FC2ブログ

慰安婦問題は韓国の「金づる」、一歩譲れば二歩踏み込むのが彼らだ

 (前回の続き)
 前回「(太平洋戦争中の)慰安婦は売春婦です。(南北)朝鮮人もいれば日本人もいました。多くが貧農出身でした。親に売春宿に売られた娘もいた。女性の尊厳を侵害したのは誰かと考えれば、お金のために性を売り物にした親やその女性自身です」と書きました。

 ところが吉田清治という男が、「私は済州島(韓国)で慰安婦にするため一般女性を強制連行(拉致)した」と本を出版した。朝日新聞がその虚偽をまことしやかに騒ぎ立てて後ろ盾になり、福島瑞穂をはじめとする悪徳弁護士らが従軍慰安婦のストリーをでっち上げた。
 韓国が騒ぎ始めた時も、日本の政治家が「でたらめを言うな」と一括して取り合わなければよかった。千に一つ、強制して慰安婦にしたことを否定する材料がなくても(本来は韓国が強制したという証拠を出さなければいけない)、国交回復時の日韓基本条約ですべて解決ずみなのだ。

 それに対し、「とりあえず頭を下げておこう」としたのか、宮澤喜一内閣の時に慰安婦(一括して韓国)に数十億の金を渡した。日本は脅せば金を出すのだ、と韓国は喜んだ。しかし吉田清治の子息が「父は戦争に行っていないし、そんな強制連行などの事実はない」と言い、数年前、やっと朝日新聞は誤報を訂正した。しかし誤報ではなく、悪質なでっち上げでした。だから朝日新聞は責任をもって韓国に訂正を申し入れるでもなく、国連人権委員会の悪名高いクマワスラミ報告もそのままにしている。
 だが3年前、朴槿恵政権の時に日本はさらに「不可逆的な解決策」として、10億円を払っているのです。しかし韓国はいまだに納得していない。

 「納得を得られるまでずっと謝罪する」という石破氏の言葉は何を意味するのか。これは日本に多くいる「日本は悪い。永遠に謝罪し続けるべきだ」という“自虐史観”の持主そのものです。自ら日本国を貶めている、いわば「獅子身中の虫」でしょう。
 雅子妃殿下の父親が、日本は悪事を働いたから「ハンディキャップ国家だ。永遠に謝れ(私が受け取った意味)」といったのと同様の脳みそ構造です。
 日本が本当に悪事を働いたのなら謝罪は躊躇しません。しかしそれが「冤罪」では納得できないでしょう。冤罪というより、朝日新聞と韓国にはめられたのです。彼らの一方的なでっち上げならどうしますか。それでも永遠に金を出したうえで、謝り続けよというのですか。

 日韓基本条約、宮澤内閣のアジア女性基金、平成27年の不可逆的な解決策。毎回、「最後、最後」と言って金をむしり取っているのですよ。しかも、感謝の気持ちを子孫に教えるどころではない。戦後のどさくさで奪った竹島問題と合わせて、「不倶戴天の敵」と教えこんでいる。
 朴槿恵前大統領の、「千年の恨み」発言と合わせて考えてみるとよくわかるでしょう。


 韓国は、日本軍が20万人の一般家庭の女性を、拉致(強制連行)のうえ性奴隷にして虐殺した、これはホロコースト(ナチスドイツのユダヤ人大量殺戮)と同列として世界に発信し始めているのをご存知ですか。石破サン、あんたはいったい何を考えているのか。なぜ日本の立場を、東亜日報に堂々と披瀝しなかったのだ。(次回予定は9月13日)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR