FC2ブログ

日本のODAを素直に喜ぶ親日国、若い力溢れるベトナムの未来に期待

 (前回の続き)
 ともかくベトナムはバイクが多い。以前ホーチミンを訪れた時は驚きました。昼間はもちろんですが、夜も走り回っている。ことに目的もなさそうなのです。
 宿泊ホテルの前が大きなロータリーになっていたのですが、そこを4列にも5列にもなりながら、若い子らのバイクが疾走しているのです。ほとんどが恋人らしい女性を後ろに乗せている。

 それを見て私の頭に浮かんだのは、水族館で円筒形をしたアクリルの水槽の中を、竜巻のように回りながら群れをなして泳いでいるイワシの大群でした。
 「彼らはどうして同じところを回っているのか」。私はガイドに聞きました。理由は、ホーチミンは夜になっても暑い。ほとんどの家庭にはクーラーがないが、バイクで走っていると涼しいからだというのです。

 ハノイもホーチミンに負けないぐらいバイクも車も多い。道路を横断するのが大ごとです。信号がほとんどない地区が多いし、あっても何百メートルも歩かなければならないからそんなことをする人はいない。
 ではどうやって横断するのか。クルマの洪水の中を、「左右を見ながらゆっくり渡る」のです。すると車が止まってくれる。急いで渡ると止まるのが間に合わないから轢かれてしまう、というわけです。夜は不安ではないのかね?

 道路に横断歩道のペインティングがあっても効果はない。たまたま信号のある交差点でも、バイクは赤信号でスピードを上げて中に入り、他の車両の様子を見ながら進む。
 現地係員のHさんは、「法律は有るけど、皆が違反するから守る人はいない」と笑っていました。

 ベトナムは正式国名からわかるように社会主義国です。すでに社会主義と資本主義は勝負あったと思っている私には、いまだに社会主義に拘泥する意味が分からない。しかしこの国、現在は経済に大変力を入れているらしい。
 かつて鄧小平が「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」と発言をしたのは有名です。社会主義国でも資本主義の分野に進出して、経済活動に力を入れていく。それでいいのかもしれない。

 今ベトナムには若い力がみなぎっています。この国の将来を示唆するようです。中国に延々と支配され、フランスにも100年植民地にされた。しかしそこからは恨み節は全く聞こえてこない。
 国家が立ち行かなくなり、100万人の署名を集めて合邦を請願しながら、100年経って「植民地にされた。賠償せよ」とごね得をたくらむ国とは何たる違いか。

 車で大きな橋を通過するとき、Hさんは「立派な橋でしょう。日本のODA(政府開発援助)で造ってもらいました」と喜んで語っていました。べトナム国民はみんな親日的だ、とも言っておりました。アジアにはこういう国が多いのです。
 一方うその上塗りを重ねて、日本の信用を落とすことに喜びを見出すような輩とは、なるべく交流を持たないことが大事でしょうね。(終わり)

ハノイ333016

ハノイ7770001
小さな島にある巨大な鍾乳洞。島自体も桂林と同じく
石灰岩で成り立っているようなので、鍾乳洞が多いか
もわかりませんね

ハノイ333007
穏やかなハロン湾の夜明け

ハノイ555003

ハノイ555004
海の桂林という表現がドンピシャでは?

ハノイ555005

ハノイ333010
ハロン湾でいちばん大きいカットバ島、唯一の診
療所もあるそうです

ハノイ777005

ハノイ777004
道にあふれるバイクをご覧ください。実態はこんなも
のではありません