FC2ブログ

「若冲展」で都美術館へ、魅せられた絢爛たる〈動植綵絵〉

 「皇太子問題」についてもう1度だけ書く予定でしたが、今回、「若冲展」について書いてしまいました。次回、必ず掲載しますのでご了解ください。

 5月16日の月曜日、「生誕300年記念」と題した「若冲展」が開催されている上野の東京都美術館へ行きました。実はゴールデンウイークの真っ只中の5月4日に1度は足を運んだのですが、当日は炎天下で切符を買って入館まで120分と聞かされ、後日を期して帰ったのです。
 この日はパソコンで混雑予想を確認。覚悟のうえで出かけましたが、現地の整理・誘導係の話では、切符を買うのに30分、入館の列に並んで180分、合計3時間半という説明でした。迷ったのですが、開催が24日までなので、この日を逃したら見ることができません。幸い前回来た時と違って空模様は曇りで涼しい。熱中症で倒れることもないだろう、と自分を励まし並ぶことにしました。

 午後1時20分から並んで、入館できたのは4時半ごろでした。
 伊藤若冲(1716-1800)の生誕300年を記念して、初期から晩年までの代表作約80点を紹介した展覧会です。若冲はこのところ人気がうなぎ登りだといいます。しかも4月22日から5月24日というわずか1ヵ月間。これでは混雑するはずです。国立新美術館の「ルノワール展」が4か月近く開催されるのと比べると、なんと短いことでしょう。

 若冲は、18世紀に京都で活躍した画家だそうです。繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛けるなど、85歳で没するまで精力的に制作を続けたといいます。
 お恥ずかしい話ですが、私はこれまで若冲についてあんまり興味を持ちませんでした。ですからその作品について語る知識も持ち合わせません。ただし実際に作品群を目にし、気になる作品ばかりでした。

 中でも「動植綵絵(どうしょくさいえ)30幅」にとても興味を引かれました。これは“若冲生涯の傑作”と言われるそうですが、ことに目立ったのが「老松白鳳図」です。想像上の霊鳥・鳳凰を裏彩色によって仕上げている、レースのような純白の羽の美しさは観る者を思わず惹きつけます。「老松孔雀図」も素晴らしかった。これらの尾羽にハート模様を描いたのは、作者のアイディアなのでしょうか。この綵絵では木が、花が、鳥が、魚が、虫が歌い踊り、自らの存在を誇示しています。華麗な作品群です。

 若冲は生涯、豊かな生活を送っていたらしい。極彩色の絵の具を惜しげもなく使っていますが、当時としては大変な出費だったでしょう。しかもその絵が、昨日描いたように美しく残っている。誰かに絵を買ってもらう必要もなかったからか、散逸しなかったものよかったのではないでしょうか。

 若冲展は間もなく(5月24日に)終了します。機会がれば、またぜひ見たい作品群でした。

2若冲

3若冲

1若冲
「若冲展」を見るため、東京都美術館から延々つながる人の波

若冲4

若冲10
“若冲生涯の傑作”と言われる「老松白鳳図」

若冲あ
「老松孔雀図」、なかなかの大作でした

若冲12

若冲7

若冲8
木が、花が、鳥が、魚が、虫が歌い踊る華麗な作品群
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR