中国の本格的「尖閣」侵略の引金は彼らの経済崩壊か?

今回の「火器レーダー照射事件」で、アメリカ国務省のヌランド報道官の「実際にあったようだ、(アメリカは)日本を支持する」「中国にその旨を伝え自粛を求めた」(趣旨)とのコメントをテレビで見て、心底ありがたいと思いました。
そういえばクリントン前国務長官も、折に触れて「尖閣問題では日本を支持する」と明言していた。

私は過般の当ブログで、「軍事力で戦うだけの時代ではない。最も大事なことは世界の世論を味方につけて行動すること。ことにアメリカ、アジアの諸国には日本の本当の姿をしっかり理解してもらわなければいけない」と書きました。

現在、どうやらアメリカは中国より日本の言い分を信じてくれているようです。日本侵略・対米防衛戦略のため、第一列島線から第二列島線進出を企て、アメリカに対して「ハワイから西は中国が、アメリカは東を支配したらどうか」(趣旨)などという覇権・中国に、当然アメリカも危機感を強めています。

気に入らないところも多々ありますが、曲がりなりにも国際連合という組織もあります。中国がどんな侵略意図を持とうと、いまの世界では国際世論を無視して行動することは困難です。

かつてこのブログにも、2回にわたって国連憲章の「敵国条項」について書きました。これはきわめて憂慮すべきことです。しかし国際世論を無視してまで、中国があの小さな尖閣諸島の強奪を謀るには、いくつかの段階があると思う。

現在は、脅して日本が弱腰を見せるならもっけの幸い、断固守るとするなら深入りせず、示威行動を繰り返しながら様子見というところではないでしょうか。もっともこれまで中国国民を煽りにあおってきたのですから、その収拾をどうするか、思案のしどころではあるでしょう。

尖閣問題の引き金になるのではないかと、私がもっと案じるのが中国の経済崩壊です。10年ぐらい先になるか、あるいはもっと早いか、いずれにしても経済崩壊が決定的になると私は確信しています。このとき中国国民の反政府運動は最大規模になるでしょう。しかし中国共産党は後戻りできない。

このとき政府の終焉を救うには、日本を「仮想敵国」から「敵国」へ変え、国民のナショナリズムをあおる以外に方法はなくなる。国民は「これまでの反日教育」から、「反政府の怒り」を一気に反日行動に移すでしょう。そして中国は尖閣奪取に真剣に取り組むに違いない。このときが最も危険だと確信しています。


日本の防衛を真剣に考えるなら、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持」 しようと決意した極楽とんぼ憲法を改正して、軍備を真剣に考えるか、日米同盟をもっともっと強固にする以外にないでしょう。

しかし本気で強固にしようと思うなら、集団的自衛権を真剣に考えなければアメリカは相手にしてくれませんよ。おまけに沖縄に米軍基地を置かないなど、考えられますか。アメリカに事があっても手を貸さない、米軍は日本から出て行け、ただし日本を守ることは忘れるな。アメリカが相手にしますか!! 立場を変えて考えるなら、あなたはこんな日本を血を流して守りますか??

尖閣周辺の制空・制海権を維持できるのも今のうち、前にも言いましたが、何年かするとそれも逆転してしまうのは明らかです。

かつて、「日本は中国の属国として生きていけばいい」と述べた前在中国日本大使・丹羽宇一郎を、「売国奴」と怒れない時代になりますよ。日本国民として、もっと危機感を持っていただきたいと思います。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR