「国連・敵国条項」を忘れるな、中国は侵略に向けて虎視眈々だ!

 皆さんよくご存じのことで「今さら」と思われるかも知りませんが、今日は国連憲章の「敵国条項」について私見を述べてみたいと思います。何年も前からブログで主張してきたことです。
 「敵国条項」とは、第2次世界大戦中に連合国の敵であった枢軸国(日独伊など)を対象に、安全保障面で特別規定を盛り込んだ国連憲章第107条及び53条と、敵国について言及している第77条の一部を指します。

 国連憲章には武力行使の禁止や、集団的武力行使権限の安保理への集中化などの規定がありますが、旧敵国に対する行動に関する限り旧連合国はそれに拘束されない、とする。つまり、「第2次大戦の結果としてとる行動」の範囲内(例えば再侵略の防止など)である限り、旧敵国に対して自由な武力行使が可能だという、まことに物騒・身勝手な条項なのです。
 国連憲章の署名国であった国連加盟国は、日本やドイツなどが国際秩序を棄損する行為に出た(と思われる)時には、「独自の判断によって」軍事的制裁を加えることができる。

 第2次大戦で日、独、伊とともに連合国と戦った国を枢軸国といいますが、ことに同盟を結んでいた3ヵ国にとっては、いつまでもこの敵国条項が張り付いて鬱陶しいと思っています。
 日本は国連の場で、なんとかこの条項を外すために努力をしてきた。こうした差別は国連憲章の主権平等原則に反するという見方もあります。しかも日本は、つい最近まで実質的に世界で最も国連分担金を支払い、協力してきた国です(アメリカは長く滞納していた)。

 実は1995年、国連創立50周年の年に日本とドイツが共同提案国となり、この条項を憲章から削除すべしという決議案を国連総会に提出している。総会では賛成多数で採択されたが、批准書を寄託した国は定数に達しなかった。
 日本の政治家は、「世界の理解は得ている、敵国条項は死文化している」という人がほとんどです。しかし果たしてそうでしょうか。この敵国条項は時代遅れであり、削除に向けて作業を開始するといっても、総会の決議だけでは何の効力も有しない。

 皆さんは次の話をどう受け止めますか。
 日本とソ連(=ロシア)との間では、91年4月の日ソ首脳会談の共同声明で「敵国条項」を適用しないことを合意しているが、中国との間にはその合意はない。
 この事実を思い出してください。2012年9月の国連総会で、野田佳彦首相(当時、民主党)が、尖閣諸島周辺の領海に中国公船が侵入を繰り返したことを念頭に、「主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試み」などと批判。その後の記者会見では、「妥協はあり得ない」と訴えた。

 首相の国連演説に対し、中国外務省の秦剛(チンガン)報道局長は日本を非難する談話を出した。さらに、秦局長は27日昼の記者会見で、「(第2次世界大戦の)敗戦国が戦勝国の領土を占領するなど、もってのほかだ」などと日本を名指しで口撃する長文の談話を発表した。(2012年9月28日09時00分 読売新聞)
 どうですか。「敗戦国が戦勝国の領土を占領するなど、もってのほかだ」ということは、間違いなく敵国条項を意識して日本への圧力を強めているのです。

 蛇足ながら最後に一言。過去、日ソ首脳会談の共同声明で「敵国条項」を適用しないことを合意しているが、日ソ中立条約を一方的に蹂躙して満州・樺太(サハリン)に攻め入ったロシア(当時、ソ連)です。何をやるかわからない。
 つい先だっても、ロシア外相が北方領土問題で「敗戦国が戦争の結果決まったことを変えようとしてはいけない」(要旨)と主張した。中国の報道局長と同趣旨ではないですか。
 いずれにしても、「敵国条項はすでに死文だ」などとのんきなことを言っておれますか。国連に強く働きかけて、1日も早く廃棄させなければいけません。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR