FC2ブログ

韓国が望んだ日韓併合、「合邦を要求する声明書」を読めば歴然

 (前回のつづき)
 この頃すでに、米欧諸国も朝鮮に見切りをつけていた。1905年、セオドア・ルーズベルト米大統領は、「朝鮮半島は日本に任せる」と日本に伝えてきたのです。
 その言葉どおり、李氏朝鮮に置いた公使館・領事館をことごとく引き上げ、「お前らは自分自身で国を統治できない。今後は日本にすがって生きよ」と言い渡したという。

 さらに日本に対しても、「白人に未開人を導く神聖な使命があるように、黄色い日本人にも未開の黄色人を助ける黄色い重荷があるんだ」(WiLL7月号、高山正之氏の文章から引用)と言いだした。アメリカのわが身勝手な言い分にはあきれるほかはない。
 ところが伊藤博文氏はこんな朝鮮を抱えるのは危険と判断し、1905年から5年間、朝鮮半島に様々な投資をして、自立できる道筋をつけてきた。未開国に道路を造り、鉄道を敷くなどインフラ整備をし、学校を立て、ハングルを与えた。併合や植民地にするのではなく、朝鮮が独自で生きる道を考えていたのです。

 その伊藤氏が、「朝鮮を植民地にする」と勘違いをした朝鮮人・安重根によって、ハルビン駅頭で射殺されるという事件があった。真犯人はロシアの特務機関員で、安はそれを隠すために仕立てられたという説があり、私はそれが正しいと思っています。しかし安が認めていることでもあり、今はそれに言及しません。
 伊藤の死後39日目のことでした。韓国最大政党「一進会」は韓国皇帝・高宗にあて「韓日合邦を要求する声明書」を上奏した。

 「日本は日清戦争で莫大な費用と多数の人命を費やし韓国を独立させてくれた。また日露戦争では日本の損害は甲午の二十倍を出しながらも、韓国がロシアに飲み込まれ肉になるのを助け、東洋全体の平和を維持した。韓国はこれに感謝もせず、あちこちの国にすがり、外交権が奪われ、保護条約に至ったのは、我々が招いたのである。第三次日韓協約(丁未条約)、ハーグ密使事件も我々が招いたのである。今後どのような危険が訪れるかも分からないが、これも我々が招いたことである。我が国の皇帝陛下と日本天皇陛下に懇願し、朝鮮人も日本人と同じ一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか」

 当時、李完用は朝鮮人100万人の署名を集め、日本に対し、日韓併合を懇願してきたのでした。李完用は、李氏朝鮮の末期から大韓帝国の初めにかけての政治家。日本が日清戦争に勝利して朝鮮を独立させてからは、大韓帝国首相も務めた。
 韓国が日韓併合を願ってきたことを、日本は米英に話したが彼らはもちろん賛成した。過去のいきさつを考えても、反対する理由がなかった。

 こういう問題は国内で100%賛成ということはない。韓国内のごく一部に反対を唱える者がいたが、大勢(たいせい)は日韓合邦を願っていた。
 いつか麻生太郎副総理も、「朴(ぱく)だ金(きむ)だと言っていた者が、日本名を名乗って、日本人として生活できるんだからみんな喜んだ」(あくまで趣旨)と言って、議員の中にも一部反発する者がいたが、事実はその通りなのです。職場でもそれまで中国人やロシア人にいじめられていたのが、併合によって「一等国民」として、胸を張り始めた。

 しかし「事大主義国家(民族)」の悲しさ。日本が戦争に負けた途端、今度はアメリカに付こうとした。進駐軍から拳銃や小銃を不法に入手し、当時武器を没収されていた日本の警察署に押し込んで暴れまわったり、デパートに押し入って物品を強奪したり、やりたい放題でした。「オレたちは朝鮮進駐軍だ」というのが彼らの看板でした。
 在日韓国・朝鮮人は、「日本に強制的に連れてこられた」というがこれもウソ。その証拠に、半島に帰ろうとすればいつでも帰れる戦後でも、帰ろうとしなかったのです。日本での生活がよっぽど美味しかったのでしょうね。方々にコリア・タウンを作って根を張って、現在に至っているというわけです。

 こんな話を書いていると、頭に血が上って体調が悪くなる。
 しかし福沢諭吉が、「隣国だからと言って特別扱いはよくない。悪友と親しく交わる者も悪名をまぬかれない。自分は東アジアの悪友を謝絶する」と中韓との接し方を述べていたが、日本は伊藤博文や福沢の目指すところをもっと見つめるべきだった。ルーズベルト大統領にとんだババを引かされたというわけです。
 中途半端ですがこれで失礼します。ご了承ください。(おわり)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR