FC2ブログ

ついに花粉症デビューでしょうか? 結構つらいものですね

 花粉症というのは他の人の悩み事だと思っていました。私の幼少時代は、杉・檜をはじめいろんな草木に囲まれていましたから当然、抗体ができているという考えからです。
 つい先日も、やって来た倅と居酒屋で飲んだ後、希望を入れてカラオケに行きました。倅は1曲目を何とか歌ったのですが、その直後からくしゃみと鼻水で歌えなくなった。憎まれ口こそきかなかったが、「若いくせにヤワだな」とは思った。「ヘタレ」と言ったらもっとむくれたかもわからない。

 ところが一昨日の早朝、私は目の周りがかゆくてたまらず目が覚めた。「何かしなければ」と思い、目薬がある場所を探した。布団に戻り、横になって目薬を差していると、何か異変が起きたのか、と妻がびっくりして飛び起きた。
 その時、振り返ってみました。2週間ぐらい前から立て続けにくしゃみが出たり、鼻水がひどくなったりしていた。少し熱っぽい感じもあり、「風邪気味かな」と、簡単に考えていました。その以前に、目の周りがかゆかったことが何度かありました。

 この日の自分なりの結論は「花粉症」でした。医者に行ってもどうせだめだろう、と勝手に考えて放置していましたが、気になるので一応スマホでネット検索をしてみました。
 結果、花粉症も早いうちに手を打てば緩和できるという。目の痒さや鼻水に、目薬や点鼻液が結構有効だというのです。一度ホームドクターと相談してみましょうか。」

 私は今、前立腺がんを抱えています。どうということもないのですが、多少(わずか)は気にかかると言ったらいいでしょうか。でも、花粉症よりも「些事」ではないかと考えています。
 考え方はそれぞれでしょうから、もちろん私の考えを押し付けるつもりはありません。

 でも、この問題とは関係ないのですが、私は現在の医療の在り方についていつも納得がいかない気持ちでいることがあります。
 日本は、ごく重病人も少しでも長生きさせてあげよう、という優しい方針のようです。まことにありがたい。最後の最後まで、機械で命だけは長らえていただけるのですから。しかし、果たしてそれでいいのでしょうか。

 世界保健機関(WHO)が提唱している、健康寿命という考えがあります。今は寿命を延ばすだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかに関心が高まっています。QOLを大事にするということですね。
 健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康ではない期間」を意味します。2016年において、この差は男性8.84年、女性12.35年だということを知りました。

 そうすると男性を見ても、日常生活が制限される健康でない期間が平均して9年近くあるということです。残念ですね。ただ命だけを長らえさせるのではなく、この問題を取り上げて厚労省や医療機関はどうあるべきかということにもっと取り組んでいただきたいのです。
 日本では胃瘻(いろう)という方法が多く用いられるようです。自分で食事を食べられなくなった人に、胃に入り口を設けて食物を入れてあげることです。

 ネットにこういうお話がありました。
「母85歳。認知症になって5年目。この2年間に誤嚥で救急車のお世話になったことが4回。窒息状態になり救急車が来るまでの間、家族で人工呼吸をして息を吹き返したこともありました。この半年間で誤嚥性肺炎で入院2回。主治医からは嚥下体操、飲み込みやすい食べ物、とろみをつけても限界状態と説明をうけ、胃ろうを勧められました」。

 ところで、以前何かで読んだ薄い記憶があります。フランスでは、自分で食べることができなくなった人には、原則としてそれ以上の方法は用いない、と。
 すべての胃瘻が問題だというのではありません。私の知り合いの婦人で、6年間意識もなく、胃瘻で生かされたまま旅立った人がいます。果たしてそれでいいのでしょうか。私はもっと深く考えていただきたいと思うのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR