FC2ブログ

党首討論、解散を恐れてか自民党を追及できない野党の体たらく!?

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首は19日、今国会初で1年ぶりとなる党首討論を行った。野党各党首は、「老後に夫婦で2000万円の蓄えが必要」と試算した、金融庁金融審議会の報告書を取り上げて首相を追及。首相は「大きな誤解が生じた。違和感を持った人もいる」と釈明した。
 枝野氏は「安心ばかりを強調して実態と向き合わない姿勢がある」と政権を批判した。

 ただ、およそ50分の討論の大半が、2000万円問題に費やされた。これほどつまらない党首討論がまたとあろうか、というのが正直な感想だった。
 本来なら自民党政権を叩きにたたいてやろうと、4野党が手ぐすね引いて待っていたはずだ。ところがその内容はまったく精彩を欠いていた。ことに枝野氏は討論の中身を2000万円問題に特化した様子で、聞くに堪えない内容だった。

 野党党首は年金問題の認識を政府に質したり、報告書を受け取らないとする姿勢を批判する一方で、「批判一辺倒」だとする指摘に配慮した質問もあったようだ。
 あんまり追及すると「それでは解散して民意を問いましょうか?」といわれるのを恐れたのか、安倍首相への追及は尻切れトンボに終わり、党首同士が丁々発止の「論戦」を展開するかと期待していた身としては、何のために心待ちにしていたのかと心底落胆した。

 これじゃ予算委員会の質疑と何ら変わるところがない内容だった。
 だが考えてください。2000万円問題で、果たして政府を追及できますか。「老後に2000万円かかる」といったことに噛みついたところで、「それなら1000万円で済むように生活設計を立ててください」と言われたらそれまででしょう。
 さらに言えば、知恵を働かせると少しはアイデアも浮かんでくるのではありませんか。

 一例を挙げるなら、リバースモーゲージです。自宅など不動産を持っている人は多いでしょう。「持ち家のある高齢者が、その家を担保に老後の生活費などを一時金または年金形式で借りられる貸付制度」のことです。死亡した後、その不動産を売って借金を返済してもらう方法です。
 ただし私が知った時点での知識では、相続人の同意を得なければいけなかったと思う。

 でも問題ないでしょう。自分の甲斐性で買った家なら、相続人に同意を求めればいいではありませんか。
 同意しないなら、「それでは今後必要な金銭を用意できるか」と脅かしてやればいい。自分が買った家を、自分の老後の資金にする。何の遠慮がありますか。
 場合によったら、売り払って(その場合借家住まいになるでしょうが)現金化するものひとつの方法かも。さらに現金は少なくても、国債や社債を持っていないのですか? そう考えると、2000万円なんか騒ぐほどのことではないかもしれない。(つづく)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR