免許更新で認知機能検査、申し込みから講習まで半年がかりの大仕事だ!

 運転免許証の更新手続きを始めました。年をとると、免許更新も半年がかりです。なんとも煩わしい。
 私は後期高齢者です。75歳から、手続きがやけに面倒になるのです。講習に先立って、認知機能検査を受けなければならない。その成績に応じて、2時間の講習、3時間の講習、また認知症専門医の診察を義務付け、更新の可否を決めるという。ところが検査を受けるにも講習を受けるにも、人が多すぎてなかなか申し込めないのです。老人社会なのですね。

 私の誕生日は6月20日、公安委員会から手続きのハガキが届いたのが1月末でした。まず、認知機能検査を受ける。ハガキにはいくつもの自動車教習所の電話番号が掲載されています。さっそく近くの教習所Sに電話をしました。
 驚いたことに、最短で受けられるのが4月7日だという。2ヵ月以上先ですよ。やむを得ないので、その日を予約しました。シルバー世代が多いのですね、驚くべき混雑ぶりです。
 しかし我が家の一帯を思い出してみると、まるでシルバーコミュニティです。これじゃ社会保障費の出費が国を揺るがすのも納得がいきます。私もその1人なのですが。

 申し込んだとき、「前日に確認の電話を入れます」と言われました。年寄りだから忘れるかもしれない、ということでしょうか? あるいは、ひょっとしてもう死んでいるかも? と。まさかそこまでは思っていないでしょうが…。
 ところが当日を迎えると、いつ電話がくるかわからない。これも落ち着かないものですね。無理に尋ねる問題を作って電話。そのあと「このあと出かけるから、この電話で確認に替えてほしい」というと、「担当者に伝えます」と快く応じてくれた。

 当日の検査は、主に次の」3点でした。
(1)時間の見当識
 検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。
 その後、介入課題。白紙1頁にランダムに記載された数字群から、まず1と4に斜線を引く(30秒)、続いて2と3と6に引く(30秒)。
(2)手がかり再生
 示された一定のイラスト(16枚)を記憶し、そのあと採点には関係しない課題を行う。忘れたころ、記憶した(はずの)イラストをヒントなしに回答させ(3分)、さらにヒントをもとに回答させます(3分)。
(3)時計描写
 時計の文字盤を描き(1分)、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます(30秒)。

 検査は説明を含めて約30分、およそこんなところでした。
 終了後、採点が行われ、その点数に応じて、(100点満点で)49点未満を「記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある)」、49点~76点未満を「記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)」、76点以上「記憶力・判断力に心配がない(認知機能の低下のおそれがない)」と判定が行われます。

 検査結果は、その場で書面によって通知されます。これは公安委員会発行の正式な文書です。
 「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であった場合は、1週間程度で警察から連絡があり、臨時適性検査(専門医による診断)を受け、又は医師の診断書を提出することになります。認知症であると診断された場合には、聴聞等の手続の上で運転免許が取り消され、または停止されます。
 「記憶力・判断力が少し低くなっている」グループは3時間の講習、「記憶力・判断力に心配がない」グループは2時間の講習です。講習料金も違ってきます。

 しかし認知機能検査結果を点数で表わされるのは嫌ですね。一応、76点以上は「OK」なのですが、検査問題自体は若い人なら誰でもできそうな問題です。それを決められた短い時間でやり遂げることができるか、ということですね。
 説明を聞いていると、獲得したのが90点とすると、若い時(は100点取れたはずだから)より10%認知症が進んでいるような気持ちになるのです。

 「何としても100点取らなければ」と考えすぎたのか、始まったときは緊張して鉛筆を持つ手が小刻みに震えたほどです。結果は100点でした。自賛になりますがまだ大丈夫、写真を掲載してみました。

 テストが終わった後、直ちにマニュアルによって教習所職員による採点。そのあと人を替えてもう一度採点。最後にFAXで検査センターに送り、センターで採点した後、受験者の手に検査結果通知書が渡されます。
 その間、安全運転のビデオなどを見ながら約50分待機しています。私の横で待っていた人は早い段階で職員に呼び出され、席に荷物を置いたまま戻ってくることはありませんでした。私が帰る時、女性職員に忘れ物があることを伝えましたが、なにか検査で問題があったのでしょうか。それならお気の毒です。

 翌日、教習所に電話して講習を予約しましたが、最短が6月24日ということにまたまた驚きました。高齢者で運転している人がいかに多いか身に沁みました。

認知症機能検査2
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR