FC2ブログ

朴槿恵も ケンチャナヨ? 「歴史問題と分けて経済は協力を深めたい」 だと

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が就任後初めて訪日する検討に入ったという。日本側にもこの意向を伝えており、今月21日に外相会談を行い、翌22日に東京で開かれる日韓国交正常化50周年の祝賀行事に出席する案も浮上しているという。実現すれば、尹氏の訪日は2013年の就任後、初めてになる。
安倍晋三首相が何度も日韓首脳会談を呼びかけたが、朴槿恵大統領は慰安婦問題へ向けた前進を会談の条件に掲げ、両首脳の就任後、二国間の首脳会談は実現していない。日本では、どうやらこの外相会談に乗り気らしい。首脳会談を行いたくない国と、外相会談をやってどうなるのでしょう。

ところが、毎日新聞(6.10 夕刊)の報道を見てください。
「韓国では、4月の安倍首相の訪米や日中関係改善の動きを受け、柔軟な対日外交が必要との見方が強まった」
「朴大統領は5月、歴史問題とは切り分け、安保や経済などでは協力を深めていく方針を表明していた」


どうですか、いよいよ始まってきたでしょう。
韓国という国はどんなに日本に敵対していても、経済的に行き詰ったら「それはそれ、これはこれでしょう。協力してくださいよ」と言い出す。そして経済協力を引き出すと今度は自国民に対して、「日本が協力したいと申し出たから面子を立ててやって受けた」などと、恥ずかしげもなく発表する民族です。

自讃して言うわけではありませんが、私はこのブログで何度となく書いてきました。最近では6月1日にも書きました。
「ここで私がいちばん気にかかることは、韓国が借金を申し込み、日本がそれに応じてしまうことです。絶対にこれはいけません」 「今回は李明博の『天皇侮辱発言』や、朴槿恵の日本に対する『千年の恨み発言』の後ですから、よもや援助を申し込むことはできないと思います。しかし私たちとは感覚が違う民族ですから、くれぐれも用心していただきたいのです」と。

日本には「蛙の面に水」という諺がありますが、彼らは「恥を知る」ということが無いのでしょうね。韓国人がよく使う言葉に「ケンチャナヨ」 がある。おそらく本義は心配する相手に「心配しなくても大丈夫ですよ」と伝える際に使われるのでしょうが、今は自分が損害を受けた場合だけでなく、相手に損害を与えた場合にも使用することが多いという。
こんな話を聞いたことがあります。旅客機のCA(客室乗務員)が飲み物のサービスをした時、乗客の服に コーヒーをこぼした。どの程度か知りませんが、いずれにしても日本なら平謝りでしょう。ところがそのCAが乗客に対していわく、 「ケンチャナヨ」 と。「問題無いよ」 「気にするほどではないよ」 の意味で使ったのですが、信じられますか。

朴槿恵が昨日まで韓国内で反日を煽りつづけ、外国に対しては、日本を貶める「告げ口外交」を繰り返していようと、今日、経済援助を申し込むとなったら、「ケンチャナヨ。これまで言ったことなんか気にすることはないよ。あれはあれ、これはこれ。心配いらないよ」 ということなのです(何を言うか、気にするのはこちらだろう!)。 しかも目的を達したら、また反日を繰り返す。
こんな連中とまともに付き合うことはやめましょうよ。国のお金、もっと生きた使い方をしていただきたい。「日本国民の納得を得られないからできない」 と、「ケンチャナ」精神の大統領に、経済援助など断固断り通すべきでしょう。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR