FC2ブログ

骨折しながら這って中継所へ! 女子駅伝に見る安全対策のお粗末さ

 21日に福岡県で開催された女子駅伝で、足を骨折して走れなくなった選手が、膝を血だらけにしながら這って中継地点にたどり着き、たすきをつなぐという出来事があった。
 アクシデントを受け、主催の日本実業団陸上競技連盟の西川晃一郎会長は、「選手の安全が第一。チーム側との連絡方法などを急いで見直す」と話したという。

 第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、2区を走る岩谷産業の飯田怜選手(19)が中継所の約300メートル手前で、右脛骨(けいこつ)を骨折して転倒した。立ち上がれず、審判に残りの距離を確認したのち這って中継所を目指した。
 LIVEではないが、私はこの映像を見ていて思わず涙がこぼれた。選手に同情したわけでも、頑張りに感動したわけでもない。しかし、ここまでしなければならないのかと思うと切なかった。同時に、若い時もし同じ状況におかれたら、自分もそうしたかもしれないという思いはあった。

 ルール上、危険を最終判断できるのは審判と医師だという。医師はどこにいたのか承知していないが、広瀬永和監督はテレビモニターを見て、大会役員に「すぐ止めてくれ」と電話をかけたらしい。
 ところがそれがコースの審判に伝わったのは、中継所の手前20mだった。審判もさすがにここで止めるのは忍びなかったらしい。「大丈夫か」と声をかけながら、選手についていったという。

 競技はテレビで放映された。
 毎日新聞によると、ツイッターに<これぞ大和魂!><彼女の根性に敬服です>と称賛の声が上がる一方、<ケガより感動が重視される風潮><あれを見て「感動した」という人がいるから過労死がなくならない>などの批判的意見も目立ったという。賛否相半ばする、といったところでしょうか。

 しかし私は飯田選手も、監督も、審判も非難する気持ちにはなれない。
 選手としては、何とかしてたすきをつなげたいと思う。もし自分の区間で失敗すれば、仲間の1年間の努力もムダになる。そこにはマラソンなどの個人種目とは違う、「チーム種目のつらさ」があります。
 監督は飯田選手が倒れた時に棄権させようとしたが、意向が伝わったのが遅すぎた。棄権を決定できるのは審判と医師だから、監督としてはそれ以上のことはできなかったのだろう。

 ところで選手の的確な身体状況を把握して、方針を決めるべき医師はどこにいたのでしょう。
 西川会長が「連絡方法などを急いで見直す」といっているが、連絡方法だけではなく、選手の状態がどの程度だったら棄権させるか、その基準を医師と相談してある程度明確にし、監督、審判に示しておくべきではないのか。
 ボクシングを見てください。これ以上戦わせるのが無理だと分かった時点で、レフェリーがストップをかけるかセコンドがタオルを投入する。ともかく選手を守る方法を徹底しているのです。
 この大会では、次の3区でトップだった三井住友海上の岡本春美選手(20)も脱水状態になり、何度もふらつき逆走。コースわきで倒れて棄権となった。

 来るべき東京五輪の陸上競技が心配だ。猛暑の中で開催されるのです。世界が注目しています。万が一にも手落ちがないようにくれぐれもお願いします。日本陸連は日本国内の陸上競技を統轄する機関でしょう。実業団陸連に任せず、強権を振るって1日も早く実行してもらいたいのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR