FC2ブログ

若手が日本を感動に包む。羽生結弦選手、藤井聡太棋士の活躍に大拍手を

 あれからもう5、6日経ったでしょうか、今日日(きょうび)、なかなか味わえない感動でした。
 17日、羽生(はにゅう)結弦クンがフィギャスケートでソチ冬季五輪に続き、平昌で連覇を成し遂げた。実に66年ぶりの快挙だそうです。日本初の金メダルは大きな感動を与えてくれました。しかも冬季五輪で1000個目の金メダルだと、IOCから正式発表があったとか。宇野昌磨クンも2位、いうことなしでしたね。

 今ひとつは現役最年少の中学生棋士(きし)、藤井聡太君クンが朝日杯将棋オープン戦で、午前の準決勝は羽生(はぶ)善治竜王に勝利し、午後の決勝では広瀬章人8段を破って優勝した。規定により同日付で6段に昇段、今月1日に5段になったばかりなので、おそらく本人も戸惑っているのではないでしょうか。これも日本の将棋界始まって以来の出来事です。

 前日、妻が突然私に話しかけました。
 「お父さん、明日の結弦クンをどう思う?」
 「間違いなく優勝すると思うよ」
 けっこう私の予想が当たるので、聞いてみたのでしょう。
 昨年11月、NHK杯の公式練習で大けがをした羽生選手は、もちろんこの五輪が初の公式試合です。2ヵ月以上氷上に上がれなかった、今回のオリンピックがぶっつけ本番です。この不安がいかほどか想像に難くありません。大きな困難を乗り越えての優勝が、見る者の感動をさらに増幅してくれたのです。

 朝日杯で優勝した藤井棋士はまだ中学生。朝日杯というのは8つのタイトル戦に次ぐ棋戦だそうで、アマチュア、女流棋士も含めた全棋士が参加するそうです。藤井6段は1次、2次予選を経て16人の本戦トーナメントに進み、佐藤天彦名人らトップ棋士を次々破って10連勝で栄冠を飾った。準決勝、決勝を見続けた棋士らは一様に、「強すぎる」と感想を漏らしていたという。

 「藤井6段の優勝を見届けた羽生竜王は、『決勝戦にも動じない、力強い指し回しだった。(盤上の駒の)形の認識度の高さを感じる。ますます伸びていくのではないか。間違いなく藤井さんはタイトル戦に出ると思うが、そこに私がいるかどうかが問題です』と冗談ぽく話していた」。(毎日新聞2月18日から引用)

 まもなく平昌五輪が閉会です。羽生選手の後、女子500メートル、女子パシュートも金メダルを獲得した。金には届かなかった銀・銅の選手も多いのです。こういう若い人たちの活躍を見ると、日本の将来に大きな夢が湧いてきます。残された日も、精いっぱい頑張っていただきたい。


羽生結弦
鬼気迫る羽生結弦選手の演技(HUFFPOSTから転載)

藤井聡太、朝日杯
朝日杯将棋オープン戦で優勝し
た藤井聡太6段(画像はYahoo!
検索〈画像〉から)