FC2ブログ

腕を磨けばエビデンスはついてくる、明大キャンパスで指圧学会の発表会

 25日の日曜日、東京都杉並区永福にある明治大学和泉キャンパスに出かけました。趣旨は妻が主宰するNPO法人基本指圧研究会のメンバーOさんが、この日、指圧施術の体験を発表するというので妻と私で出かけたものです。
 発表したのは全員が日本指圧協会会員。有志が集って数年前に日本指圧学会というのを設立し、そのメンバーが集まっての披露でした。

 「指圧療法はその効果機序を説明することが困難であるため、現段階においてはあまりエビデンスが蓄積されていないのが現状である。また、日本においては資格制度の曖昧さから様々な手技療法が混在し、指圧療法が正しく認識されていない現状がある」(日本指圧学会のHP)

 そんな現状を打開すべく、日本指圧学会は「エビデンスの集積を通じて『あんま マッサージ 指圧師』の国家資格をもつ施術者を中心に、EBM(根拠に基づく医療)としての指圧療法を確立していく所存」らしい。
 目的は文書にするとそれらしく見えますが、実現しようと真剣に思うなら、指圧師だけが集まって一般的な指圧治療の施療結果を話して拍手し合っているだけでは叶わないでしょう。

 さまざまな分野がありますが、そこで医師が腕をこまぬいている問題に対し、お好きな言葉らしいが「エビデンス」(根拠、証拠)を、指圧師として示していかなければいけないのではないか。
 医師は自分らの知識と経験、西洋医学の現時点における常識を超える結果に対して、どうしても拒否反応を示してしまうと思います。例えば妻がかかわった例で私が耳にした2、3ですが、記憶をたどって簡単に書いてみます。

 彼女が日本二分脊椎症研究会で学会発表(2回)をしたのは、川越の治療所の前を尖足歩行(つま先立ちの歩行)で休み休み通学する中学生を目にしたことによります。足の状態を少しでも良くしてあげられたら、という思いから「お母さんに相談してごらん」と、ボランティアで治療をする意思を伝えたのです。
 指圧で硬直した脚の筋肉の改善を図るとともに、T学園大学のY教授を訪ねて、指圧に加え運動(体操)によって改善に寄与する方法も相談して実践しました。T教授は川越まで足を運んでくれたこともあります。

 二分脊椎症患者はほとんど排泄障害があります。自力で排便、排尿ができないのです。排便はごく軽症は浣腸ですみますが、それ以上は洗腸です。器具を使用して腸内洗浄を行います。排尿もまた器具を使っての導尿です。
 その中学生が定期的に診察を受けていた、都立B病院の脳神経外科医長のF先生が著しく改善している症状について、指圧の効果が大きいとして、母親を介して妻に学会発表を勧めてこられたのです。

 さらに二分脊椎症だけではなく、まだ公式な場で発表せず私のブログに書いただけですが、ほかのさまざまな症例にも対処してきました。
 例えば眼球振盪(がんきゅうしんとう)。頼まれて何人かの施療をしました。現時点で施療が終わった方もいます。再発がないとはいえません、それは本人にも伝えてあります。いま施術中の2人は激しく瞳が動く状況から脱して、現在、ほとんど目立たなくなっています。
 それでは眼球振盪を医師はどう見ているか。妻のところに来た患者さんの話では、「手術する方法もあるが、治るとは限らない」と言われたらしい。

 他の例を挙げてみます。つい先日、知り合いからの紹介という妊婦さんが来院しました。妊娠当初から逆子でどうしても改善しない。医師からは帝王切開をすると言われているが、「指圧で改善した」と聞いたのでお願いしたいということだったらしい。
 1回だけの施術でしたが、正常な位置に戻ったと妻は確信しているらしい。これまで何人もの逆子に対処してきましたが、ふつうならは1回、多くても2回で解決しているという。わずか1回の指圧で、帝王切開を回避して自然分娩ができるなら何よりでしょう。

 当日の発表会は、2人目のOさんの発表を聞いた時点で帰りました。聞いた2人の発表は患者さんの円背が治った、50肩が改善したなどの話だったと思いますが、背や脚が痛いなどは素人に揉んでもらっても多少は改善します。50肩は日時が経てば痛みは取れることが多い。
 ですから、こんな発表会で「エビデンス」「エビデンス」と騒がず、いろんな病気に対処できる「腕」を磨いていただきたいものです。厳しい意見かもわかりませんが、腕を磨けば可能性は無限に広がると思います。

 私は指圧の「圧し方」は知りませんが、「受ける方」としては40年の歴史があります。なにせ、昨年亡くなった指圧学校の実技講師・鈴木林三先生が、まだ開業する前に働いていた、有楽町の東京交通会館にあった浪越指圧センターに通って治療を受けていた身です。
 指圧師の皆さん! 期待していますのでどうぞ頑張ってください。


123明大和泉キャンパス
明大和泉キャンパスの桜も間もなく満開か?(25日)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR