FC2ブログ

「延命治療」に対する勘違い、病人に苦痛と負担を強いているのです!

 (前回のつづき)
 第1次ベビーブームの年代の方たちが今や70歳を迎えます。さらにこの20余年のちに第2次ベビーブームの余波がやってくるのです。

 内閣府は昨年5月20日、2016年版「高齢社会白書」を発表した。
 高齢者を65歳以上と仮定すると、1950年時点では12.1人の生産年齢人口で1人の高齢者を支えていた。これが2015年時点では2.3人で1人の高齢者を、さらに2060年の予想人口比率では1.3人で1人を支えなければならなくなるのです。
 高齢者が長生きするのは、おめでたいことだと思わなければならない。しかしこの現実を見るとき、やはり「延命治療」は考えなければならないでしょう。

 看護する家族にも勘違いがあるのですね。患っている本人は意識がないにもかかわらず、周囲がただ薬漬けにしても長生きをさせようとする。脳死状態の人に対してまで、心臓を動かすことだけを考えている。
 そして「できることはすべてしたから、(病人が死んでも)思い残すことはない」と自己満足している人を何人も知っている。


 病人は意思も表明できず、長らく苦しんで生かされてきたのです。どうして本人の気持ちを考えてあげようとしないのでしょう。
 こういう家族に限って、周囲が「延命治療は考えなおしては…」などと注意する、と途端に機嫌を損ねるから難しい。

 しかしフランスでは、食事を自分で咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)できなくなれば人生の週末と考えるらしい。鼻から管を入れたり、胃瘻(いろう=お腹に穴をあけ、そこからチューブで水分・栄養を補給する)によって栄養を与えるのがいかに不自然か、日本人も考えなければいけない。死にゆく人間に、苦痛と負担を強いているのに気が付かなければいけないのですよ。

 イギリスではサッチャーさんが首相のとき、医療改革の一端として、「60歳以上の透析患者は健康保険を打ち切る」と宣言し実行しました。生きたい人は自分で費用を払えばいい、というわけです。日本なら大問題になって、政権は転覆しますよ。結果、イギリスでは膨大な透析患者が死亡しましたが、毎年数兆円の国費が救われた。財政再建に大きな貢献となったのです。
 認知症が進んで、誤嚥に悩み、痩せていく高齢者の延命胃瘻などは、ハナから一顧だに行なわれていない。「ゆりかごから墓場まで」を標榜し、福祉国家の見本であったイギリスにしてこうなのですよ。

 やはり筆頭福祉国家ともいうべきスエーデンが、社会福祉から全面撤退することを考えているそうです。理由は国が福祉で崩壊するからだという。
 日本は社会福祉に40兆円かけているのですよ。治癒の見込みがなく、ただ死期を延ばすだけの延命治療に、国家の命運をかけるなど考えなおしてはいかがでしょう。(おわり)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR