次期韓国大統領、誰がなっても「反日」で歴史を逆回転か

 朴槿恵が韓国大統領を罷免されて、今3人の次期大統領有力候補が浮上しています。そのうちの誰が大統領になっても、反日・親北朝鮮であることは間違いありません。
ここにきて2強の戦いともいわれています。文在寅(ムン・ジェイン)氏と安哲秀(アン・チョルス)氏の支持率が拮抗しているらしい。
 以前、「次期大統領候補ナンバーワン」といわれていた、前国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)が、早々に大統領選撤退を表明したのは賢明だった。この事情は高山正之氏が正論4月号に書いておられるが、その文章を借りてあらあら述べてみたい。

 潘基文の国連事務総長選には日本も協力した。確定したおり、麻生太郎氏は「アジア人として誠に誇らしい」と祝意まで述べている。
 ところが潘が国連で最初にやったことが、各オフィスのテレビを韓国サムスン製にすべて替えることだった。いわば国連のカネで、大統領選の事前運動をしたのです。2番目に身内を要職に取り立て、3番目には多数の韓国人を国連職員に雇用した。

 韓国の外務大臣かと思うほど、折に触れて的外れの日本批判をし、北京で行われた抗日戦争70周年式典にも日本を批判する立場として出席している。「国連」事務総長としてはあり得ない行動でしょう。
 エコノミスト誌に「最低の事務総長」と酷評されながら、すべてをポスト朴槿恵大統領に合わせてきた。
 ところが事務総長をやめて帰国してみると、韓国民は洟(はな)もひっかけてくれない。そこで彼は「人格殺害に近い陰湿な攻撃、各種の偽りの情報を振りまく自国民に愛想をつかした」と捨て台詞を残して大統領選から撤退した。

 次の大統領は誰かはわからない。文在寅氏は北朝鮮の主体(チュチェ)」思想に傾倒し、やがては北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長をソウルに迎え入れたいらしい。正恩というのは実の兄でも殺す男だ、半島に2人のリーダーはいらないとか言って、文も始末されるだろうと高山氏はみている。

 誰が次期韓国大統領になろうとも、これまでより強力な反日攻勢に出てくると思われる。最終的に10億円の金を出し、慰安婦問題の「完全、不可逆的決着」を国家間で約束した問題も、反故(ほご)にされるのは目に見えるようですね。
 もういい加減に韓国を相手にするのはやめましょう。はっきり言って人間のやることではないことをやって来たのが韓国なのです。恩を仇で返した見本ですよ。思い返してみましょう。

 兵士の性の相手をする従軍慰安婦として、韓国人20万人を強制連行したなどというありもしない与太話を作り上げ(これには吉田清治などという詐話師が大きくかかわった)、福島瑞穂、戸塚悦朗など国辱弁護士が日本を貶めるために狂奔した。(つづく)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR