FC2ブログ

「うざく」の味は絶品、小川菊のうなぎがクセになりそう!

 9日に小川菊へ行ってきました。埼玉へ引っ越して30年、妻から再三「川越で一番評判がいいうなぎ屋があるから」と誘われていましたが、やっと行ったのが今年4月。「なかなかうまい」、それが私の感想でした。
 それまで「いちのや」「東屋」「ぽんぽこ亭」など、川越で指を折って数えられる有名店のうなぎを味わいましたが、「こんなところだな」とおよその見当がついたので、わざわざ足を運ぶこともないと思っていた。私の心変わり?を見抜いた妻の誘いで、再度出かけたというわけです。

 私がうなぎにそれほど惹かれないのは、しらす(稚魚)の不漁など原因はあるのでしょうが、あんまり高価になりすぎた。昔に比べてたれの甘みが強くなった気もします。もう50年以上前のことですからご存知の方が少ないかもわかりませんが、昔のうなぎはこれほど高価ではなかった。私が東京・虎ノ門で仕事をしていたころ、新橋駅そばに登亭といううなぎ屋がありました。いっとき昼食にほぼ1ヵ月、毎日通ったことがあります。当時、うなぎは今ほど高価ではなかったということです。

 小川菊のうなぎは甘すぎないし焼き加減もちょうどいい。うなぎの調理は、「串打ち3年、割き8年、焼きは一生」と聞いたことがあります。焼き加減が大事なのですね。
 ここの瓶ビールもうまい。リカーショップなどで、手に入れようと探すのですが見つからない。前回、一品料理でとった「うざく」も頼んだ。ビールの「アテ」には最高です。

 うなぎを食べに車では行けない。ビールを飲めないのは一種の拷問ですからね。だからつい足が遠のく。しかし、初めから「乗っていかない」と決めておけばいいのだ、と改めて気が付きました。
 うな重のご飯も1センチほどの厚さしかない。「ご飯の量はどうしますか」と言ってくれるが、もちろん少ないほうがありがたい。寿司も最近はシャリの大きいのは食べられない。うな重もご飯が少ないほうがいいのです。「特・上・重」とありますが今回も上を注文。これで十分です。

 それと、前回はただ予約しただけだったので1階に案内されたのですが、今回は2階を予約しておいた。畳敷きの部屋にテーブルといすを置いている。最近、旅行先で日本旅館に泊まると、食事は部屋出しではなく、こういう形態のところが多い。
 ここはテーブル間隔が少々狭すぎるが、これは混む客を捌こうとするからでしょう。やむを得ない。

 そのうちまた来よう。足を運び始めると、億劫な気持ちが薄らいでくるから不思議です。

小川菊b
小川菊の2階。古い建物だが風情があります

小川菊c
うなぎの大きさが不揃い。「上」の限界?

小川菊a
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR