FC2ブログ

「自力更生」を嘯きながら、「制裁解除」を熱願する金正恩委員長

 毎日新聞(4月11日夕刊)の記事によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日、党中央委員会総会に出席した。席上、金委員長は「自力更生」で経済建設に取り組み、国際社会による制裁に対抗する方針を表明したという。

 自賛していうわけではありませんが、昨年6月、シンガポールで第1回米朝首脳会談が行われる前から、私は「金正恩が核を手放すことは絶対にない」と、このブログでも断言し続けてきました。
 これまで日本もアメリカも、彼の父親の代から、何十年にもわたって騙されてきた。ここにきて、そのやり方はさらに巧妙になったようだ。

 しかしベトナム・ハノイでの第2回米朝会談では、トランプ米大統領は金委員長のいかさまには引っかからなかった。さすがだと思いました。当初からトランプ氏は、完全かつ不可逆的な核廃棄を唱えていたが、金氏はここにきて、核放棄への段階的過程に応じた制裁解除を迫った。
 トランプ大統領はそれを拒絶し、あとの食事会もボイコットした。(テレビで見ていて)金正恩氏の顔つきが変わったのが分かった。大統領は第3回会談への道を残しながら金氏と決別した。

 金氏は北朝鮮のメディアを利用して、本当ならトランプ氏を悪しざまにののしるところです。しかし彼にとっても制裁解除(緩和)への望みを絶ってしまいたくはない。さらに真正面から立ち向かって、戦力でも敵うはずがないのはわかっている。無礼な態度をとりあえず封印したのでしょう。

 トランプ氏が大統領に選出された時、妻や何人かの友人から感想を聞かれた。私は即座に答えました。
 「トランプ(氏)は実業家で成功した人だ。思っているほど愚かではないと思う」と。トランプ氏が唱える「アメリカ第1主義」には戸惑う国も多いとおもいます。だがアメリカにとっては決してマイナスとは思えない。ですから米国内では、トランプ氏を見直す人が増えているのではないか。
 北朝鮮問題を含め、今後どう展開するかわかりませんが、目を離せないことは間違いないでしょう。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR