何とも可愛い由布島の水牛、帰る朝「船が欠航」に慌てる

埼玉の社労士です。
前回に続き、西表での3、4日目の様子をお伝えします。読んでいただけたら幸いです。

11月20日
午前中はメンバーがボランティアの指圧をおこなって、そのあとホテルに戻ってランチ。ここまでは昨日と同じパターンです。この日、食事のあと全員で由布島へ行こうということになりました。前にも書きましたが、私は西表島へはこれまで2回行っていますが、そのたびに由布島へ寄りました。しかし他の人は誰も行っていない、妻やある女性メンバーにとっては、どうしても行きたいところだったようです。

ホテルから車で40分ほどの距離ですが、途中10分ほど、中野わいわいホールへ寄り道をしました。島人文化祭の展示品などはここで見ることができるのです。西表の民具を作らせた第一人者というノージの品物も展示されています。ノージというのは人の呼び名です。ちゃんと本名があるのですが、昔から地元の人がノージと呼び、呼ばれると返事をするのです。でも本人が、「なぜノージか分からない」と言うのですから不思議です。

夜には文化祭のフィナーレの催しがあるため、午後5時には展示物が撤去されます。彼の作品は全国的に名が通っており、著書も何冊か出しています。作品を見られないというのもあまりに残念なので、ちょっとのぞいたというわけです。ノージは妻の指圧愛好者でもあり、この日も午前中に施術したばかりです。

そのあとでやっと目的地の由布島へ到着しました。西表島からの約400メートルを、水牛車に乗って渡ります。昔は稲作の拠点で住民も多かったそうですが、今は島のオーナーの自宅と観光の従業員宿舎があるだけで、10数人が住んでいるそうです。
島には売店やレストランがあり、いろいろな土産を売っています。水牛の角でできたフクロウや装飾品など、珍しいものもあります。

その奥には植物園。周囲2キロ、面積0.15平方キロという狭い島ですが、島全体が植物園で、4万本以上のヤシや、さまざまな熱帯植物があり、群生するブーゲンビリアがみごとです。この島へ渡る水牛車は10人から14人乗り、観光客にたいへん人気があります。


PB200079.jpg

海面は大潮の干潮時には干上がり、満潮時には1.5メートルにもなるといいます。この日、島へ渡ったときは水深40センチ程度でしたが、帰りはやや潮が満ちて70~80センチになっていたでしょうか。

水牛は実に利口な動物で、牛方(うしかた)の言葉を理解して行動するため、ほとんどムチは使わないらしい。何より車を引くときは、自分から車の“引き手”に首を入れる。終わると自分から外れるのです。目的の対岸に着くと、Uターンして次の客が乗るのを待つ。何と可愛いではありませんか。

由布島には池があります。その周りを柵で囲い、長いリードをつけた水牛を放しておくと、自分で池に浸かるのです。話によると、水牛は体温がたいへん高いので水につかって下げる、とか。ともかく可愛い。私は3回目ですが、また来てもいいと思いました。

夜は中野わいわいホールで島人文化祭のフィナーレです。「舞台の部」ということで古典太鼓、舞踊、三線を堪能させてもらい、最後、島の参加者が一体になって踊りました。感動的なひとときでした。

11月21日
この日は早朝から大騒ぎになりました。
と言っても騒いでいた、というか慌てていたのは私だけ。妻は「何とかなるだろう」とホテルのレストランで悠々の朝食。あと参加した5人は、事態を知りませんからもちろん慌てることもありません。

西表島に連絡船で到着したのは上原港でした。帰りもこの港でレンタカーを返却する予定でした。朝9時20分出港ですから、ホテルのチェックアウトもあり、それほどゆっくりはしておれませんが、余裕はあります。

7時ちょっと過ぎ、妻とレストランに降りて行きました。すると入口に「上原港 ― 石垣港 欠航」と貼り出されているではありませんか。風波が強いから、という理由です。レストランにはすでに他のメンバーが来ており、出発に合わせ早い目の食事をしていたのです。しかし私はそれどころではありません。食事もお粥を一口食べただけで、さっそく対策を考えました。

ホテルから上原港までなら車で10分弱。
しかし、上原港から見て島の反対側にある大原港から出る船に乗るしかないというのです、そこまでは1時間かかります。その場合、レンタカーの返却はどこでしたらいいのか。
レンタカー会社が始まるのが8時です。それから打ち合わせて、出発して大原港に着くまで1時間。そのあと指定個所に車の返却手続きをして港まで行き、9時30分出港の船に乗る。時間はギリギリでしょう。


8時にレンタカー会社と電話が通じたときはホッとしました。大原港の近くでも車を返却できるというのです。
“いま8時15分、これから1時間かけて大原へ行き、車を返却して港へ行き9時30分の船に乗る”― ギリギリだが何とかなるだろうと思いました。

PB210190.jpg

石垣から那覇への航空便が決まっているので、もしこの船に乗れなければ間に合わなかったのです。しかも往復をツアーパックで組んでもらったので、違う便に変更できないという理由がありました。自分らだけなら、いざとなれば航空券を買い直してもいいのですが、ほかの人たちのことを考えるとそうはいきません。船に間に合ったときは正直ホッとしました。

予定通り、石垣空港から那覇空港へ到着しました、ここは大都会、集合時間まで自由行動です。
私は妻と首里城へ行きました。空港からモノレールで首里駅まで、そのあとタクシーですぐです。以前も来たことがあるのですが、そのときは時間もなく、周囲をざっと見ただけで帰ってきました。
この日は40分ほど時間をかけて、内部をおよそ見ることができました。日本本土の古来の城とは全く異なる様子に、やはり昔は日本とは違う「琉球王朝」だったのだ、と強く感じたものです。

16時55分那覇発、羽田には午後7時過ぎに着きました。気流の関係かどうか私には分かりませんが、沖縄便は往路より復路の方が早いのです。ともかく無事帰還でき、観光もできてほぼ満足のいく4日間でした。

今回の西表行きについて2、3件の旅行社に相談しましたが、別個にパックを組むことはできないとの話でした。しかし最後に電話した沖縄の旅行社が気持ちよく引き受けてくれ、「JALパック西表島4日間の旅」ということで、たいへん参加しやすい費用で設定してもらうことができ、大いにたすかりました。次回に行くときには、ぜひまたお願いしたいと思っています。(終わり)

旅行の拙い記録でしたが、お読みいただき感謝します。


PB200067.jpg
ノージの作品の一部

PB200074.jpg
由布島の池の周囲に集まる水牛

PB200088.jpg
島の反対側の海辺で

PB200107.jpg

PB200129.jpg
フィナーレの舞台を楽しむ

PB210144.jpg
石垣空港から那覇へ向かう

PB210149.jpg
首里城の守礼門
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR