FC2ブログ

小笠原諸島に「新島」誕生、喜ばしい領土・領海の拡大!!

正月早々ですので、少々夢のある話を書いてみたいと考えました。

昨年11月、小笠原諸島・西之島(にしのしま=東京都小笠原村)隣接海域に新島(しんとう)が出現したことはよくご存知だと思います。これは火山の噴火によって形成された島ですが、徐々に拡大して12月20日現在、西之島の6割強の大きさに拡大していたようです。現在はもっと大きくなっているでしょう。さらに26日には海上保安庁が、新しい島と西之島が接続したことを発表しました。

実はこの海域は火山噴火が活発なのか、40年前にも新島が出現している。複数の新島が出現したり消えたりしたらしいが、やがて1つに収束。西之島新島と名付けられた。そのあと西之島と繋がって、新島という呼称はなくなったということです。

今回の新島誕生の報道を知ったとき、正直うれしかった。日本は海洋国です。少しでも日本の領海や排他的経済水域(EEZ)が広くなるのではないかと考えたからです。

ところが詳しく調べてみると、新島は西之島の南東約500メートルに位置するそうです(距離は新島誕生の時。位置関係をみると私には南南東と思えましたが、新聞報道では南東となっていました)。ところが新島の北西(北北西と私は思う)側には西之島、東側には父島、母島があります。硫黄島は新島の南方に当たるでしょうか。

これを考えると領海はわずかに広がるでしょうね(500メートル飛びだした分と、その後、島として外側に張り出した部分)。しかしEEZはほとんど変化しないと考えられる。ご存知のようにEEZは自国の基線から200海里(約370km)の範囲内の水産資源および、鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる、とされる場所です。


しかし領土・領海が少しでも広がるということは大いに喜ばしいことです。付近は火山活動の活発な場所です。小笠原諸島、硫黄島の東側から南鳥島の西側にかけて、火山の新島が多く誕生して、領土・領海、EEZを拡大してもらいたいものです。現在の公海が日本のEEZになる。痛快ではないですか。こんな初夢を見てみたい。

酒でただれた脳ミソで書いた駄文、どうぞ悪しからず。(文責不在ということで)


0131225at47_p「時事ドットコム」のサイトから
手前が西之島、左後方が新島(「時事ドットコム」のサイトから)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/04 09:04)

小笠原村エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。