世界に印す偉大な足跡! ダウン症と戦う書家「金澤翔子 書展」が上野で

 台東区上野恩賜公園の上野の森美術館で、23日から30日まで、「ダウン症の書家 金澤翔子書展」が開かれています。金澤さんは1985年生まれ。5歳から、書家である母泰子さんに師事して書道を始めた。20歳で初の個展を開いて以来、約280ヵ所以上で開催、100万人以上を動員したという。仕上げた額、屏風など作品は約170点にのぼる。
 ニューヨーク、チェコ、シンガポール、ロシアなどでも個展を開催。NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当。スポーツ祭東京(国体)開会式で揮毫。天皇陛下の御製を揮毫、紺綬褒章受章。NY国連本部で日本代表スピーチ。日本福祉大学客員准教授を務めるというそうそうたる経歴です。

 妻の仕事は月曜日が休みです。25日に私が妻に同行して、上野恩賜公園まで出かけました。
 ダウン症というのは、通常23組46本の染色体のうち、21番目の染色体が1本増え、全部で47本になったことが原因で起こるそうです。これがダウン症全体の95%を占めるといいます。新生児1000人の1人に症状が現れ、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害があるのです。

 日本におけるダウン症研究の権威で、HTという女性医師がいます。妻が知遇を得たきっかけは2013年5月に、板橋区小茂根の心身障害児総合医療療育センターで看護師さん相手に指圧の講習を行ったことです。60人以上の看護師さんが真剣に受講しました。
 このセンターは社会福祉法人日本肢体不自由協会が厚生労働省の委託を受け、障害児の看護を専門として設立されたものです。

 HT先生は現在、妻の指圧治療院の患者さんでもあります。確か月に2回ほど来院しておられるのではないでしょうか。ある日、「この券2枚差し上げるから、ぜひ行ってらっしゃい」と金澤翔子さんの個展の招待券をもらったらしい。
 妻はけっこう能天気なものですから、次に先生に会ったとき「行きたいという人がいたから、あげたら喜んでいました」と報告。すると先生から、「あなたに見てもらいたいからあげたのよ」と言われ、すぐあと2枚を送ってくれたそうです。

 会場には、金澤翔子さんの代表作ばかりが全国から集結。作品総数は60点以上。上野の森美術館の広い空間を活かし、屏風がずらりと並んだ様子は壮観そのものでした。母・泰子さんは翔子さん20歳の時に初個展を主催したが、お母さんの主催としては実に12年ぶりで、今年74歳を迎える「母の終活」でもあるという。
 この書を「ただ誉める」のは簡単かもわかりませんが、それでは意味がないと思います。「素人に何が分かる」とお叱りを覚悟のうえで、私の感じたところを素直に述べてみたい。

 小さな字はさっと見ただけですが、決して上手とは思えなかった。そして何より、書いている内容が般若心経らしかったので、申し訳ないが宗旨が違う私はすぐに他へ移動した。
 小さい字は私の場合、例えばペンで書く時を考えてみました。横棒を引き「ここまで」と思っても、老年になってからパッと止まらず少し行き過ぎることがある。ダウン症は筋力が極端に弱いから、小さい字を書くのは大変なのかもわかりませんね。
 しかし額や屏風に書いた大きな字は〈見事〉でしたね。「夢」「愛」「飛翔」…、そのほか多くの字にその技巧(も素晴らしいが)より、胸に訴えてくる感動を覚えました。

 例に挙げては申し訳ないが、私は芸人KTさんの書には感動できない。訴えてくるものがないのですね。近年知ったのですが、彼はそれを左手で書いているという。
 これは私の感想ですが、右で書いては決して能筆たり得ない。それを隠すため、いっそ左で書いて、「巧拙を論じる以前」のできを狙ったのではないか。そう考え、イラストを見るつもりで眺めると、これも有りか、と思えました。
 書を知らない人はどういう感覚で見て、「Tちゃんの書は素晴らしい」などと言っているのかしりません。しかしそのうち「達筆だ」などという意見が出たら、「エー」というしかないでしょうね。

 いずれにしても、翔子さんの字はもちろんそういうレベルではない。見る人に大きな夢や愛を感動で包んで与えてくれた。そして何より、ダウン症と戦いながら、世界に大きな足跡を印し続けている彼女に、満腔の賛辞を送りたい。
 おそらく生まれつきの彼女の病気を知って、ことに当初のお母さんのご苦労は並大抵ではなかったでしょう。しかしついに大輪の花を咲かせましたね。おめでとうございます。

 帰りは上野公園・西郷隆盛銅像直下の、「銀座ライオン」ビアホールで息抜き。夜のビールが進まなくなるといけないので、ここではエビスの生・ハーフ&ハーフの大ジョッキ2杯で抑えました。しかしこの美味(うま)さは堪(こた)えられませんね!!

翔子1
「金澤翔子 書展」が開催された上野の森美術館

翔子2
NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当

翔子3

翔子4

翔子5
上野の「銀座ライオン」。午後4時、早いから
空(す)いていました
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR