FC2ブログ

見かけほど中身はない? 発祥のノルウェーでクオータ制に疑問の声も

 クオータ制(quota system)とは、議員や会社役員などの女性の割合をあらかじめ一定数に定めて、積極的に起用する制度のことです。女性の社会進出を後押しし、男女ともに働きやすい社会を目指すとしています。「クオータ」とは定員、割り当てという意味の英語です。
 これは欧米で進められてきた制度です。ところがわが国でも、選挙で男女の候補者数をできる限り「均等」にするよう政党に求める、「候補者男女均等法」(略称)が5月の参院本会議において全会一致で可決、成立しました。罰則がない、努力義務の法律ですが、女性の議員を増やすことを促す日本で初めてのものです。

 クオータ制の発祥地として知られるノルウェーでは、法制化によって一般企業にも同制度を導入し、女性の社会進出が大きく進んだと言われています。
 2003年の会社法改正により、同国の男女平等政策は民間企業にも広がりました。上場企業の取締役会における女性の割合を40%以上とすることを義務づける法律が導入されたのです。
 国際的には、同制度は女性登用に一定の成果を挙げたと評価されています。だがノルウェー国内では、その効果を疑問視する声もあがっているそうです。

 この制度が非上場企業には適用されないことも、大企業にとっては抜け道となっているらしい。03年に563社あったノルウェーの上場企業は、クオータ制が法的強制力を持つ08年までに、驚くことに179社に激減したという。
 女性役員の比率を上げたくないために、7割の上場企業が非上場に転じたというのです。その結果、非上場企業の役員50万人のうち、女性が就いているポストは9万人余り。割合は2割にも満たない。

 一方、上場企業の取締役会における女性役員は40.7%を占めるまでになった。だが、実際に経営に携わる女性役員は6.4%にとどまるという。またノルウェーの大手上場企業で、社長の座に就いている女性は一人もいない。
 結局のところクオータ制は、経営の決定権を持たない女性役員の数を増やしただけだった。見かけだけで中身はないということです。

 ですから、これは発祥のノルウェーにおいても賛否半ばするという。
 ところが、形骸化してしまったともいえるクオータ制を、米西部カリフォルニア州では取り入れるらしい。来年から、州内に本社を置く上場企業に女性取締役の選任を義務化するというのです。
 米国の州では初めて。同州は全米最大の人口を抱えてIT企業も多く、新法は他州に影響を与える可能性があるという。

 19年末までに少なくとも1人の女性取締役を選任し、21年までに取締役が5人の企業は女性を最低2人、同6人以上の企業は女性を最低3人にしなければならない。最初の違反には10万ドル(約1100万円)、2回目以降は30万ドルの罰金が科される。(毎日新聞10月3日)

 しかしこういう問題は、無理やり押し付けるとろくなことがないと思われるがどうでしょう。(続く)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR