予想以上の積雪にびっくり、庭木もすっかり綿帽子を被りました

 昨日の午後から夜更けにかけて、関東地方は大雪に見舞われました。わが家の前の通りは狭い市道で、一般車が通ることはありません。そこに30センチ近くも積もったでしょうか。
 最近、私は車の雪対策をまったくしていません。フルシーズンがノーマルタイヤですから、積雪のときは運転をしないと決めています。車は車庫に入れたままで、出入口の雪かきをすることもありません。

 自宅前の道は雪を放置すると自分も歩きにくいし、歩行者が滑倒してケガをしてもいけない。それぞれ自発的に雪かきをしていますが、雪を捨てる場所がないので困っています。
 降雪地なら(10センチ以上の積雪があると多くの自治体が)広い道には除排雪車を出し、個人の敷地の雪に対しては廃棄する場所(と運ぶ方法)を示してくれるようです。わが家の前は市道ですから、除排雪を市役所に働きかけてもらいたいものです。

 しかしこの地域の住人の中には、一風変わった人もいます。私が30年前にここへ越してきたとき、年1回、各家庭から人を出していっせいにドブ掃除をしていた。
 輪番制で私が自治会の班長をやったとき、総会で「市道ならドブ掃除は市にやってもらったらどうか」と自治会長に強く提案し、市もそれを受け入れた。

 ところがいつの間にか、またドブ掃除を始めたのです。次に班長になったとき懇親会のおりに、どうしてまたドブ掃除を始めたのかを確認したところ、「住民同士の親睦のためにやった方がいい」という意見で再び始めた、と。
 そんなことまでやらなければ、地域の親睦を図ることができないのか。年1回のドブ掃除が親睦を深める、とは思えないのですが…。ですから、もし雪の除排雪を市役所に納得してもらったとしても、またひっくり返されるかもわかりませんね。働きかける価値がないのかもわかりません。

 それはさておき、今回はめったにない大雪でした。朝起きたら猫の額のような庭の木が、すっかり綿帽子を被っていました。珍しいので写真を撮りました。
 もう1枚は家から1分のところにある多目的広場。自治会の催事場であるとともに、春には美しい桜の花が人びとを楽しませてくれます。

 余分な話ですが、我が家ではその夜飲むアルコール飲料をその日に買います。まとめ買いをすると、もう充分、と思うまで飲んでしまう。“休肝日”がない身としてはまとめ買いしないのがいちばんの方法です。
 ところが22日は降雪のため飲み始めが早すぎた。足りなくなった分を夜、近くの酒屋へ買いに行った。その時に通り道にある広場を撮影したものです。
 くだらない話を長々、まことに失礼しました。スマホで撮った下手な写真ですがアップしてみました。
 日本海側は明24日からが大雪になりそうです。くれぐれもご用心ください。

雪1
わが家の狭い庭の木も、すっかり綿帽子が被せられた(23日朝)

雪3
自治会の催事場、多目的広場。22日の夜景です
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR