NHK受信料への私見、地デジ化を機会にスクランブル方式を

埼玉の社労士です。
今日は日ごろ気になっている日本放送協会(NHK)の受信料についてひとこと書きます。
民間放送では受信料を徴収しないのに、どうしてNHKには払わなければならないのでしょうか。根拠は「放送法」にあることは皆さんご存じのとおりです。同法第32条には次のように決められています。

「(受信契約及び受信料)
第32条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない」。

放送法は、そもそも大正時代に無線通信法として施行されました。その後昭和25年6月1日から放送法として施行され、NHK以外の事業者(民間放送=民法)の設置が認められた以後の放送に関する基本法ともなったのです。

しかし先の条文を読む限り、NHKの受信ができないテレビなら受信料を払う必要がないということでしょう。NHKのチャンネルが使えないようにしてある受像機なら、受信料を払わなくてもいい。しかしそこまでする人はなかなかいないのでしょう。
よってNHKは受信料を独占徴収して、殿様商売をやってきたわけです。


ところがこのたびテレビの完全地デジ化が達成されました。
そもそも契約の本旨は、お互いに納得がいった上で結ぶものではないですか。結びたくないけど、仕方なく受信料を払っている、という人も結構多いのではないでしょうか。

そこで私は提案します。
それは「NHKはスクランブル方式を導入するべきだ」ということです。ご存知の方が多いとは思いますが、スクランブル方式とは料金を支払っている人だけにある番組を視聴できるようにして、払っていない人には、映像・音声を遮断して見られなくする方式です。もちろん私は技術的なことは詳しく知りません。しかしデジタル化した現在ならできるそうです。

すなわち受信料を払わない視聴者のテレビにスクランブルを掛けると、そのテレビにNHKは写らないのです。受信料を払った人にしかNHKの放送を見ることができない。無理やり受信契約をさせるのと違って、合理的ではないですか。放送法の趣旨にも則っているといえるでしょう。払わない人たちは、納得の上で民法だけを見ればよいのです。



しかしこんなことをいうと、NHKは大反対をするでしょう。例えば…

あるいは曰く。
NHKは公共放送である。受信料を払った人しかNHKの放送を見ることができないとなると、全国どこでも「あまねく」視聴できない。大地震、大津波などの災害が起きた場合、視聴していない「国民に知らせることができない」ではないか。

反論して曰く。
先だっての東日本大震災のおり、民放各局とも競って予報・状況を放送していた。決してNHKに劣る内容だったとは思わない。現在、放送は民放の判断に任されているのかもわからないが、心配なら、震災のときは民放もそれを放送することを法律で義務付けたらどうか。局の判断に任されている(と思われる)先日の震災でも、「これでもか」というほどの報道が繰り広げられていたではないのか法律が絶対ではないのです。実情が変われば法律を変えればいい。事実、この法律が施行されたときは、デジタル化など誰も知らなかった。

曰く。
スポンサーが付いていると、スポンサーに遠慮して公正な報道ができない。NHKは受信料で賄っているからそんな心配はない。

反論して曰く。
かつてNHKで戦中における日本の台湾、あるいは韓国への政策を批判した特集をやったことがあったが、目に余る色眼鏡を通した内容だった。韓国の歓心を買えたかもしれないが、台湾では多くの人が「聞かされていた趣旨とは違う。発言もNHKの主張に沿う方向に利用された」と怒っていた。NHKがはたして「公器」といえるかどうか、疑問を抱かざるをえない。要するに、「受信料という権利」を手放したくないのでしょう。
天下の大新聞(といわれているもの)でさえ、北京政府の出先機関のようなものもある、NHKを含めて、これが「平和過ぎる日本」の特徴でしょう。

いずれにしても、多くのメディアに公正な報道など期待をしてはいません。読者、視聴者の識見で、背後にある真実を見ていくしかないではないですか。
NHKに受信料をを払った人だけが、NHKを視聴することができる。これほど公正・明確なことはない。NHKと契約したい人だけがすればいいのです。スクランブル方式は、実に合理的でわかりやすいでしょう。ぜひこの方式を取り入れるべきだと私は思慮いたします。

本日もありがとうございました。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR