FC2ブログ

新展開なかった米朝会談、トランプ政権を覆う『終わった感』は何か!

 米朝首脳会談から10日が経ちました。この会談は、はっきり言って失敗だったと私は思っています。共同声明も、韓国と北朝鮮の首脳会談(4月27日)「板門店宣言」の域を出ないもので、1人はしゃいで見えるトランプ大統領の「前のめり」がやけに気になった。
 これまで二十数年、北朝鮮は核を廃棄すると言いながら違約を繰り返し、核拡散防止条約(NPT)から一方的に脱退。最後は開き直ってミサイルや原爆の実験を繰り返してきた。こんなやり方への道を、断固遮断しなければ意味がないでしょう。

 今回の首脳会談では体制保証とともに、経済制裁解除を含む見返りを得たいという北朝鮮の意思が明白でした。
 トランプ氏は、金正恩委員長が会談で非核化について「やりたい」と語ったというが、そんな程度の認識でいいのか。日米韓が求めてきた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」は、いったいどうなってしまったのでしょう。
 会談から一夜明けた13日、北朝鮮の国営メディアの報道を日本の新聞は紹介している。

 「両首脳が朝鮮半島の非核化などの過程について『段階別、同時行動の原則』の順守が重要との認識で一致したと報道。北朝鮮が従来主張してきた『段階的な非核化』に米国が同意したとの認識を示した形だ」
 「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は会談で『米国側が朝米関係改善のための真の信頼構築措置を講じていくなら、(北)朝鮮側も引き続き次の段階の追加的な善意の措置を講じていくことができる』との立場を明らかにした」(毎日新聞6月13日)

 しかし「段階別、同時行動」が金氏の考えるプロセスなら、過去のやり口と何ら変わるところはない。6か国協議は核放棄へ1歩進むごとに見返りを与えるという、いわば同時進行で進めてきた。今回もそのつど見返りを与えるなら、ただ北朝鮮の経済制裁逃れと、見返りに得た財力で核開発をさらに加速することも、前回の失敗をとおして考えなければいけないはずです。

 しかも<米が関係改善のための真の信頼構築措置を講じていくなら、次の段階の追加的な善意の措置を講じていくことができる>という金正恩氏の発言を聞くと、話は北朝鮮主導で進んでいるのかと思わされる。米が北朝鮮との関係改善のために努力するなら、追加的な善意の措置を講じてやろうという意味でしょう。
 そもそも所持してはいけないはずの核兵器ではないか。いくら朝鮮国内向けの報道とはいえ大事な問題です。そんな内容ではなかったというなら、米側からの反論があってしかるべきではないか。

 毎日新聞北米総局の高木耕太記者は次のように述べている。
 「トランプ政権を覆う『終わった感』が気になった。米国の秋の中間選挙を前にトランプ氏は政治的目的を既に達成したと考えているのではないか」
 「今回の主脳会談によって、金正恩政権は米国の交渉相手としての正当性を内外に示し、『事実上の核保有国』という地位を手に入れることにも成功した」(毎日新聞6月21日)

 これまでと違うところは、6か国協議では実務者同士で話を進め、トップの政治的な動きが乏しかった。今回はまずトップが合い、これから実務者の詰めが始まると思えば「わずかだが前進」ととらえていいのか。何より大事なのはCVIDを急がなければいけない。それが確認できるまで、経済制裁を解除してはならないということです。

 金正恩委員長と親北の塊のような文在寅韓国大統領なら、無理やりでも朝鮮統一を考えているのではないか。過日も核問題にやや詳しそうな(?)人が、「ここまで核開発が進んでいると、非核化まで15年はかかる」とテレビでコメントしていた。
 しかしこの問題は2年以内に「不可逆的な地点」まで進めなければいけない。もしトランプ氏が次の大統領選で再選されなければ、もしオバマ前大統領のようなコンセプトだけを広言し、ディテールまで進もうとしない御仁が選出されたら、結局もとに後戻りです。

 いや、金氏と文氏がスクラムを組んだ以上、さらに危険な状況になるでしょう。15年などという長丁場を認めたら、韓国が北朝鮮に取り込まれて、中国とスクラムを組むという悪夢も否定できない。2年間でCVIDを後戻りできないところまでもっていかなければいけないのです。
 日本は「最大限の圧力」ということで米国と足並みをそろえてきた。そのトランプ氏が「最大限の圧力という言葉を今は使わない」などと揺れ動いているのも不安材料です。

 日本は小泉純一郎首相(当時)の電撃訪朝で、日朝平壌宣言を北朝鮮と交わしている。そこには“核・ミサイル問題や拉致問題を包括的に解決して、国交正常化を実現した「後」に、経済支援を実施する”と明記しているという(飯島勲氏手記)。
 トランプ氏は「核問題を解決したら、日中韓で経済支援をするだろう」(要旨)と、自分は支援から一歩引く発言をしている。だが拉致問題解決と国交正常化まで、日本は1銭も援助してはいけない。
 日本は蚊帳の外へ追いやられたという者もいたが、日本の経済支援なくして北朝鮮は立ち行かないのです。いま日朝会談のタイミングを見計らっているに違いない。政府はそこを見極めしっかり取り組んでもらいたいのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR