反日洗脳に狂奔か、大分県教組が「慰安婦教育ツアー」を開催

「中国はこんな卑劣な事件をでっち上げた」 「韓国はこんな恥知らずの国民だ」 「日本のマスコミはこんな反日行為に走っている」 「一部政治家は売国奴・国賊だ」。
いつも こんなことを書くのは、けっこうつらいものです。もちろん書く内容は事実ですが、中韓だけではなく日本の反日勢力も合わせて、青少年にどれほど悪影響を与えているかと思うと胸が痛みます。

日本教職員組合などは、異常な自虐史観をもとにした教育しか考えていない。ありもしない悪辣なことをでっち上げ、「自分の国はこんなに悪いのだ」 と教えるのはどう考えても異常でしょう。従軍慰安婦、南京虐殺などを刷り込まれて、生徒たちは 「こんな国に生まれて恥ずかしい」 「世界中の人たちに謝りたい」 といっている。

このような教育を受け、将来の日本を背負う立派な青年が育つはずがない。日教組およびそれを支持母体とする民主党は戦後、国民に暗黒史観・自虐史観を押しつけ日本解体を目論んできたが、いまだにその意識のままではないか。いつか辻本清美(民主党衆議院議員)が「私は国民の生命・財産を守るつもりはない。日本の国家枠を崩壊させるのが私の役割だ」(趣意)と語ったのを見ると、より明確ではないか。

日教組の下部組織である大分県教職員組合の例をひいてみましょう。
大分県教組が旅行業法に基づく登録をせず、新聞広告で「慰安婦」問題の関連施設を見学する韓国旅行を募集し、ここ何年か実施していたらしい。ツアー料金を極めて安く設定し、不足金額は補填していたらしい。すなわち慰安婦関連施設を見せ、参加者に贖罪意識を植え付けようとしていたのだ。

下村博文文部科学相は「教職員が構成員である教職員組合が、旅行業法に違反したことは非常に問題で、遺憾だ。事実関係を把握し、観光庁、大分県教育委員会と連携して対応したい」と不快感を示した。
旅行業法違反が許されないのがもちろんだが、慰安婦というのは応募してきた売春婦で国家や軍部とは無関係、しかも強制連行など全くのでっちあげだ。それを日教組の「単なる誤解」ではなく、「悪質なプロパガンダ」 の一環として、児童・生徒を利用するなど許されるはずがない。

大分市教育委員会の教育長は、県教組の違法行為について 「教職員は公務員として法令を遵守する身分であり、児童生徒や保護者、市民の信用を損なうことがあってはならない」 と述べた。その上で県教組大分支部に対し、来年度以降の見直しを口頭で申し入れたが、県教組から返答はないという。

年端もいかない子供に自虐史観を植え付ける。こういうやり方は 「表現の自由」 「言論の自由」 の範囲を逸脱しているでしょう。もちろん子供にとってはこんな教育を押しつけられるのは大問題です。法律で規制するべきだと私は思うがいかかでしょう。


acc436e4「厳選! 韓国情報」のサイトから
「慰安婦教育ツアー」を開催し、反日先脳に利用した大分県教組
(写真は 「厳選!韓国情報」 のサイトから転載)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR