諂えば嵩に懸かる中国、日本人の毅然たる決意を示せ

WiLL(2012.7)に「尖閣購入で問われる『日本人の覚悟』」と題して、石原慎太郎東京都知事と新藤義孝自民党衆議院議員の対談が掲載されていました。石原知事の発言の一部をここに引用しますが、私の拙文(6月8日のブログ)と併せて読んでいただき、日本人としての腹を改めて固めてもらいたいと思います。

(前略)
僕が尖閣を買うと言ったら、案の定、朝日新聞や毎日新聞はおどおどしているけれど、絶対に戦争にはなりませんよ。もし事を構えたら日本が絶対に勝つからです。そのことは中国も分かっている。

米軍の当事者に聞きましたが、空軍力は日本が圧倒的に上まわっている。訓練時間も質も違いますからね。海軍力にしたって、いくら中国があんな空母を買ったからと言ってタスクフォースにはなり得ない。空母1隻くらいで威張っているなんて、と他の国はみんな笑っていますよ。中国は核を持っていると言ったって、使えば自らを滅ぼすことになりますから、使えっこない。

憲法に飼いならされた日本人はすぐに、「戦争が始まったらどうする」とか「戦争するくらいなら奴隷になったほうがいい」なんて言うけれど、とんでもない話だ。中共には「やれるものならやってみろ」という態度を示すことが大事です。軍事紛争になっても日本が負けることはないんですよ。
(後略)(WiLL 2012.7)


先般、中国漁船が海上保安庁の巡視艇に故意に衝突してきた件。強制起訴をしながら、中国側の要請で石垣空港を夜中に開けて船長を帰してしまった。おまけに温家宝に、「中国の核心的利益だ」と脅されて恐れ入ったのは誰だ。私らは歯ぎしりして悔しがった。いったい日本は主権国家なのか、と!!

元首相の李鵬がかつてオーストラリアで、「日本なんて国はあと20年もしたら消えている」といったのをご存知ですね。ならず者国家に油断してはいけない。隙を見せるとカサにかかって攻めてくるのが彼らです。
石原知事は「日本人はすぐに、『戦争が始まったらどうする』とか『戦争するくらいなら奴隷になったほうがいい』なんて言うけれど、とんでもない話だ」と言っているが、まさに同感です。

かつて私も青年が、「戦争になったら降参する。降参したら殺しはしないでしょう」というのを聞いて、「将来家庭をもった。強盗が押し入って金品を奪い、女房を凌辱する。殺されたくないから許しを請うのか。叶わぬまでも戦うのが一家の責任者だろう」と叱ったことがあります。

いま尖閣問題に絡んで様々な問題が噴出しつつあります。これを機に日本人は改めて、自らのあるべき姿勢に目覚めてほしいものです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【諂えば嵩に懸かる中国、日本人の毅然たる決意を示せ】

WiLL(2012.7)に「尖閣購入で問われる『日本人の覚悟』」と題して、石原慎太郎東京都知事と新藤義孝自民党衆議院議員の対談が掲載されていました。石原知事の発言の一部をここに引用しますが、私の拙文(6月8日のブログ)と併せて読んでいただき、日本人とし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR