魅せてくれます砂川堀の桜花、散り際も人を惹きつける花筏

 桜の季節です。ついついひとこと書いてみたくなりました。次は在原業平が酒宴で詠んだご存知の一首です。

      世の中に たえて桜の なかりせば 
               春の心は のどけからまし

 次がそれに対する返歌ですが、誰の歌か記録にないそうで「詠み人知らず」です。あるいは身分の高くない人だったので、重要視されなかったものか(これあくまでも私見)。
      散ればこそ いとど桜は めでたけれ  
               憂き世になにか 久しかるべき

 在原業平の歌は、桜の季節を迎えた大勢の人の心だと思われます。しかし私はこの二つの歌では返歌に惹かれるのです。いずれにしても年一回のこの季節。一献傾けながら散りゆく桜を愛でるのも楽しからずや、と思っています。

 我が家から数分のロケーションにある砂川堀、今年も美しい桜花が開きました。ぜひ写真をご覧ください。散る時は川面を花筏(はないかだ)で埋め尽くす。花筏 … 私はこの美しい日本語が好きです。そういえば、同じ名前の木もありましたね。写真は5日にスマホで撮影したものです。

H29 4 桜4

H29 4 桜2

H29 4 桜1

H29 4 桜3
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR