FC2ブログ

“うまくない英語”でも、さほど不便はない?

私の英語力は「受験英語」の域を出ていません。もう50年近くになるでしょう。その間、どこかで学んだという経験もありません。
外国へ行ったときなど、英語が話せると便利だろうと思うことはあります。しかし英語圏の人にとっては例外なく話せる言葉なのですから、「特技でも何でもない。必要がある人以外、改めて学ぶ必要はないんじゃないか」とも思っていました。

世間の親で、「子供を国際人に育てたいから」と、英語を学ばせようとする例を知っています。英語を話せると国際人なのでしょうか、自分の国のことさえろくに知らなくても…。
もしそうなら、通訳こそ“第1級の国際人”ということになりませんか。それでいいのでしょうか。
そんな風潮に対する、“抵抗感”もあったのかもわかりません。

小渕恵三さんが総理のときでした、英語を「第2公用語」にしようという動きがありましたね。時代の趨勢を考えると、狙いは悪くないと思いました。
しかし「日本語を日本国の公用語にする」とは、憲法にも決められていないのですよ。まず、日本語を公用語とすることを正式に決めずして、どうして「第2公用語」と言えるのだろう、と不思議に思ったものです。「公用語」あるいは「第1公用語」がなくて、いきなり「第2」ですか。皆さんはいかがお考えでしょう?



しかし今日は、そのことを書くのが目的ではありません。
さっきも述べましたように、英語を話せると便利なときもあります。しかし“上手でない英語”でも、そんなに不便ではありませんよ。学ぶ意欲の乏しい方は無駄な出費をすることはありませんよ、と言いたかったのです。
なぜなら私は英語圏の国において、自分の“あんまりうまくない英語”で、それほど不便を感じたことがないからです。鈍感なのでしょうか?

こんな記事を読んだことがあります。
ある日本人男性、“英語をしゃべる”ことには自信があったようです。イギリスに行ったとき入国審査官に「旅行の目的は」と聞かれ、(多分流暢な英語で)「しっかり稼いで旅費を貯めようかな」と言ったというのです。

もちろんジョークのつもりだったのでしょう、ワーキング・ビザなど持っていないのですから。しかし、とたんに別室へ連れて行かれ、長時間にわたって散々絞られたそうです。
「雉も鳴かずば撃たれまいに」
その記事を読んだときの私の感想です。



いつも一緒に旅行する友人は、私のことを「英語が話せる」と思っています。一緒に行動しているのに、話せないことがわからないとは面白いでしょう?
ただ、どこまでが話せなくて、どこからが話せると言ったらいいのかは、難しいでしょうね。相対的な問題ですし。私も時によって、「少しは話せる」と言ったり、「話せない」と言ったりしているようです。
私らの年代の人は、どちらかというと、話すより聞くことが苦手ですね。教育がそうでしたから。

たとえば外国でオプショナル・ツアーを申し込むための電話をかけるときも、私は「英語が得意じゃないから、ゆっくり話してほしい」とたどたどしく言います。
いつも同じことを言うので、その部分は流暢に話せるのです。しかし「わざと」たどたどしく話しますと、ゆっくり、わかりやすい英語が返ってきます。

だって「受験英語のみ体験者」にとって、たとえばリエゾンを利かせて、早口でまくし立てられたら困りますからね。
「ウェイラメネ」(Wait a minute.)
「ニセンユウォン」(Anything you want?)
などの簡単な会話だけなら多少リエゾンが利いてもわかりますが、長文になったらお手上げ…です。

たとえば外国人がカタコトの日本語を使っていても、私たち決してバカにしたりしませんよね。
ウィッキーさん、確か今どこかの大学で教授をしていると思いますが、日本に来たばかりの頃、バスを降りようとして、「降ろして下さい」を間違えて「殺して下さい」と大声で叫んだ、と話すのを聞いたことがあります。



しかし、私はあんまり話せない英語を、「達者に話すことができるフリ」をしたこともあります。

ラスベガス(アメリカ)へ行ったときです。
グランドキャニオンのツアーを申し込みました。ラスベガスの街の中にある小さい飛行場からグランドキャニオンまで飛び、その後バスで見学するのです。

30~40人乗りのプロペラ機でした。空港内の写真を撮っていたので、搭乗が最後になってしまいました。先に搭乗した人から、好きな席に座るのです。窓際の席は総てふさがっていて、通路を隔てた真ん中の席はガラ空きです。

ふだん私は通路席に座るのですが(歳のせいでトイレが近いから!)、こんな場合は外の景色を見たいじゃないですか。

気がつくと、窓側席が1つだけ空いています、非常口のそばでした。座ると窓際に、たしか「English-speaking only」だったと思いますがシールが貼られており、緊急事態のときに手伝ってもらうから、と説明が続いていました。

「何かあればお手伝いしましょう」と、私は決心しました。間もなく、歳のころはアラフィフと思える体格のいいスチュワーデスさん(現今はCAと言うの?)が来て、
「Do you speak English?」
さすが英語にお詳しい? 「Can you…」とは言いません。

「イェース、アレロベーッ」(Yes, a little bit.)
私もできるだけ流暢に答えました。あと何を聞くかと思ったら、
「Okay」
無罪放免! です。

見ると窓際にヘッドセット(イヤホーン)があります。耳にかけると英語の説明が聞こえてきます。前席の人のヘッドセットに書いてある字を読んでみますと、英語以外に日本語、韓国語、中国語(Chinese=北京語?)、フランス語、たしかもう1ヵ国の言葉が聞ける切り替えになっていました。

そうか。ここは「English-speaking only」の席だから英語だけか。仕方がないか、まさかCAに文句を言えないよな。でも私の英語力では、聞き取れない部分が多かったのも事実です。このときは多少不便だと思いましたけどね。



最後にひとこと言わせてください。志を持って、あるいは必要があって外国語を勉強している方は立派だと思います。
私が言いたいのは、英会話学校へ通っただけで、そのご当人が「英語が話せる」と勘違いしている人が結構多い(人前でも公言しています)。

外国人の英語教師が、習う日本人のレベルに合わせてゆっくり話してくれる。少し言葉のキャッチボールができると、それだけで「英語を話せる」と勘違いする人がいかに多いか。
お金を出して勘違い英語を学ばなくても、下手な英語のままでもそんなに不便はありませんよ、と私は言いたいのです。勘違い英語は、所詮、下手な英語から脱却できたわけではないのですから。

またある私立女子大英文科を卒業したことを自負しながら、(学校・個々人によるでしょうが)英語を話せないという人を知っています。彼女にとっては、どうやら英文科を卒業したことは、箪笥・長持同様、嫁入り道具のひとつだったのかもわかりません。

あるいはアクセサリーの1つ? といったら言い過ぎでしょうか。もし気に障る方がいたらお詫びします、これはあくまでも「私個人の感想」(どこかで聞いたような?)です…。
本当に学ぼうとはしない、そういう人たちは英語学習にお金をかける価値があるとは思えないのですが。私が独断・偏見に陥っているのだったらごめんなさい。



このブログ、何を書いたらいいのかわからないまま、書きなぐっているような現状です。今回は、ダラダラと長くなり過ぎました。申し訳ありません。だんだん慣れてくるといいのですが…。

本日も「川越・ふじみ野・富士見エリア、特定社労士の『ぼやき日記』」を読んで下さり、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR