FC2ブログ

富士見市・砂川堀の桜も満開、夜桜見物の明かりを復活してほしい!

 埼玉県富士見市にも桜花の季節がやってきました。ご覧の写真は自宅から数分のところにある人工河川・砂川堀の桜です。ここでは場所に似合わず立派な桜を見ることができ、両岸に数百メートル続いています。
 現在は護岸工事をしていて、川面にかかっていた桜の枝が多く切られていた。ちょっと残念ですね。

 東日本大震災の前は、例の提灯の中に電球を入れた、盆踊りの時のような明かりで夜桜を楽しめたのですが、「節電」ということで中止になってしまったらしい。しかし現在はLED電球という極省エネのアイテムもあるので、ぜひ復活してもらいたいものです。

 「散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世に何か 久しかるべき」(詠み人知らず)
                           
 パッと咲きパッと散るからこそ、桜はいっそう美しいのでしょう。私らの一生も悠久の大宇宙から見ると、一瞬にもあたらないのかもしれません。


H31 4 7 2 砂川堀の桜

H31 4 7 1 砂川堀の桜
自宅から数分の砂川堀の桜。護岸工事中で並木道を歩けないのが残念