FC2ブログ

米大統領が北との首脳会談を、今度こそ彼らの「時間稼ぎ」を許すな

 「酷寒」という言葉が脳裏から離れない日々でしたが、ここへきてやっと春の兆しを感じられるようになりました。
 平昌冬季オリンピックも終わり、日本は過去にない数のメダルを獲得できた。ホスト国の韓国は、経済逼迫から当初約束した平昌までの高速鉄道を断念し、競技場に屋根を敷設することもできなかった。開会前には競技場でO157の感染が疑われるなどの問題もありましたが、とにもかくにも「おっつけ仕事」「やっつけ仕事」でも終えることができたのは幸いでした。
 あとは今日開幕したパラリンピックです。不自由な体に負けず、真剣に戦う姿は私たちの感動を呼び起こします。

 ところでこのオリンピックを機に、南北朝鮮の関係が大きく変化しました。
 選手だけではありません。関係者、美女応援団と称する女性の一団を含む巨大パーティ―が韓国にやって来た。しかもこの旅費、食費、宿泊費など一切合切を韓国が負担したという。北朝鮮へ経済制裁を課すことを日米韓で申し合わせながらのこの行為、合意を踏みにじることになりはしないのか。

 さらに美女応援団も当初は陸路で訪韓させるはずだったが、いつの間にか万景峰(マンギョンボン)号でやって来た。明らかに合意を踏みにじった行為でしょう。なにが「超法規的処置」だ。この船にはこれまで大量の重油などを積み込み、経済制裁の抜け穴にしようとした経緯がある。
 今回も南北朝鮮の関係者以外に、立ち入り検査をした者はいないでしょう。かつてこの船に北へ贈与する重油3万リットルを積み込もうとして、アメリカに見つかり中止させられた経緯があるという。

 ところで、そんなことより大きな問題が惹起したのです。オリンピックに参加した金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長ら代表団と会談した文在寅韓国大統領は、すっかり骨抜きにされてしまった。
 聯合ニュース(3月6日)では、「南北首脳会談 4月末開催で合意」として、鄭義溶・室長が「北朝鮮は非核化を議題にした米国との対話に前向きだ」と語ったと伝えた。北朝鮮側の発言は以下の通り。(以下引用)

 ・対話が続く間は、追加の核実験や弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発を再開しない。
 ・非核化問題の協議と米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話をすることができる。
 ・軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合、核兵器を保有する理由がない。
 ・核兵器はもちろん、在来型兵器を韓国に向け使用しない。


 文大統領は、「初めて南北統一に取り組んだ大統領」としての位置づけを望んでいることは間違いない。しかしあまりに事を急ぎ過ぎる。これまでだまし続けてきた北朝鮮を、信用できる相手と思っているのか。ついこの間まで、「ソウルを火の海にしてやる」と息巻いていた連中ではないか。
 今入ったニュースによると、トランプ米大統領が5月までに米朝首脳会談に応じるという。安倍晋三首相はこの発表に対し、4月にも訪米して大統領と会談するらしい。

 そもそも「対話が続く間は、追加の核実験や弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発を再開しない」というが、これはその間も核爆弾や弾道ミサイルの開発は続けるかもしれないということです。開発を否定する文言は一句も入っていないのです。
 また「軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合、核兵器を保有する理由がないというが、「保障された」かどうかを決めるのは北だということを忘れてはいけない。
 米朝会談における金正恩の目的は、「現体制の護持」「経済封鎖の解除」「経済協力の実施」であることは間違いない。

 トランプ大統領も、下手に反対すれば「平和的解決の道を閉ざした」との批判を、国内外から浴びかねない苦しい立場にあるといえる。しかし、日米と韓の間を裂こうとする北朝鮮の策動に安易に乗ってはいけない。今一つは、単なる時間稼ぎをさせてはいけないということです。これまでその方法で核爆弾、弾道ミサイル開発を続けてきた遣り口を決して忘れてはならないのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR