韓国が先進国だと? 嘘だろ、民度は超未開発国だぞ

韓国の中央日報が、日本への原爆投下を「(神の)懲罰だ」とする記事を掲載したという。以下、産経新聞(5月23日、08:14配信)の記事です。

(前文省略)さらに、大規模空襲や原爆投下を神による「過酷な刑罰」としたうえで、第二次大戦末期のドイツ・ドレスデンへの空襲を「ユダヤ人の復讐(ふくしゅう)だ」、広島、長崎への原爆投下については「日本軍国主義へのアジア人の復讐だった」と主張。非戦闘員への無警告、無差別の大規模殺傷という事実も「国家を改造して歴史を変えた」と支持している。
記事は、「日本に対する火雷(爆撃)が足りないと判断するのも、神の自由だ」と、日本への軍事攻撃を肯定する主張で締めくくられている。
執筆した同紙のキム・ジン論説委員(53)は過去に「大韓言論賞」の受賞歴もあり、韓国では優れたジャーナリストの一人とされている。


どうですか、言語道断というより、汚い例えですが反吐が出そうな論説です。
「非戦闘員への無警告、無差別の大規模殺傷という事実も『国家を改造して歴史を変えた』」とは、この論説委員はいったい何を言わんとしているのか。日本で被爆した朝鮮人で、アメリカが相手にしてくれないから日本を相手に被爆の補償を求める裁判を起こした者もいた。彼らの被爆も「神の懲罰」だということになるが、それでいいのだな。

原爆を投下したのはもちろん神ではない、アメリカだ。この論法でいけば朝鮮が日本に植民地にされたのも、朝鮮婦人が従軍慰安婦にされたのも、「神の懲罰」ということだ。それで間違いないのだな。こんな幼稚な論をもてあそぶのが中央日報の論説委員か。中央日報といえば、サムスン財閥の中心メディアだと思っていたがこんなレベルか、呆れかえったね。論理に破綻をきたしていることがわかるか? 誤解がないように言っておくが、植民地化、従軍慰安婦の強制等、日本に罪をなすりつけようとしていることは、すべて君たち朝鮮人の捏造だぞ。


韓国という国は昔から、自分の方が暴力的に力が上だとみなした相手に対しては、その生命を奪うなどということを日常茶飯事にやってきた。戦後、軍備を解体させられた日本の隙をついて勝手に李承晩ラインを決め、漁船に艤装した韓国海軍が次々日本漁船に銃撃を加え船員を多数射殺。

船内の目ぼしい私物、装備および漁獲物はすべて掠奪し、日本人船員は死亡者以外は負傷者を含めて韓国警察に引き渡した。その際、負傷者を名ばかりで病室はもちろん設備も全くない医院に連れて行ったが、医師は見ただけで「これは駄目だ」といって手当てを拒否、放置されたままで次々死亡したものが多数いた。生き残った者は後日、対日本の「金銭取引」の対象にされたのだ。


韓国は当初からジュネーブ条約、ハーグ条約など国際条約を遵守する気などさらさらない。だからアメリカにつき従ってべトナム戦争に従軍したとき、飴玉で現地の子供を誘い出してはその命を射撃の的にして遊び、婦女子には凌辱の限りをつくした。
こんな人種だから日本への原爆投下を「(神の)懲罰だ」などと文章にできるし、ドレスデンへの空襲を「ユダヤ人の復讐だ」などとほざくのだ。


韓国人は「自分らは先進国だ」と何のてらいもなく主張するが、気恥ずかしくはないのか。こんな民度の低い先進国がどこにあるか。先進国の定義は厳密に定まっていないが、彼らの行状を知れば世界の人々は例外なく眉をひそめ、軽蔑するだろう。

彼らが「先進国だ」といえる唯一の論拠は経済の発展以外にない。しかし、漢江の奇跡といわれた経済成長はもちろん、困った時々に救いの手を差し伸べたのは常に日本だったではないか。しかもそれを国民に隠し、経済成長は政府の手腕と強調したではなかったか。

日本は現在、確かに一時ほど経済状況が思わしくないが、韓国は「事大主義国家」「事大主義民族」の名に恥じない(?)奴らです。今回の新大統領が訪問する国も、これまでの「米→日」の順序を無視して、「米→中」と変更した。日本を中国に乗り換えようというわけだ。日本政府もこんな韓国、できるだけ冷たく扱った方がいい。

これまで日本に対して恩を仇で返してきたしっぺ返しは、中国がやってくれるだろう。誰が作成したか知らないが「2050 極東マップ」。日本に対しても怪しからん内容を記しているが、その前に南北朝鮮は中国の「朝鮮省」として編入されているのだ。そのときになって、「信頼すべき国」がどこかわからず、次はどこにすり寄ろうかと右往左往していることだろう。

その姿をこの目で確実に見たいが、そのとき我が人生の幕引きは終わっているのです。残念!!
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR