FC2ブログ

皆さまと共に来年こそいい年を

正月に飲む酒はいろいろ用意していますが、今回、なかなか自分では購入できない酒が手に入りました。菊理媛(くくりひめ)、知り合いに頂いたものです。自分ではなかなか買えない、というのも720 ml(4合)で25,000円、1800 ml(1升)で50,000円です。お金のことを言って恐縮ですが、事実として貧乏社労士には買いづらい。

この酒は、菊姫酒造がその年に最高の造りと認めた吟醸酒をさらに十年間熟成させた酒。これ以上はできないという地点まで洗練させた、といわれるいわば吟醸酒の到着点です。以前も飲んだことがありますが、断然「冷や」が美味しい。

昨年の今頃は、家内が脳出血で緊急搬送されて、元旦も落ち着くどころではありませんでした。今回は、この酒で元旦を祝って、すぐそのあと近くの温泉で2泊ほどしてきます。「何にもしない正月」を今年は味わってみたい。

しかしこんなことができるのも、某都立病院の元脳神経外科医長・F先生のおかげです。緊急搬送先の病院で「開頭手術」といわれ、F先生に電話をかけたところ、埼玉の病院まで来てくださったのです。そのとき、日本で10指に数えられる脳外科医を紹介していただき、転院も決まり、結果は開頭せずに済みました。現在リハビリに励んでいます。

皆さまと共に、良い年を迎えられますようにと思わずにはおれません。また新年にブログでお目にかかります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


PC180241.jpg