産経省副大臣、「神のみぞ知る」最低発言

埼玉の社労士です。
池田元久クンというのは経産省の副大臣でしたか? 以前でいえば政務次官でしょう。副であっても「大臣」などと称するのも恥ずかしい。

あんまりバカバカしいので、詳細は覚えていません。しかし…。

国会の答弁で、福島原発事故に対し「予見しうる最悪の状態を考慮して(対策をおこなって)いるが、そのあとは神のみぞ知る」(あくまでも趣意)と言ったらしいですね。

そのあと、野党の総攻撃に遭ったというのです。当たり前でしょう。さらに、議長の勧めにもかかわらず謝罪しないので紛糾して5回も審議が中断、休憩に入るという始末。やむなく「『神』以下を取り消します」と言い、陳謝して撤回したそうです。
被災地では被災者の皆さんは必死に耐え、救援者も命がけで働いているのに何を考えているのだ、国会は何をしているのだと怒りが湧いてきます。

神のみぞ知る、ということは、「(最悪の状態を考慮して対策を講じたのだから)あとの成り行きは知りません」ということでしょう。思わず本音が漏れたに違いない。もし、ほかの解釈があるなら教えてもらいたいものだ。

民主党政権はいつまでバカみたいなことをやっているのか。しかもこの池田副大臣といい、蓮舫大臣といい、民主党にはどうしてこんなに“上から目線”の者が多いのでしょう。選挙のときは、這いつくばっていたのに。しかし彼らを選んだのは国民なのですよね。

では自民党はどうか? これもO.K.とは言えません。情けないね…。

今日はこれで失礼します。

プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR