5日間の台湾一周旅行、太魯閣峡谷の20キロに及ぶ断崖絶壁は圧巻

 12月4日から5日間、台湾へ旅行しました。台湾は今回3回目でしたが、これまでは台北(たいぺい)方面への旅行でした。台北市内とその近郊が中心で、世界の4大博物館といわれる故宮博物院にも2回行き、台北101(展望台)にも上りました。九份(きゅうふん)にも、淡水にも行きました。
 台北は人口270万を擁する台湾の首都。群を抜いて近代的な都市で、ほぼ東京と変わらない生活を享受できるといわれています。
 そこで今回は、台北の桃園国際空港に到着したあと、電車で花蓮まで足を延ばして宿泊。そのあと高雄、台南、日月潭、台中、台北と、ざっとですが台湾を一回りしたのです。

 地図で見ると小さな島のようですが、広さは日本の九州とほぼ同じ。4泊5日で4ヵ所のホテルというのは、年寄りにはけっこう強行軍でした。ただし今回は私ら夫婦に全日程1人のガイドが専任で付き、専用車と列車を組み合わせた旅でした。
 なにせ過去2回の旅行で実感したのは、台湾の人たちはほとんど(空港、ホテルを除けばすべてかも)日本語も英語も通じないということでした。電車の改札係はもちろん、駅事務所でも。しかしその点、今回の旅行はガイドがいるので安心でした。

 1泊目は花蓮。ホテルの部屋は広くて快適だった。夕食はホテル内のレストランで広東料理。美味なのですが、なにせ品数が多過ぎる。食事はすべて前もってオーダーしてあり、私らのチョイスではないのです。「お品書き」を確認すると12種類もあった。私はビールをかなり飲むので、頑張ってもおかずには3分の1も箸をつけられない。
 しかしご飯はおいしかった、決して日本に負けません。食べてみると米がいいのがわかります。聞けば、この近郊の米作農家には日本統治時代の昔、日本人が大勢移民・入植したらしい。彼等が工夫して、内地米に負けない米を生産するようになったという。台湾一美味な米だが、台湾一高価だとも話していました。

 翌朝は、天然の大理石でできた自然の造形美、太魯閣(たろこ)峡谷へ行きました。立霧渓の流れが長い年月をかけて、大理石の岩盤を削ってできた大峡谷が深い谷間に沿って曲がりくねり、自然の偉大さを感じさせる奇観を創りだしている。約20キロの大理石の断崖絶壁は、「圧巻」という言い古された言葉では表現できません。
 途中で足を止めたガイドが山頂を指差し、「この頂上から谷底までは1キロ余りあり、アメリカのグランドキャニオンより深いのです」と言ったが、実際にグランドキャニオンをこの目で見て、その場でガイドの解説を聞いた私としては納得してはいない(ただしガイドをキズつけてはいけないから、素直に聞いていた)。グランドキャニオンは前人未踏の(ような急角度の)山頂からではなく、バスが行く展望台から1.8キロの深さがあったのです。

 太魯閣から高雄までは電車で5時間。妻は「こんな長時間電車に乗ったことがない」とぶつぶつ言っておりましたが、駅弁で昼食をすませながら、何とか高雄に到着しました。
 高雄は予想外と言ったら失礼でしょうか、巨大で立派な都市でした。小高い丘に登って眼下を一望すると、街には巨大な幅員の道路が走り、高層ビルが林立。港湾は入港許可の順番を待つ大型貨物船やタンカーでにぎわっている。
 日本統治時代、政府は高雄港を近代的な港に開発すべく3回に分けたプロジェクトを計画した。軍港としても重要な拠点となったが、2番目の工事完了のあと太平洋戦争で中止になった経緯があるのです。

 夕食は高雄で有名な海鮮料理ということで連れていかれた。台湾の食事はほぼ旨いといって間違いないのですが、量の多さを見ると引いてしまいそうです。
 そのあと夜の愛河クルーズ、さらに六合二路の夜市(よいち)へ。盛沢山すぎる内容ですが、2人だけの旅ですから、疲れたら省略してもらえばいいと思った。ガイドもその方が楽でしょう。
 2日目は高雄に宿泊しました。(つづく)


台湾1-1

台湾1-2
JALの機内食、なかなか美味でしたよ

台湾1-10
ホテルの部屋は広くてゆったりできた

台湾1-4

台湾1-5

台湾1-6

台湾1-7
太魯閣国家公園。大理石の絶壁が20キロ続く

台湾1-8

台湾1-9
大都市高雄。巨大ビル群とタンカー、貨物船でにぎわう港が象徴的

台湾1-11
海鮮料理の後は夜の愛河クルーズ

台湾1-12
六合二路夜市(よいち)へ
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR