FC2ブログ

4年ぶりに筑駒の同期会に出席、小田急ホテルサザンタワーで開催

12日、筑波大学付属駒場中・高等学校の同期会に出席しました。正午から午後3時まで、会場は新宿駅南口の小田急ホテルセンチュリーサザンタワー、21階バークルームです。角部屋で眺望が素晴らしいからか、毎年ここで開催しています。

恩師の石田城之助先生も矍鑠たる姿で出席くださり、「次々叙勲されているが、私の生きているうちに皆さんから報告を聞きたい」と参加者を称える言葉を述べられた。先生の年齢を改めて訊ねたことはありませんが、私らが高校に入学したとき30歳としても、もう90に手が届くと思われる。
たいへん痩せておられるが、酒をこよなく愛し、かつてご自身の叙勲祝賀会のおり、「これが私の食事だよ」と笑っておられたのを覚えています。食べ物には、いつもほとんど箸をつけられません。

この日の会は、文化の日に叙勲の栄に浴した、同期生の祝いも兼ねたものになりました。彼は、「受けるべきか、受けざるべきか躊躇があったが、天皇にお礼のご挨拶を述べてもらうことになっていると言われ、これはまたとない経験だとお受けした」と、ユーモアを交えて語った。

官僚として、トップクラスに就いた同期生の講話もありました。私たちが知り得ない、興味をひく話を多く聞くことができた。彼は50代で退職し、現在、誰もが知っている会社の代表を務めています。話のあとの質問会では「いつ社長を辞めるのか」という話もあったが、彼は、「後任にと思っていたものが亡くなった。しかし来年はやめようと思っている」と述べていた。

彼の学校生活も変わっています。筑駒は男子校で、中高一貫教育です。ほとんどが中学からそのまま高校に進む。私は高校からの入学ですが、そういう生徒はほんの一握りです。彼は男だけの学校生活に退屈し、男女共学の都立高へ行ったらしい。ところが心に描いたものとは違う、結局、勉強に力を入れることになった。大学入学後、国家公務員上級試験(国家公務員Ⅰ種試験)に合格し、キャリアとして某本省に入省したという。

私が前回、同期会に参加したのは4年前でした。その暮に妻が脳出血で倒れ、さらに開催日に時間が取れないなどの事情が重なり、今回、久しぶりの参加になりました。皆に大変温かく迎えてもらい、楽しい同期会でした。
そのあと韓国料理店で2次回が行われたが、私は欠席させてもらいました。
写真、なれないスマホで撮ったものですから、なかなかうまくいかなかった。どうぞあしからず。


駒場同期会 石田城之助先生のご挨拶
挨拶される石田城之助先生

駒場同期会
和気あいあいの会場風景、21階バークルームで

同期会会場
小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR