あっという間の4日間、台北を満喫しました(台湾旅行報告・終)

埼玉の社労士です。台湾慰安旅行の続きを書いてみました。
6月10日、この日は自由行動です。前もって目的を決めて行動する人、故宮博物院へもう一度足を運び堪能するまで鑑賞する人などさまざまでした。

私は妻と台北101に行きました。高さ508メートル、世界第2位の高さのビルです。89階の展望台までエレベーターで38秒、世界最速だということでした。382メートルの高度から360度のパノラマを眺めた後、フランス資本の巨大スーパーマーケット「カルフール」へ。

実はこのカルフール、妻がどうしても行きたかったのですが、どこにあるか場所がわかりません。ホテルでも聞いたのですが、「カルフールはないが、家楽福という大きいスーパーがある」と教えてもらっていました。
台北101のあと、ガイドブックに載っていたスーパー頂好へ行ったのですが、まったく期待外れ。雨が降ってきて車に乗ったので、ホテルで聞いていた家楽福という名前と住所を運転手に示して、行ってくれるように指示しました。

妻はあんまり気乗りがしなくて、途中、「この車、道を間違っているよ」「さっき台北駅が見えたから、ぜんぜん違うところへ連れて来られているよ」と散々文句を言っていました。運転手も少しは日本語がわかるようで、途中すごく不機嫌になったのがわかります。

やっと目的地に到着。エスカレーターに乗ったとたん、私は思わず「ここがカルフールだ」と言いました。「家楽福」と書いた看板の下に、ごく小さく「Carrefour」と書いてあるではありませんか。家楽福はCarrefourの中国訳だったのですね!
やっと目的のスーパーマーケットにつきました。さすが、家庭生活用品、食料品の品ぞろえには驚きました。もっと見たかったけど、なにせ時間がない。

そのあと電車で淡水へ。淡水には午後5時にメンバー5人と合流することになっています。
この日はあいにくの雨催(もよい)、「東洋のベニス」と謳われた夕景も期待できません。
定刻5時、雨は降ったりやんだりの中を、傘を差しての海岸散策です。

ある人が向う岸に渡りたいと言いました。渡し船がしょっちゅう往復しています。渡し船というと、櫓や櫂で動く小さい船を想像しがちでしょうが、そこそこの大きさでエンジンがついています。
さて、対岸へ渡ったものの、ことに行く予定もないのですぐに戻ってしまいました。どこかで夕食を食べようということになったのですが、どこで食べたらいいかわかりません。

あっちこっち探し歩いた結果、「◇◇大飯店」という電飾看板が見えて、そこへ入ろうということになりました。大飯店は台湾・中国ではホテルのことですから、当然レストランがあるでしょう。
「さあ、入ろう」と思ったとき、何軒か先に鍋料理の看板が見え、全員の意見が一致してそちらに変更しました。

席に着いて、私が奥の手を出しました。
実はベジタリアンが1人いるのです。また野菜の中でもタマネギ、ネギ、ニラ、ニンニクを食べることができません。もちろん肉・魚介はNG、そのダシもだめなのです。そこで出したのが台湾で使っていると思われる北京語で(大陸で使っている簡体字の北京語とは違います)、あらかじめ書いてきたカードを店員に示しました。これは北京の大学に留学経験がある社労士の婦人に翻訳してもらったものです。

「這位太太不敢喫肉類,魚類和貝類,也不敢喝鷄湯等肉類湯和魚湯。還有,不敢喫洋葱,大葱,大蒜,韮菜。有没有用其他的蔬菜做的菜?或者,有没有隻用鷄蛋做的菜?」
(この婦人は肉と魚介類が食べられません。肉・魚のダシもダメです。野菜もタマネギ、ネギ、ニンニク、ニラは食べられません。それ以外の野菜や卵で作った食べ物がありますか。あるいは、何か作ってもらえますか)

この文章は、好き嫌いで食べたことがない、食べる勇気がないので食べられない場合の表現ということで、アレルギーで食べられない場合は「不敢喫」を「不能喫」というのだそうです。
店員がすぐにその人を材料のあるところへ誘い、自分で好みのものを選ぶように話してくれて一件落着。心配していたのでホッとしました。
食事のあと、電車で淡水から最寄りの民權西路駅へ行き、ホテルまで徒歩です。

帰ってからは「反省会」。といっても難しいことではありません。皆さんとゆっくり話せるのも「今宵限り」、そこで御苦労さま、という意思表示をしたかったのです。


最終日の11日、いよいよ帰国です。あっという間に過ぎ去った4日間でした。
この日は免税店などに寄って空港へ行くだけ、成田に午後5時10分着の予定です。過ぎ去ってみると、あっという間の出来事でした。楽しいことは、本当に早く終わってしまいます。

午前9時、ガイドがホテルのロビーまで迎えに来てくれて桃園国際空港へ出発。途中、宝石を扱う免税店に寄りましたが、そこには普段見ることができない物があったのです。

まず第1に驚いたのは、ヒスイに彫った巨大な白菜。
ヒスイにキリギリス、イナゴを彫った白菜は、故宮博物院の超目玉の財宝として有名です。「翠玉白菜」と名付けられていますが、翠玉巧彫の最高傑作といわれます。高さは20cm足らずでしょうか。

しかしこの店に展示されていた白菜の彫刻には驚きました。もちろん翠玉白菜のような精緻な彫り物ではありませんが、ともかくその巨大さです。全長1m30cm~1m40cmもあったでしょう。葉には、ちゃんとキリギリスも彫ってあります。全体に白く、葉も翠(みどり)ではありませんが、ヒスイの原石を彫ったものには間違いありません。確か日本円で数千万円の値がついていたと思います。

また私の背よりも高いヒスイの壷。本物のヒスイは、たとえ色が濃いものでも中に蝋燭を入れると明かりが壷の外へ漏れてくる、と話していました。これが3千500万円ほど。こんな壷が店の中にゴロゴロしているのです。買うことができないので、せめてもと写真を撮ってきました。

そのあと空港に到着。メンバーは8人もいるし、しかもエコノミーですから、席が1ヵ所にまとめて取れないかもと案じていたのですが、無事かたまって座ることができることになり一安心。空港で残った台湾ドルを使おうとお土産を買い、飲食店で點心と生ビールを頼みましたがたいへん美味でした。

搭乗口へ行く途中、壁面のプラスチックに見事な「墨書」を焼き付けてありました。写真を見てください。反転して文字の部分が透けて明るく作られたものですが、それはそれはみごとな書です。ここでも改めて「漢字の国」を実感させられました。
少し余裕を持って搭乗口に着いたので、そこでキャセイパシフィックの空港職員に8名の集合写真を撮ってもらいました。

飛行機は定刻どおりに成田着。そこで別れる人、日暮里まで一緒の人など様々でしたが、ともかく思い出に残る旅が無事終了しました。参加の皆さんもきっと同じ気持ちだと思います。皆さんが喜ぶ顔を見ると、行ってよかったとつくづく思います。
拙い旅行記を長々読んでいただき、ありがとうございました。(終わり)

紹介したい写真を、何枚か掲載します。


P6100058.jpg
                       台北101の展望台からの眺望

110611_1035~001
               ヒスイ原石に彫った巨大な白菜とキリギリス

P6110075.jpg

P6110076.jpg
                     空港内の通路壁面にみごとな書

P6110077.jpg
                           帰路、搭乗待合室で集合写真


プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR