パチンコ・ファンは地域密着、カジノまで足を運ぶと思うかね?

 前回、日本最大の賭博産業パチンコ・スロットについて、平成のはじめには30兆円の売り上げがあったのが、今や18兆円に衰退しているという現実を書きました。
 これを見てもわかりますが、日本人は決して「世界一の賭博依存症」などではないでしょう。IR推進法が進展してカジノが実際に開設された場合、それほど案ずる問題があるでしょうか。
 しかも統合型リゾートというのは、何もとばくをやる場所だけを確保するのではありませんよ。

 総合型リゾート施設を、現在の大都市に建設する余裕はないでしょう。男だけの「博打場」だと思えば、100%失敗です。決して賭博をするだけの場所ではないのです。立派なホテル、美味しい食事。そして、ふだん縁のないゴージャスな雰囲気。夫婦、恋人同士が楽しめる場所でなければならない。
 もし地方につくるなら、最大限交通の便も確保しなければならないでしょう。
 
 そこで考えていただきたい。パチンコ(スロットも含めて)をする人は、私の理解の中ではほとんど家の近くでやっています。射倖心と時間潰しが多いように見えるのですが…。まさに地域密着型賭博ではないでしょうか。
 地方にあるカジノまで、果たして長途を厭わず行くと思いますか? それほどの情熱があるなら、すでに韓国やシンガポールへ行っているのではないでしょうか。大手製紙会社の創業者の息子が、マカオで80億円でしたか、つぎ込んだ話は有名ですね。

 それともうひとつ。不安なら遊技客を外国人だけに限定したらどうでしょう。パスポートで容易に確認できるではありませんか。
 蛇足ですが、私はラスベガスとマカオには行ったことがあります。ふつうはホテルに併設しているカジノですから、ホテルによるかもわかりませんが、ドレスコードも注意しなければいけない。
 
 少なくとも、パチンコファンはラフな風体を好むと私は考えていましたが、いかがでしょうか。パチンコファンが、例えば遠隔地のカジノへブラックスーツを着用して、場合によっては何泊かすることになるでしょう、行くでしょうかね。
 いえ、いらっしゃるのは大いに結構なのですが、パチンカーというイメージとは会わないのですよ。
 
 話が長くなって恐縮ですが、実は竹田恒泰氏の興味深い話(構想?)をお伝えしたかったのです。真面目に考えたものか、ネタとして披露したのか、かつて「正論」に掲載されていました。
 そのまま引用すると長文すぎるので、極めて面白いと思った話の要旨を私の言葉で次回お伝えします。(つづく)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR