FC2ブログ

庁舎屋上に「曲技飛行の観覧席」、納税返礼品に工夫を凝らす自治体

 ふるさと納税制度をめぐり、過度な返礼品で寄付を集める自治体を、制度の対象から外すという総務省の方針が波紋を広げているようです。この制度の創設は、都会に偏りがちな税収を地方に分散させようという目的だったが、返礼品競争が過熱してしまった。

 ネットサーフィンをしていると「ふるさと納税おすすめ返礼品ランキング!」「還元率が高いおすすめ返礼品」「お礼品人気ランキング」など、返礼品をどうすれば有利に獲得できるかなど、本来の目的から外れた方向へ進んでいるのがよく分かります。
 例えば、あるサイトに1万円(9位の五匠鰻蒲焼のみ2万円)を寄付した時の、自治体の返礼品と(推定)還元率が掲載してありました。ばかばかしいが、数件転載してみます。

 【1位】村上牛すき焼き用 還元率136%
 【2位】佐賀牛 切り落とし 1Kg 還元率123%
 【3位】黒毛和牛「大黒千牛」リブサーロイン 4枚 還元率 97%
       ~ 略 ~
 【8位】[熟成米]唐津上場産コシヒカリ 10Kg(5Kg×2)推定還元率54%
 【9位】五匠鰻蒲焼(大隅産)4尾セット 推定還元率 50%
 【9位】九州産うなぎ蒲焼 特大サイズ2尾 タレ付き 推定還元率 50%
 (9位の五匠鰻蒲焼だけは2万円寄付した時の返礼、あとはすべて1万円の寄付に対する返礼)

 どうですか。ふるさと納税の本来の主旨などどこかへ消し飛んでしまっている。それにしても還元率が100%を超えるとはどういうことでしょう。1万円寄付して1万円を超える返礼品が届くということでしょう。どんなカラクリがあるか知りませんが、私などには理解ができない。
 返礼品を地場産品に限定するなどして自治体間の公平性を保つことを目指す総務省の方針に対し、特産品に乏しい自治体が収入や知名度アップの手段として制度を活用してきたところも多いのではないか。
 しかし、決まったものをくだくだ言っても仕方のないこと。まして高額返礼品の実態を考えると、「それでも自治体のやり方でやらせろ」とは言えないでしょう。

 ここでは、基地航空祭の目玉となっているアクロバット飛行が観覧できる“特等席”を提供して毎年ほぼ満席になっている自治体があることをお伝えしましょう。
 それは航空自衛隊入間基地がある埼玉県狭山市です。「アクロバット飛行が観覧できる“特等席”」というのは、眼下に基地が広がる市庁舎の屋上です。
 入間基地では例年11月3日の文化の日に開かれる「入間航空祭」に10万~30万人が詰めかけるという。一番人気は空自のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の曲技飛行。だが基地内は混雑しており、落ち着いて観賞できる場所は少ない。

 そこで市は2016年から、ふるさと納税者の寄付者にふだん立ち入り禁止の市庁舎屋上を開放。5万円以上で高層棟(8階建て)、2万円以上で低層棟(3階建て)の屋上から曲技飛行を観覧できる。
 今年はすでに8月24日に満席となってしまったため、35席増やしたがそれも翌日には埋まってしまったという。
 (狭山市の“特等席提供”という「知恵」については、毎日新聞9月25日〈埼玉版〉の記事を借用しておりますのでここでお断りします)

 この事実を見ると、高価な返礼品を送ることしか思い浮かばない自治体は恥ずかしいではないですか。これは元手もかからない。しかも観覧者は狭山市まで足を運んでくれるのです。よそ事ながら、これを考え出した職員(でしょうか?)には臨時ボーナスを支給して、厚くもてなしてもらいたいものです。

 簡単な発想かもしれませんが、これは花火大会にも利用できるかもわからない。あるいは、寒さが苦手な私には考えられないことですが、「雪国地吹雪ツアー」などというものもあるのです。これは返礼品としては利用されていないかもわかりませんが、珍しい体験を求めている人は意外に多いのです。
 そう考えると、「地元にブランド牛がない」「名が売れた果物もない」「海がないから地場産の魚介類もない」とぼやくのをやめると、その向こうに何か見えてこないですか。

 私ならイカ釣りの体験をして、取り立てのイカを片っ端から船でイカ刺し、イカソーメン、煮物にしてくれる、そういう「返礼ツアー」があったら飛びつきますね。日本酒かビールを飲みながら新鮮なイカを堪能する、堪えられませんよ。でもこれも返礼品目当てのふるさと納税になる? それでは本末転倒か?

ブルーインパルス②
ブルーインパルスの勇姿(航空自衛隊のサイトから)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR