FC2ブログ

政府が韓国への半導体輸出を規制、「ホワイト国」からも除外決定を

 政府は1日、韓国への半導体材料の管理体制見直しを含め、輸出手続きを厳格化すると発表した。テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われるフッ化ポリイミド、半導体の基板にぬる燗鋼材のレジスト、半導体の洗浄に使うエッチングガスの3品目について、4日から個別の出荷ごとに国の許可申請を求めるという。

 日本は韓国を安全保障上の友好国として輸出手続きの簡略化を認めていたが、今回対象から除外する。
 このほか、軍事転用が可能な先端材料や電子部品などの輸出について、外為法の優遇制度で27か国が指定されている「ホワイト国」から韓国を除外する。8月中に政令改正を行い対応することを決めた。

 いわゆる「従軍慰安婦」問題解決のために日韓で話し合い、合意のうえで基金を設立することになった。ところが文在寅政権に代わったとたん国家間の約束を一方的に破棄、基金を解散し、日本が拠出した10億円を略奪したままだ。
 さらに日本の自衛隊機を韓国艦艇からレーダー照射して危機にさらし、今回は徴用令発令以前、朝鮮半島からの出稼ぎにきた朝鮮人労働者を、「徴用工」と称して巨額の賠償金を請求し、応じない日本企業の在韓国財産を差し押さえるという暴挙に出た。

 かつて私はこのブログに書きました。
 「先端技術に必要不可欠なシリコンウエハは、世界の約70%を日本2社が生産しています。経済制裁でシリコンウエハの韓国への輸出を止めてしまえば、サムスンに代表される韓国の半導体企業はすべて倒産するでしょう」
 「サムスンは液晶パネルを製造することはできますが、液晶パネルを『製造する機械』を製造することはできません」
 「韓国のGDPの4分の1はサムスン一社が担い、上場企業の利益の約半分はサムスン一社が稼ぎ出しているという。もしサムスンがつぶれると、国内の4割の金が消える。韓国が安泰であるはずがない」と。

 やっとその時が来たか、私は今ほっとした気持ちです。韓国は「世界貿易機関(WTO)に提訴する」と息巻いているようですが、大いにやらせればいい。
 韓国が日本を「仮想敵国」として対応する方針を固めたことは以前書きました。半導体などの安全保障にかかわる物品はWTOで輸出管理が認められており、制度運用は各国それぞれであってしかるべきです。日本を、「仮想」であっても「敵国」とみなす韓国に、柚須津を規制するに何の遠慮があるか。
 WTOで万が一、日本に是正勧告を出すとしても、当然意見を聞くはずだ。日本は慌てることはない。時間をかけて堂々正論を展開すればいい。
 日本が輸出規制を強化すれば、許可が出るまで3ヵ月はかかるという。果たしてその間サムスンは持つのか? けだし見ものではあります。ただ日本の決意が竜頭蛇尾にならぬように願っています。