FC2ブログ

川越・新河岸川の桜並木で花見を、蔵造りの街並みもゆっくり見学

 3月30日、3人の友人と川越駅で待ち合わせ、新河岸川の桜並木まで花見に出かけました。私の住まいは富士見市で、家から数分のところに砂川堀というちょっとしたお花見スポットがあります。友人の1人が、「次の飲み会は村岡さんの近くでやろうか」と言ってくれました。

 家へ帰って妻に話したところ、「せっかくだから川越でお花見をして、そのあと『蔵造りの街並み』や『時の鐘』を見てもらったら? 知り合いのガイドさんを頼んであげる。日時が決まったら飲み会の場所を予約したらいいでしょう」と。そこで毎月池袋で行っている会を今月に限り川越に移しました。

 駅で友人、ガイドと待ち合わせ、そのあと2台のタクシーで新河岸川の桜並木まで。「川越の桜五選」というのがあるそうで、新河岸川の桜はそこで第3位に入っています。
 そのあと裁判所前・札ノ辻を歩いて、蔵造りの街へ。ガイドが一緒ですと、何かと便利なことがあります。街並みや旧家の故事来歴など史実に詳しい。

 この日、歩き過ぎてかなり疲れた。時の鐘を見たあと、クレアモール(商店街)から駅へ向かうところでガイドと別れ、まずは「小江戸蔵里」で一休み。
 ここには利き酒蔵(昭和蔵)があります。埼玉県内35蔵の日本酒が勢ぞろいしている、有料の利き酒コーナーです。

 少し元気を取り戻し、そのあと川越駅へ。駅東口すぐのところに、予約していた居酒屋があります。乾いた喉に送り込むビールのうまさは格別。好きな酒と美味な肴で恒例の飲み会です…。
 いつまで健康寿命を保てるか? いつまで美味い酒を楽しめるのか? 分かりませんが友人も、夫婦も、みんな健康でいましょう。

 写真は新河岸川の桜並木。散り始め、川面に重なる花弁(はなびら)もまた風情。日本には花筏(はないかだ)という素敵な言葉もありますね。

新河岸川岸の桜6

新河岸川岸の桜4

新河岸川岸の桜8

新河岸川岸の桜7


プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR