「慰安婦問題」「南京事件」など、真実の歴史を学ぼうではありませんか‼

 私がこのブログを開設して7年が経過しました。始めた当時は社会のニュース的な事柄や自分の日常について漠然と書いていましたが、ある時から中国・韓国の問題を書かなければいけないと思い始めた。
 ある時からというのは、決して何月何日からということではありません。中韓の対日政策に、あまりに一方的な悪意を感じたからです。しかも日本の政治家の多くは、日中・日韓間の正当な歴史を知らないのかと思わざるを得ない。いや、勉強する機会はいくらでもあるわけですから、はなから知ろうとしていないのでしょう。

 戦後の第16国会でしたか、「戦後、戦犯と呼ばれてきた人たちを、今後は戦犯と呼ばない」と超党派で議決したにもかかわらず、ある党の議員など進んで、それも国会で、恥ずかしげもなく「A級戦犯を合祀した靖国神社へ首相は参拝した」などと激しく口撃している。自分らの先輩議員が国会で議決したことを、後輩議員たるもの国会の決議も経ず、勝手に破っているのです。
 しかも調べると分ることですが戦後、国会議員(首相を含め)は靖国詣でをしていた。当初、中国から反対などはなかったのです。

 さらにことあるごとに「A級」「A級」と言いたてるが、そもそもA・B・Cというのは罪の重さとは関係ないことを知っているのでしょうか。
 A級戦犯は「平和に対する罪」、B級戦犯は「通例の戦争犯罪」、C級戦犯は「人道に対する罪」。すなわち罪の重さではなく、罪の種類が違うということです。
 ところが戦犯法廷でBC級戦争犯罪として有罪を宣告され処刑された約1000名について、<昭和殉難者>として靖国神社に合祀されていることを問題視する発言は聞こえてこない。どうしてA級とBC級を分けているのか、国会議員が何もわかっていないということではありませんか。

 おまけに朝日新聞や左翼議員が北京政府に対し、「日本の国会議員が、A級戦犯を祀っている靖国詣でをしている。そんなことでいいのか」と焚きつけた。中国は当然「これは外交の材料に使える」と飛びついた。ともかく日本のマスコミや議員が、日本の先達を犯罪者に仕立て、日本を貶めようとしている。信じられますか。
 慰安婦問題は、朝日新聞と吉田清治という詐話師の共作に韓国が飛びついてこんな大問題になった。過般、朝日新聞が「吉田の話は嘘だった」として取り消したが、国際的にそれを周知する努力を全くしない。それどころか訂正後も、慰安婦問題は事実、という前提で書いた記事まで目にする。

 南京虐殺事件(事実はなかった)についても、本多勝一に書かせた「中国の旅」をもとに事件をでっち上げ、今や中国は「歴史上の事実」と位置づけ、梃子でも動かそうとしない。確か「南京虐殺はなかった」などというと、処罰される法律まで制定したでしょう。
 この事件? について、中国の旅には「歴史上まれに見る惨劇が翌年2月上旬まで2ヵ月ほどつづけられ、約30万人が殺された」と。拓殖大学客員教授の藤岡信勝氏はこう書いている。
「この記事は本多氏が中国共産党の案内で取材し、裏付けもなく執筆したもので、犠牲者30万人などは、まったくのデタラメです」

 よくご覧ください。日本国を貶めようとしているのは朝日新聞らの日本のマスコミであり、国会議員であり、それに便乗して利を得ようとする三百代言(弁護士)らなのです。私がよく「獅子身中の虫」といいますが、その実態がお分かりいただけると思います。(つづく)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR