解散に果たして大義が必要か、前職の「引かれ者の小唄」に聞こえるのだ

 臨時国会で衆議院の解散が表明されました。解散した時点で議員はその身分を失います。無職ですが9月分の給料は全額支払われる。10月22日が投開票ですから、当選した人は10月分も全額払われるそうです。
 当選するために、立候補予定者は地元に帰って選挙の準備を進めなければならない。解散から選挙期間中を通して、彼らは議員の時より忙しくなります。目前の選挙に必勝を期さなければいけないからです。

 解散のうわさが立ったころ、野党議員が声をそろえて「大義なき解散だ」との大合唱を始めた。ことに森友学園、加計学園の問題については、「疑惑隠しだ」とまたもや同じことを繰り返す。
 しかし解散した以上、もうそんなことは言わないだろうと思っていた。ともかく彼らにとって、直近の選挙が他のすべてに優先するのですから。しかしその後も、前議員やその声に同調するマスコミのコメンテーターなどから、「大義がない解散だ」という声がいまだに出ている。

 それでは解散には必ず大義がなければならないのか。大義とは何か。大辞林第三版を引いてみる。「人間として踏み行うべき最も大切な道。特に、国家・君主に対して国民のとるべき道をいうことが多い」。ここでは「国家・国民に対して首相のとるべき道」と言うのでしょうが、過去にそんな大層な解散が何度あっただろうか。解散の二、三例を挙げてみましょうか。

 【バカヤロー解散〈憲法69条による解散〉】
 第4次吉田茂内閣では、吉田首相が右派社会党の西村栄一議員への質疑応答中に、「バカヤロー」と発言したことで懲罰動議が出された。鳩山一郎氏らの策動があって内閣不信任案は可決され、1953年3月14日に衆院は解散した。これが有名な「バカヤロー解散」です。

 【天の声解散、〈憲法7条3号による解散〉】
 第1次鳩山内閣は1955年1月24日に衆院を解散した。民主党だけでは過半数を占められなかったため、鳩山氏は左右両社会党の協力で首班指名に勝利した。早期の解散はその社会党との約束だった。解散のとき、鳩山首相は理由を問われ、「天の声を聞いたからです」と発言したことから「天の声解散」と呼ばれた。
 人を小馬鹿にしたような理由でも、公職追放になった鳩山氏への同情などで「民主党ブーム」が起き、1955年2月27日に投開票された第27回選挙で民主党は185議席、112議席の自由党を上回わり第一党に躍進した。

 【近いうち解散〈憲法7条3号による解散〉】
 最近では野田内閣(第3次改造)のとき、野田首相(民主)が安倍総裁(自民)との党首会談で解散を明言してしまった。。
 野田首相
 「この政治改革の議論はもう与野党協議で相当やってまいりました。(略)いずれにしてもその結論を得るため、後ろにもう区切りをつけて結論を出そう。16日に解散をします。やりましょう、だから」
 安倍自民党総裁
 「今、総理、16日に選挙をする(と言った)、それ約束ですね。よろしいんですね。(略)どちらがデフレを脱却し、そして経済を力強く成長させていくに相応しいか、そのことを(国民の皆さんに)判断してもらおうではありませんか」

 野田内閣の解散日は2012年11月16日。投開票は12月16日。
 自民党が第1党で自公連立政権による第2次安倍内閣成立、民主党は第1党から転落した。
 この時私は党首会談をテレビで視聴していた。野田氏が安倍氏に不用意に解散を持ち掛け、安倍氏が負けずに受けて立った。結果は民主党の惨敗だったのです。ですから私は、「身のほど知らず解散」だと思っています。

 いずれにしても、どこに解散の大義があるのですか。しょせんこんなものですよ。「大義なき解散」などと騒ぐのは恥ずかしすぎるでしょう。選挙の準備が間に合わない前職の、「引かれ者の小唄」に聞こえる。議員の心構えは「常在戦場」と党幹部から教わらなかったのか。今後は十分注意することですね。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR