1年を回顧して? そんな大げさではなく仕事についてひとこと 

 私は社会保険労務士と行政書士をやっていますが、最近、仕事に関してブログを書いたことがほとんどないことに気が付きました。今年1年、全く触れていないし、その前もいつ書いたか覚えていません。
 5年前に女房が脳出血で倒れて以来、仕事を極力セーブしてきたこともあるでしょう。ほとんどが事業主へのアドバイスと手続き業務、いつも代わり映えがしないことが原因かもしれない。しかし年の最後にあたり、仕事のこともひとこと書いてみたいと考えました。

 行政書士は官公署に提出する一般書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理・代行、また相談などに応じます。その業務が、例えば弁護士、司法書士、税理士、社労士そのほか、業務独占資格が認められている士業が行うもの以外は行政書士ができるはずですから、「守備範囲」はものすごく広いのです。
 仕事の種類は3千とも1万ともいわれますが、正確なことは誰もわからないらしい。車庫証明や内容証明の作成、役所に提出する簡単な書類から入管業務(外国人入国・在留手続)や農地転用許可申請、宗教法人や学校法人の設立まで行うといえば、その広さがお分かりでしょうか。

 私は建設業許可申請(事業年度終了報告、更新を含む)や遺言・相続についても行っていますが、主たる仕事は社会保険労務士業務です。
 社労士としての私の仕事は、中小企業事業主の相談・指導(コンサルタント業務)、官公署への書類作成と提出が多い。官公署は日本年金機構(年金事務所)、公共職業安定所、労働基準監督署、それ以外にもいろいろあります。書類は決められたとき、また必要な時々に提出するものなどさまざまです。各種助成金の申請も行います。社労士業務も幅が広いので、専門分野を決めている人もいます。

 私は旅行が好きで、外国へ行くことも結構ありました。そんなとき、一番気になるのが、もし留守の間に顧問会社で労災事故があったらどうするか、ということです。労災病院への転院などは後でできないことはありませんが、いざというとき相談する社労士がいない心細さを味わわせてはいけないと思っています。事故は運転手や工事に携わる者だけではありません。事務職でも銀行に行く途中で事故にあうこともある。通勤時の事故も労災の分野です。これは社労士業務をやる者の責務です。
 そこで前もって懇意の社労士に頼み、顧問先にも私が不在のあいだ責任をもって処理してくれる社労士の名前と電話番号を伝えて出かけていました。決して年金事務所や安定所へ書類を提出するだけが社労士の仕事ではありません。

 なんだか七面倒臭いことを書き連ねてしまいました。今年少しは記憶に残っている仕事と言えば次の3件ぐらいでしょうか。

 今年6月18日、東京都某区役所職員から私の妻の父親が死亡したことを知らせてきました。幼いときに父母が離婚し、妻は母に引き取られて育ちました。義父は再婚して幸せな家庭を持ったようですが、後添いに先立たれてしまった。住んでいた区営住宅が建て替えになるのを機に、ケアハウスに入居しました。その区職員は、前後のいきさつから簡単な葬儀も済ませてくれたという。90歳でした、荷物の中に我が家の電話番号があったらしい。

 あるはずの何百万円かの現金も手許にはなかった。後添いの子供から、「墓を建ててやるからと言われて貸した」と、妻が本人から聞いたことがあるが、そちらへ使われているなら大いに結構だと思います。養子縁組をしない限り彼らに相続権はない。しかも相続人の妻や妹は何にもしてこなかったのだから。「妻と妹に相続放棄をさせたほうがいいのでは?」と思ったのですが、職員は「そこまでしなくても」という意向のようでした。ところがしばらくして、「ケアハウスで未払い金があると言っている」との連絡を受け、後々を考え相続放棄の手続きをすることになりました。これは行政書士の仕事です。ただし無料の…。

 相続放棄の申述人は妻とその妹です。T県在住の妹に、申述書に記入して戸籍謄本とともに急ぎ郵送するように伝えました。用紙は家庭裁判所に行けばもらえるし、書き方がわからなければ教えてくれるから、と。
妻と妹が父の死亡を知って3ヵ月以内に相続放棄をしなければ、父の遺産はプラスもマイナスも相続することになります。8月8日に義妹からの書類が届きました。9月17日までに手続きをしなければ単純相続となります。もし書類の不備があり、送り直させたりして間に合わなければ困る。

 8月10日、妻を連れて義父の本籍があった役所に行き除籍謄本を、そのあと住民登録をしていた市役所で住民票を取得。家庭裁判所へ行って2人の相続放棄申述書を提出しました。
ここで注意しなければいけないのは、本人の委任状をもらっておけば、たいていのことは代理できるのですが、裁判所ではダメ。代理人になれるのは弁護士だけです。後日、「相続放棄申述受理通知書」が送られてきて1件落着。

 また11月9日に、私が業務を受託している会社のうち3社に、日本年金機構の総合調査が入ると連絡がありました。事業主には年金事務所に持参する帳簿や書類と時刻が指定され、「委託社労士がいる場合は代理でも可」と通知がありました。2社からは直ちに「先生、お願いします」と依頼がきました。「立ち合い」ではない、代理で解決してきてほしいというのです。年金機構から私へきた連絡には3社名と30分おきの時刻が指定されていました。

 年金機構が何を調査したいのか、また徴収の時効が2年ということなどは承知しています。1社は労働者名簿、出勤簿、賃金台帳をきっちり管理しているので電話をして先方にお任せ。2社については私が代理をすることになりました。
 社員がいるのに出勤簿をつけていない会社、給料が上がったのに月額変更届を出していない会社(というか、私に連絡がなかったのです)。月額変更届はさかのぼって訂正、算定基礎届も訂正です。作成していないが、どうしても必要な書類は急きょ作らなければならない。当日の調査も、1社で30分なんてとんでもない。急いだのですが結局2社で2時間かかった。担当官の方、ご苦労様でした。
 今回は何とか済みましたが、監督署の調査が入ったら大変ですよ。ことに1社の大きい問題点も分かりました。

 そのあと暮れも近づいた12月12日、浦和のさいたま共済会館で約4時間、社労士倫理研修がありました。私が社労士になったころはなかったのですが、10年ほど前から始まった制度で、5年に1回参加が義務付けられています。私は2回目でした。都道府県倫理規定も変わることがあるし、新旧社労士に社労士倫理を徹底しなければいけないということでしょうか。これも業務のうちだと納得しています。

 今年も仕事上は、取り立てて面白い話はありませんでした。つまらない話で申し訳ありませんでした。いよいよ本年も残すところわずかです。皆さま、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いします。

FullSizeRender_201512271137124a8.jpg
家事審判事件受付カードと相続放棄
申述受理通知書
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR