「戦後70年談話」は必要なのか? 無意味な謝罪などやめよう

8月に出されるという「安倍首相の戦後70年談話」。中国・韓国だけではありませんよ。日本の某政党をはじめ、左翼政党・文化(?)人らがその中に入れることを要求している文言は 「植民地支配」 「侵略」 「従軍慰安婦」。まるで三題噺のようですね、そのオチ(落語でいうサゲ)は「謝罪」ということでしょう。

戦後50年は1995年でした。この時には村山富市首相による談話が出されました。問題のくだりは以下です。
「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸 国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて、痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします」

まったく首相でありながら、事実関係も知らずにこんな談話を出してしまった。「国策を誤った」のは村山氏ではないか。細かいことは折に触れて述べてきたからもう止しましょう。ただ発表の席上、記者から「遠くない過去の一時期、国策を誤り」というのはどの政権で、どう国策を誤ったのかという質問には凍りつき、ひと言も答えられなかった。
後日刊行した回顧録(でしたか)には、そんな質問はそれぞれが考えて感じたらいいのだ(趣意)と言い訳をしていたと思うが、要するになにも分かっていないということだ。本当にそう思ったのなら、なぜそのとき話さなかったのか。「出し遅れた証文」がこれでは恥ずかしすぎる。要は、この程度のことも考えず談話を出していたのだからあきれるしかないでしょう。

その10年後の2005年は戦後60年だった。この時、小泉純一郎首相が出した談話は、村山談話を継承したものでした。
今回、安倍内閣が70年を迎えるということで、話が勝手に盛り上がっている。民主党政権なら悩むこともなかったでしょう。「そんなことはお安い御用」とばかりに、これらの文言をこれでもかというほどちりばめるでしょうから。いまだに続いている中国への政府開発援助(ODA)を、「もっと増額せよ」「日本は中国の属 国になるのが最良」 という丹羽宇一郎を、民間から抜擢して駐日大使に任命した菅直人が代表だった党なのだ。

ところで村山談話・小泉談話をそのまま踏襲するなら、改めて安倍談話を出す必要などどこにもないでしょう。それとも「植民地支配しました。侵略をしました」と10年ごとに永遠に詫び続けよというのですか。バカも休み休み言いたまえ。
太平洋戦争で日本は敗戦を味わった。だからこそ、極東軍事裁判では戦勝国の論理を押し付けられた。しかしサンフランシスコ講和条約で、堂々復活したではないか。講和条約が発効した以上、過去のことはノーサイドで新しい出発ではないのか。わが国にも言い分は多々ある、しかし戦勝国のごり押 しを通させ、講和条約にまで持ち込んだのだ。

その日本に、永遠に詫び続けよというのか。バカも休み休み言うべきだ。そういえば、雅子妃の父親・小和田恆(ひさし)氏、「『日本ハンディキャップ論』を振りかざして国際司法裁判所の所長にまで登りつめた売国奴」とも言われるが、「日本はハンディを背負っている国家だから一人前の行動や発言をしてはいけない」との暴論を吐いた人物です。村山氏などは、この人の悪い部分の影響を受けているのではないか(頭脳レベルはとうてい及びもつかないのだが…)。

仮に日本が過去の様々なことを謝罪したとしよう(百歩譲って「仮に」です)。中国・韓国が今後いっさいこの問題を持ち出さないか。絶対にそんなことはあり得ない。そのとき直ちには「戦術的に詫びただけで、本心からの謝罪ではない」と非難するだろう。その後時間を置いて、「歴代の首相も全員詫びてきた。歴史修正主義者の安倍も、抗しきれずついに謝罪した」と、鬼の首を取ったように言い、今後の外交(というよりいわれなき恫喝)の材料にするに違いない。

奴らに言質を与えるような談話を出すべきではないと私は思う。そうかと言って、三題噺を織り込んで謝罪しなければ先方は納得しないだろう。そんな談話を出す必要が果たしてあるのだろうか。肩すかしをくらわせてやるのも面白いではないですか。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR