FC2ブログ

ご存知ですか、「BC級戦犯」として千人が処刑されたことを

8月15日になると毎年同じことが繰り返されます。私が言いたいのは、メディアが靖国問題に対して十年一日のごとき取り上げ方しかしないということです。やれ首相が、閣僚が参拝した。玉串料だけですました。首相はアジア諸国(結局、中国・韓国のこと)へ謝罪したか。etc…。

他国から靖国神社の参拝を非難されたら、諂ってやめるべきなのですか。一部の新聞を除いて、ほとんどそういう論調でしょう。私は自分の宗教的な信念から、追悼の仕方は別にあると思っています。しかし、なぜ中韓の内政干渉に唯々諾々と従わなければいけないのか、それが大問題でしょう。


今日、書いてみたいと思ったことは、長年心に引っかかっていることです。引用する文献も手元にはありません。しかし、細かいことの記憶は定かでないにしても、言わんとしていることはお分かり頂けると思います。
ともかく一杯飲みながら、記憶を頼りに書いてみます。私とそれほど年齢の変わらない T さん、 I さん。おそらく 私が知らないこともいろいろご存知だと思います。飲み会の時でもぜひ蘊蓄を傾けていただきたい。

そもそも 「A級戦犯」「A級戦犯」 と、事あるごとにマスコミは鬼の首でも取ったように言いますが、A級戦犯とは何か、世間に浸透していると思って使っているのでしょうか。「戦犯」という呼称にも問題がありますが、まずA・B・Cの違いをわかっている人がどれだけいるのか、ということ。

たしか7、8年前のあるテレビ番組で、中国の若人を集めた討論会がありました。MCのアナウンサーが「(靖国参拝について)A級戦犯だから悪いというがB級、C級とどう違うか知っていますか」と言ったが、誰も答えられなかった。MCが助け船を出して何とか討論が繋がったのです。皆が「A級だからけしからん、というからA級が悪い」と思っているだけのようです。

それと、どうやら中韓の連中、日本の一部の政治家やマスコミなども、ABCの順で「罪が重い」と考えているようです。それじゃ、小学生が考える順番ですよ。
もちろん皆さまはご存知だと思いますが。実はABCじゃなくてもいいのです。イロハでも同じです。3種類あった、ということだけです。決して「№1、2、3」でない、すなわち罪の軽重ではないことを理解しなければいけない。これが大事なことです。


相手によっては「釈迦に説法」になるかも…、そのときはご容赦ください。ただ、なぜABCなのかはお話しなければいけないでしょうね。
太平洋戦争の戦犯(といわれる方たち)は、3種類に分けられました。
A:平和に対する罪。
B:通例の戦争犯罪。
C:人道に対する罪。

「通例の戦争犯罪」というのがこれまでの戦争犯罪ですね。これは国際法で許されていない。民間人を虐殺する、捕虜を虐待するなどいろいろありますが、その最たるものが日本への原爆投下です。A・C級はドイツや日本を罰するために、あとから急きょ制定された事後法でしょう。

東京裁判のA級戦犯として死刑に処せられたのは確か7人でしたね。BC級では約1000人が死刑になっていますよ。BC級がA級に比べて罪が軽いなら、どうしてこんなに大勢が処刑されたのですか。なぜA級、A級と騒ぐのか。
(つづく)