14歳で母親に売られた元慰安婦もいる、日本は証拠を示して反論せよ

 (前回のつづき)
 戦時中の朝鮮人慰安婦は、間違いなく任意の売春婦で、兵隊の何倍という高給を得ていた。ダイヤで身を飾り、朝鮮の郷里に家を3軒立てたものもいた。この慰安婦問題が捻じ曲げられて韓国の日本攻撃材料になったきっかけは、確か金学順という元慰安婦が、「戦時中もらったお金は軍票だった。現在は使えないから、日本政府に賠償してもらいたい」ということだったでしょう。

 しかしさすがに性を売る仕事だ、と胸を張ることが恥ずかしかったのか。周囲に入れ知恵するものがいたのかもしれない。「強制連行された、拉致されたのだ。お金は一銭ももらっていない。売春を強制され、その後多くの者が殺された」などと言い出した。いや、でっち上げたストリーを言わされてきたのでしょう。

 この金学順の当初の発言が、「ハンギョレ新聞」に掲載されたことがあるという。
 1991年5月15日の同新聞では、『生活が苦しくなった母親によって14歳の時に平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった』と。
 孫引きであることをご了解いただきたい。しかし何が日本軍の「強制連行」ですか。母親による人身売買ではありませんか。

 しかも詐話師・故吉田清治が済州島から日本軍のトラックで」朝鮮女性を強制連行したという話は、子息が言葉で否定しただけではなく、吉田が半島に建てた石碑の文字を読めなくするなど、物理的にも否定している。吉田と捏造の共同作業に携わった朝日新聞も誤りを認めた。本来なら「勝負あった」はずでしょう。

 前回、過去からの交渉を通して、韓国は「慰安婦問題を正当化する材料」を徐々に強力にしてきた、と書きました。どういうことか。長くなりますので、ごくごくざっくり述べてみます。
 日本の首相や官房長官がどんな発言をしてきたか。

 「従軍慰安婦の問題が取り上げられていますが、私は、このようなことは実に心の痛むことであり、誠に申し訳なく思っております」(宮澤喜一首相、1992年1月17日)
 「従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」(河野洋平内閣官房長官、1993年8月4日)
 従軍慰安婦問題は、女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、私はこの機会に、改めて、心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたいと思います(994年8月31日、村山富市首相)
 「従軍慰安婦の問題に触れられましたが、私はこの問題ほど女性の名誉と尊厳を傷つけた 問題はないと思います。そして、心からおわびと反省の言葉を申し上げたいと思います」(1996年6月23日、橋本龍太郎首相)
 「従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます」(2001年小泉純一郎首相)

 何人もの歴代首相や官房長官が「心からのお詫びと反省」を述べている。ことに橋本氏や小泉氏などは、元慰安婦に対する謝罪の手紙も出している。河野洋平氏は官房長官時代、あの悪名高い「河野談話」を出し、謝罪している。
 ところが連中は、「心からの謝罪ではない」と、毎回蒸し返しているではないですか。

 ここでよく考えてください。いくら総理、官房長官らが謝罪しても、韓国は「十分ではない」と否定しながら、「謝罪した」という事実だけは利用している。
 国際社会が「慰安婦の強制連行、虐殺があったからこそ謝罪したのではないか。なければ謝罪するはずがない」という疑いを抱くのは当然でしょう。韓国の思うつぼです。ですから、一連の日韓交渉を通して、韓国は自分らに有利な材料を積み重ねてきたというのです。

 謝罪する、謝罪談話を出すということは、自分側に全面的な非があると認めることです。国家が謝罪するということは、国民は先祖が行った負の行為を末代まで背負うことになるのです。国家は自国民のことを考えるなら、簡単に謝罪をしてはいけない。
 戦後のアメリカを見ても、国際法上も違法である民間人対象の大阪・東京など大都市への絨毯爆撃、広島・長崎への原爆投下は間違いなく犯罪行為です。しかし「戦勝国」アメリカは今日に至るまで、ただの一度も謝罪をしていない。

 こんな謝罪、交渉、合意のようなことを何回繰り返しても意味がないばかりか、日本がドツボにはまっていくような気がします。
 韓国の妄言など相手にせず、彼らが「努力する」と約束していた慰安婦像の撤去を、強力に迫っていく方がいいのではありませんか。(おわり)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR