った。その直後から明らかに態度が高圧的になってきた。この点はトランプ大統領も気付いていたようだ。金正恩氏は「習主席が強い後ろ盾になってくれる」と、過剰な自信を持ったに違いない。

 金外務次官は「先核放棄、後補償」方式や、「完全かつ検証可能な非核化」を主張している人物としてボルトン米大統領補佐官を名指しで批判してきた。もちろん金正恩氏の指示だ。
 トランプ大統領が現時点での会談は適切ではないとし、「我々の核はとても大量で強力なため、使用されないことを神に祈る」とけん制した。経済制裁はさらに厳しさを増すに違いない。

 あわてた金委員長は、「歴史的に根深い朝米の敵対関係の改善に対する首脳対面が、どれほど切実に必要かをはっきり示している」と、明らかにトーンダウンし、米朝会談を切望する挙に出た。同時に、急きょ文在寅大統領に連絡して、26日に板門店の北朝鮮施設で南北首脳会談を持った。トランプ氏の「中止通告」からわずか2日目での首脳会談、いかに北朝鮮が慌てたかわかるというものです。
 極秘の電撃会談には青瓦台の広報を担当する国民疎通首席秘書官が、「私も突然の報告を受け、これ以上知っていることは何もない」と困惑してるという。

 会談の詳しい内容は明らかにされていないが、前回の会談で署名した「板門店宣言」の履行と、「米朝首脳会談の成功」について話し合ったとみられる。メインは米朝会談でしょう。どうやら文氏に強い協力を要請したらしい。結果、米朝会談は予定通り開催されることになりそうです。

 ところで北朝鮮は、ボルトン氏が提唱する「リビア方式」の解決策に強く反発してきた。どうやら金正恩委員長も金次官も、カダフィ大佐が核を放棄したから米軍の攻撃で殺されたと考えているようだが、これはとんでもない勘違いです。
 米側は「リビアモデルではない、トランプモデルだ」と答えている。これはトランプ氏が独自に打ち出すモデルだ、ということでしょう。いずれにしても、金委員長がまた醜態をさらしたことは間違いない。はたして身のほどをわきまえて行動する大事を学ぶことができたか。

 長くなりすぎますので、続きは次回に。

北に核開発をさせた反省を! 韓国大統領の前のめりは極めて危険

 このところ、北朝鮮は米朝首脳会談の「再考」を示唆するような姿勢をちらつかせ始めた。
 16日、北は核問題での交渉に長く携わった金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官名で談話を発表し、米朝首脳会談(6月12日)に向けた米側の姿勢を非難。首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性を示唆した。(毎日新聞 5月17日)

 また韓国に対しても、この日に予定していた南北閣僚級会談を突然、それも一方的に中止。「我われの平和的な努力と善意に、無礼な挑発で答えた」というのがその言い分だ。これは米韓両軍で11日から始めた定例の共同訓練が、北朝鮮にとっては何とも鬱陶しくて仕方がないのでしょう。
 米朝首脳会談に楽観的なムードを感じていた韓国にとっては、虚を衝かれた思いだったに違いない。

 北朝鮮の金正恩委員長が、「体制が保証されれば核兵器を保有する理由がない」との理由で、文在寅・韓国大統領との会談に応じた。しかし当初から文氏は南北問題にあまりにも前のめりに過ぎると感じていました。
 南北融和から停戦、平和協定にもっていきたい。いずれ南北統一を成し遂げた大統領として、国民的な(可能なら国際的な)名声を手に入れたい。金大中大統領が金正日総書記と会談の道を開いたことで、ノーベル平和賞を手にした。それも脳裏をよぎったのではないか。(後に、金大中氏が金正日氏に巨額の献金をして南北融和を装ったことが判明した)

 1993年、北朝鮮(金日成)はNPT(核拡散防止条約)から一方的に脱退。2000年には、米オルブライト国務長官が平壌を訪れて金正日氏と会談して融和ムードを醸した。しかし2002年に、高濃縮ウラン製造施設を建設している疑惑を追及されると北はIAEA(国際原子力機関)の査察官を国外に追放、翌年1月には再びNPTを一方的に脱退した。
 2005年には「すべての核兵器と既存の核計画の放棄」を受け入れる共同声明が出されたが、翌2006年には核実験を強行。これが北朝鮮のやり方。そのあとは皆さんよくご存じの通り、核実験、大陸間弾道ミサイルの実験など、やりたい放題でした。

 ここで考えなければいけないことは、過去の二十数年は「ただ北朝鮮に核・ミサイル開発を進めるための時間を与えただけだということです。2度あることは3度あるというが、とうてい北の言い分を信じることはできないでしょう。
 そこに日米が強調してきた、「完全、不可逆的な核の即時廃棄」以外には打開の道はないということなのです・

 金委員長の発言を思い出してください。
 「対話が続く間は核実験もミサイル発射もしない」
 聞いてください。これは実験・発射はしないが、研究・開発は続けるという意味です。
 ここまで北朝鮮にいいようにあしらわれてきたのは、自分の任期中に成果をあげようとした金大中・廬武鉉の2人の大統領の支援です。西村金一氏(軍事アナリスト)は「一説によると、今では、北朝鮮が保有している核兵器の数は、13~30個になってしまった」という。さらに「2020年前後には、確実に水爆の実験を成功させ、…現状の日米韓のミサイル防衛による迎撃も困難になる」と。(正論6月号)

 2020年というのは東京オリンピックの年です。もうそこまで来ている。北朝鮮の欺瞞体質を韓国が見抜けなければ、アメリカは韓国民と在韓軍人・軍属を見捨てるわけにはいかないでしょう。
 北が欺くと推測しても、韓国がのめり込めば交渉成立の可能性もあるのです。北朝鮮が約束を実行する可能性は低い。極めて危険な状況を迎えつつあることを見逃してはいけません。

国連女子差別撤廃委、カソリックには口をつぐみ日本へは重大な内政干渉

 4月9日のこのブログに、「大相撲の『女性蔑視』は伝統ではない、過去の悪しき『因習』なのだ!」と書きました。今日はその件について、もう少し触れさせてください。
 明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏が、この問題について「正論」6月号に書かれた文章がありますので、一部紹介してみたい。

 「(略)もし女性が不浄なら、なぜ現在、伊勢の神宮の祭主を女性である黒田清子様が務めていらっしゃるのか。全国の神社の中心ともいわれる伊勢の神宮では、大祭において陛下からの幣帛(へいはく)を御正殿(ごしょうでん)の中に納める役割を担うのが祭主である。天皇陛下や皇太子殿下ですらお入りになれない最高位の神域に奉職するのは『女性』なのである(略)」

 「(略)歴史的に宮中祭祀もまた女性が行うものだった。三種の神器のひとつである御鏡(みかがみ)を奉安する内侍所(ないしどころ)に詰めるのは内侍と呼ばれる女性に限られ、内侍がご神体である御鏡を監守していた。内侍所は男子禁制だった。明治以降は江戸城が皇居となり、内侍所は賢所と呼ばれるようになり(略)」

 いかがですか。この説明で「女性が不浄」とか、「神事だから女性はダメ」というのがいかにでたらめな言い分かわかるというものです。
 私は「こんなことは『伝統』ではない、過去の『因習』なのです」と書きました。因習は昔から続いている風習で、現在では弊害が生じているものを指します。こんなものはさっさと改めなければいけない。

 書いていて今、気が付きました(遅いね!!)。そういえば神に仕えるとかいう巫女(みこ)も女性ですよね。
 相撲関係者がテレビでこんな話をしているのを聞いたことがあります。
 「土俵の神様は女性だから、女性が土俵に上がると焼きもちを焼く。だから土俵に上がってはいけないのだ」と。(相撲関係者の説明もおかしいのですよ)

 女神サマがイケメン男性を見てご満足しているのに、他の女が割り込むなんてけしからん、ということでしょうか。そんな煩悩だらけの神サマなら、信じるのがおかしくないですか。まるで女性の白い脛(はぎ)に見惚れて、神通力を失い、空から墜落した久米の仙人の仲間ではありませんか。
 <私の心の片隅で、もし仮にですが、相撲の神様を「作り上げる」とするなら、それは垂仁天皇の命により当麻蹴速(たいまのけはや)と戦って勝利した野見宿禰(のみのすくね)以外にあり得ないだろうし、彼は男性ではないか、との声が聞こえる>

 これは「大相撲の女性禁制」についての私見を述べているので、世の中には女性禁制、男性禁制が厳然とあり、改める必要がないこともあるでしょう。
 例えば歌舞伎は女性が演じることはできない、宝塚は男性が出演できない。こんなのは差別でも何でもない。これこそ「昔からの伝統」というべきではありませんか。

 ところで、かつて国連女子差別撤廃委員会が、日本に関してまとめた最終見解案に、皇位継承権が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求め、その上で、女系天皇、女性天皇にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告したことがあった。
 これは許すことができない、重大な国連の内政干渉ですよ。国連もけしからんことを考えるものです。

 私なら直ちに反論しますね。
 女性はローマ法王(教皇)にはなれません。そもそも女性はカソリックの神父になれないのです(プロテスタントの牧師にはなれる)。国連女子差別撤廃委はこれをどう考えているのか。
 全人口わずか1億余人の日本の皇室の問題を取り上げる前に、世界で11億人もいるカソリック信者に対し、「女性がローマ法王になれないのは差別ではないか」と大問題として提起し、それを解決してみたらどうなのか、と。

 この話に、悪名高いスリランカのクマワスラミ女史が関与しているかどうかわかりません。しかし国連は何を血迷っているのでしょう。いったい何を基準に、何をやっているのかわからないのが国連のやり口じゃないですか。「非学者、論に負けず」というが、彼らを見ていると実感しますね。

ルックイーストを訴えた親日家、マハティール氏が15年振りに首相へ

 マレーシア連邦下院の総選挙が9日投開票され、マハティール元首相が率いる野党連合・希望連盟が過半数の113議席(定数222議席)を獲得し、60年以上政権を担ってきた与党連合・国民戦線に勝利した。1957年の独立以来初の政権交代が実現し、マハティール氏が2003年に引退するまでの22年間務めた首相に返り咲くことになりました。

 欧州メディアは同氏が首相に就任すれば、選挙で選ばれた国政指導者として最高齢になると報じた。現在92歳、政界を引退して15年が過ぎた。いくら元気とはいえ、果たして激務をどこまでこなすことができるのか。それがいちばん心にかかることです。
 もともと与党を率いてきたマハティール氏にとって、現首相のナジブ氏はいわば愛弟子です。しかしナジブ氏が、政府系ファンドから巨額を選挙資金に流用した疑惑が持ち上がってから、ナジブ氏批判を強めて与党を離党した。

 いまだに国民の間には絶大な人気があり、危機感をいだいた与党連合は、マハティール氏が率いる政党を提出書類の不備を理由に活動停止にし、フェイクニュース(偽報道)対策法違反として捜査をほのめかすなど揺さぶりをかけてきた。しかし氏に対する国民の期待の表れが、今回の大勝利となったものです。

 マハティール氏は、英領マレーに生まれ、日本軍のマレー半島侵攻が始まった時は高校生だったという。イギリスの圧倒的な国力を知る少年マハティールは、長年のイギリス支配により「白人は無敵」との白人に対する劣等感があったため、日本は負けると思っていたが、予想に反して快進撃を続けた日本軍は、短期間でマレー半島からイギリス勢力を一掃した。この時、マハティール少年は初めて「白人が敗北することもある」と衝撃を受けて学んだのです。

 戦後、日本の外交について「日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。自信を取り戻しアジア、世界のためにリーダーシップを発揮してほしい」と述べてきた。
 さらに「ルックイースト政策」をとり続けた。イーストとは極東日本。マレーシアの国民に、「日本に見習え」と訴えてきたのです。

 当然、大変な親日家です。氏が首相に就任すること自体、私たちも大いに喜ぶべきでしょう。また、マレーシア自体も大いなる親日国です。最近の調査でもマレーシア人の86%が日本を「大好き」または「好き」と回答している。
 ただ気がかりはその年齢です。医者でもあるマハティール氏のことです、ある程度の自信はあるのでしょう。どうかアジアのため、日馬(日本とマレーシアです。大相撲の元力士ではありません)友好のために最後のご奉公をやり遂げていただきたい。

勝利を喜ぶマハティール氏
勝利を喜ぶマハティール氏(写真は「NEWS JAPAN 」
から転載)

熱気みなぎる行政書士会支部総会、懇親会ではT市長から激励も

 行政書士会東入間支部総会が、10日午後6時から上福岡駅から徒歩5分の「天七」で開催されました。天七は地元でかなり評判がいい天ぷら料理店ということで、以前、妻の母がすぐそばのマンションに住んでいたこともあり、何度か食事に行ったところでもあります。味は食べた方によって感想が異なるでしょうから、私の味覚を押し付けるようなことは控えましょう。

 この日は25人が参加、東入間支部総会としては大盛況です。私が入会した25年前、この支部の総会に集まるのは10人もいなかったと思う。年配の「偉い」人たちばかりで、仕事を知らない身として先輩に「教えを請いたい」と思っても、とうていそんな雰囲気ではなかった。あっ! 「モノ言えば唇寒し」と言いますから、この話はこれぐらいにしておきましょう。

 十数年ぐらい前からでしょうか、支部内に若い人が増え始めた。それまでは税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士などとダブルライセンスの人が多かった。行政書士業務にはそれほど力を入れなくても、ほかの士業で食べていける人が多かったようです。
 ところが行政書士試験に合格したばかりの若い人たちは、それで食べていかなければならない。支部内の連携も徐々に深まってきたようです。現在、これまでで、いちばんいい状態ではないでしょうか。

 そんな話はさておき、7時からの懇親会の準備に15~20分はかかる、という店側の要求で、総会は40分の予定で始まった。
 前年度の活動報告、収支決算、新年度の活動案、同予算案と順調に審議が進み、予定通り簡潔に総会は終了。
 この日の懇親会にはH市のT市長も出席して、行政書士面々の地道な活動が市政にも寄与していることを喜び、今後のさらなる活躍に期待を寄せた。

 私にとっては昨年、前立腺手術を行ってから初めての行政書士会の集会でした。M支部長から、「村岡先生の名前が出席名簿になかったので」と電話があり、親切にほだされて参加しました。
 昨年、私が手術・入院したことを知った支部長は、「知らなくてすみませんでした。支部からの見舞いです」と大枚を包んで差し出してくれた。知らせなかったんだから、知るはずはないのです。貧乏支部です(失礼!)。恐縮して受け取りを躊躇している私に、「規定ですから」と。
 久しぶりの参加でしたが、たいへん懐かく楽しい集まりでした。

30 5 10 行政書士会2
T市長も激励に駆けつけてくれた行政書士会の懇親会

30 5 10 行政書士会3
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR