FC2ブログ

縄文水は硬度10の超軟水、屋久島山中でスマホの時計が一時間遅れた

 屋久島の話をここまで引き延ばして書くつもりはなかったのですが、屋久杉も、これから書こうとしている縄文水も、私にとっては感動的なことでしたのでぜひお伝えしたいと考えました。そのあとはアンビリーバブルな体験です。興味がない方はどうぞスルーしてください。

 水には硬水と軟水があることはよくご存じだと思います。水道水をはじめ、日本はどこへ行っても飲み水はほぼ軟水です。
 水の硬度というのはマグネシウムとカルシウムが1リットル当たり何㎎含まれているかを表す指標です。

 WHO(世界保健機関)の基準では、硬度60未満の水を軟水、60㎎~120㎎未満の水を中程度の硬水、120㎎~180㎎未満を硬水、180㎎以上を非常な硬水といいます。
 ただし日本での一般的な定義は100㎎未満を軟水、100㎎以上を硬水というそうです。
 私が住んでいる埼玉県は水道水の硬度が75です。東京都65、鹿児島県48、最も硬度が高いのは沖縄県の84です。日本では、硬水に巡り合うことは余程意識していないとあり得ないのではないでしょうか。

 軟水は、
・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・緑茶を入れる際に色や風味が出やすい
・旨み成分を引き出しやすく、煮炊きの多い日本料理に適している
・石けんや洗剤が泡立ちやすい

 硬水は、
・のどごしが硬い反面、しっかりした飲みごたえを感じる
・緑茶を入れる際に色や風味が出にくい
・肉を煮るときなどにアクが出やすいが、和風料理には適さない
・石けんや洗剤が泡立ちにくい

 言葉にすると分かりにくいと思いますが、日本人には軟水が合うといわれています。硬度の高い硬水を飲んでみると、「水が硬い」という実感を得ることができます。10年も前になるでしょうか、中欧を旅行した時です。レストランで出された水を、妻に「味わって飲んでごらん。硬さが分かるから」というと、飲んで納得、驚いていました。

 例えば「アルピナ ピュアウオーター研究所」のサイトには、こんな文章もあります。
 「日本の天然水の硬度は高くても100程度となっているのに対して、海外の天然水は300程度が基準となっており、なかには1500にも及ぶものがあります。その分多くのミネラルを摂取していることになりますので、どうしても身体に影響を及ぼしてしまうのです」

 前置きが長くなり過ぎました。
 実は屋久島のホテルで食事のときに出された水がものすごく柔らかく、飲んで口の中で自然に溶けて吸収される感じなのです。こういう水は飲んだ経験がない。従業員に聞くと、屋久島の山からの水で硬度が10。「縄文水」というそうです。

 さっそくこの水で、屋久島の三岳(みたけ)焼酎のお湯割りを作ってもらった。三岳焼酎はホテルのメニューにはなかったのですが、要望で作ってくれたのです。マイルドで実にうまい。スーッと喉を通り過ぎるのです。妻は感激して、縄文水1ケースを宅配便で川越の仕事場に送っていました。知り合いに「ぜひこの美味しさを体験してほしい」というのです。
 今回図らずも飲料水の珍しい体験ができましたので、ぜひお伝えしたいと思って書きました。


 それからもうひとつ。信じられないことがあったのです。証人は妻と私、そして屋久島交通タクシーの I さんというドライバーです。
 屋久島のホテルに到着したのは夕方。翌日はタクシーを頼み、島の主だったところをめぐりました。翌々日はガイド付きの観光バスを予定していたので、それを省いたコースを回ってもらったのです。

 いろいろ興味深いところも多く、それなりに満足でした。
 半日(4時間)の予定で、朝9時にホテルを出発した。しばらく経った時、私はふと「まだ2時間は経っていないだろうな」と思い、時刻を確認しました。iPhone7Plusを時計の代わりに使っています。
 ところが私のスマホの時刻は9時40分を少し過ぎているのです。
 自分の感覚とは1時間ほどずれている。私は「頭がおかしくなってしまったのではないか」ととっさに考えました。隣の妻に「スマホを見せて」といって確認すると、私のスマホと同じ時刻なのです。

 「1時間も時間の感覚が違ったのか、しかしそれは信じられない」と、何分かの間、私はさらに考え込んでしまいました。「1時間半以上経ったと思っていたのに、まだ40分しか経っていない?」。私は、頭脳の感覚がおかしくなったのではないか、と自信を失いかけた。
 そのとき、ふと運転席の右横をシート越しに見ると、デジタル時計が設置してあった。それは私らのスマホのちょうど1時間後を指しているのです。スマホが9時51分、運転席のデジタル時計が10時51分でした。

 「スマホの時刻がちょうど1時間遅れている。出発のときは合っていた。どうしたのだろう」
 妻は「(富士の)青木ヶ原樹海と同じじゃないの」と言います。青木ヶ原樹海では方位磁針が使えない、車の計器や放送機器に異常が発生する、などと言われています。俗説かどうか知りませんが、そのことを指しているのです。
 ドライバーが自分のスマホを示しました。私らのとは違う器種ですが、正確に10時51分を示していた。しかし1時間ジャストの遅れというのも不思議ですね。ドライバーに勧められて電源をいったん切って入れ直してみたが、まったく効果がなかった。

 「帰宅したら、iPhoneショップでセットし直してもらわなければ」。ところが山から下りてきた時点で、私と妻のスマホの時刻が正常に戻ったのです。ドライバーの I さんは、「ホテルに帰ると直るだろうとは思っていました」と言った。しかし私にとっては訳が分からない。それも夫婦のスマホともちょうど1時間遅れる、これはどういうことでしょう。

 まことに長々と書きまして、申し訳ありません。私の70余年の経験になかったことですので、ついついお伝えしたくなりました。

縄文水
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR