FC2ブログ

改憲に至るさまざまな経緯、私は96条改正を支持します

前回、憲法改正について駄文を物しました。ところで憲法を改定するためには、さまざまなやり方が考えられてきました。ご存知だと思いますが、今日はそれをごく短く述べてみます。

「憲法96条に定められた発議要件を満たし、国民投票にまで持っていく」 のが最も分かりやすい方法でしょう。現憲法の取り決めのままですから。

しかし憲法に定められた発議要件を満たすことが困難であることから、まず 「96条を改正して、改憲の発議要件を容易にしようという方法」。 安倍晋三総理が進めているやり方がそれです。
まず発議しやすいように要件を変更するが、国民の意思は憲法の取り決め通り過半数で決するわけですから、まったく問題にはならないということでしょう。あまりにも厳しい発議の条件を押しとおしては、いつまでも国民の真意を問うこともできないというのですね。

次に 「現憲法を破棄して、新しい憲法を制定する方法」 があります。これは維新の会共同代表の石原慎太郎氏らが、かなり以前から主張している方法です。
日本国憲法は改定が極めて難しい。それなら憲法改正などを考えずに、現憲法を破棄する。改憲ではなく破棄なら、憲法改正の発議要件を満たさなくても、衆参両院で各過半数を得たら破棄できるわけです。

新しい憲法が発布・施行されるまでは明治憲法(大日本帝国憲法)に依っても、個別に法律があるから問題はない。そしてできるだけ早く、新憲法を発布・施行するという筋書きのようです。


しかしこれに対しては、中西輝政京都大学名誉教授は、「改正でなく破棄では、明治憲法との継続性がなくなる」と言っていたと思います。ただ継続性がないとどうして不都合なのか、私は勉強不足で分かりかねるのです。あるいはGHQの占領下でさえ、明治憲法の改正という方法で現憲法が制定されている。憲法が継続することで、戦前から戦後に国体が存続してきたことを表しているというのでしょうか。

もしそうならばという前提ですが、日本の国体は神武天皇の御代から連綿と続いている。憲法で決めてもらうものではないだろうという考えが出るのではないか。
日本は国体の護持を条件にポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争が終結しました。国体は憲法で決めるというものではないでしょう。しかし誤解のないようにつけ加えるなら、日本の国体についてある所を憲法に明示するということは必要かもしれない。

今一つ、「現憲法を『無効』とする考え方」 があるようです。
簡単にいえば、「占領されたときに制定された憲法を無効として、改めて明治憲法を改正せよ」ということらしい。日本国憲法の制定過程が国内法、国際法などに違反し、憲法としては無効であるという主張。あるいは日本国との平和条約締結にともない自動失効しているとするものなどあるようですが、いずれも現在は真剣に論じられていないようです。


何か今日は理屈っぽい話になってしまったようで恐縮です。その外にもあるかも分かりませんが、私自身もよく分からない点が多いのです。
しかし望むところは一つ、占領軍に押しつけられた憲法から、日本国民による自主憲法へ早く移行してほしいということなのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR