FC2ブログ

牛や豚を食いながら捕鯨国を敵視する、米英の身勝手さが我慢ならない

 (前回のつづき)
 クジラのさまざまな利用法について書いてきましたが、今ひとつ、多くの方が知っておられるからくり人形の歴史を書いてみましょう。ご存知ない方は改めて、日本人の知的レベルの高さに驚かれるに違いありません。これは日本におけるロボット製作のルーツともいえるでしょう。

 江戸時代に、「茶運び人形」というのがあったのを知っておられると思います。
 からくり人形の一種で、人が人形の持つ茶托(ちゃたく)に茶碗(ちゃわん)をのせると、歯車が回転して人形が前進する。客人の前まで来た時、客人が茶碗を取ると止まる。
 茶を飲み終えた客が茶碗を茶托に戻すと、ここで人形は180度方向転換をして、もと来た道を茶を入れた人のほうまで戻るのです。

 この人形、人が手を放しても動くということは動力が必要になります。その動力には「ゼンマイばね」と「歯車」が使われていました。歯車の原料は木の薄板を張り合わせて使いました。柾目の板を使うと、角度によって歯車の歯が折れやすい。そこで板の角度を変えて張り合わせることにより、歯が折れることを防いだのです。

 ところでゼンマイには何を用いたと思いますか。江戸時代はクジラの髭(ひげ)を使ったのです。髭の弾力性に目を付けたのですね。しかしこのゼンマイは金属(鋼)とは違うので長時間、巻いたままにすると弾力性が落ち、ゼンマイが戻りにくくなる。そこで普段はなるべく戻しておくらしい。
 現在よく知られる茶運び人形は、寛政9年(1796年)に出版された細川半蔵の著書である『機巧図彙』(きこうずい、からくりずい)の記述を元に復元されものだという。
 このように、日本人がクジラに感謝しながら、その体すべてを余すところなく利用したことがよくわかります。

 映画「ザ・コーヴ」の公開以降、和歌山県太地町の追い込み漁が反捕鯨団体の強い反発を受けるようになりました。毎年漁期になると国外から外国人活動家が同町に抗議のため訪れ、漁業関係者との間でトラブルが発生している。反捕鯨団体の過激な活動家が漁具の破壊や暴行などの不法行為で逮捕される事件も発生しています。
 私自身はことに鯨食を好むわけではありません。何年か前、渋谷Bunkamuraへ絵を見に行ったついでに、有名な「Kや」へ行ってみました。40年ぶりぐらいで、懐かしさもあって寄ったのですが、改めて食べてみたところ「もういい」という感じでした。
 ただ、自分らは牛や豚をたらふく喰らいながら、捕鯨国家を敵視する白人連中が気に入らない。シーシェパードなんかはアイスランドやノルウェーの捕鯨船を体当たりで沈没させるなど過激な行動で知られ、南極海では日本の調査捕鯨戦船にも執拗な妨害を繰り返してきた。

 クジラは世界で80種類以上確認されているそうですが、絶滅の危機に瀕している種類もあれば、増えすぎている種類もあります。日本は、シロナガスクジラのように絶滅の危機に瀕した鯨類の保護を強く支持しています。しかしミンククジラなどは増えすぎて、漁業資源を食い荒らしているという。
 IWCの科学委員会はザトウクジラは年に約10%の割合で増加していることを承知しているらしい。このため、ザトウクジラを極少数捕獲しても悪影響を及ぼすことはないと考えられている。

 さらに、捕鯨とホエール・ウォッチングは互いに相手を排除するものではありません。日本、ノルウェー、アイスランドにおいては、ホエール・ウォッチングと鯨の捕獲の両方が受け入れられており、これら双方の活動は、鯨が永久に存続していくように健全で豊富な鯨資源を維持する、という同じ目標を共有しているのです。
 そもそも最大の捕鯨国は米英でした。鯨油を取る必要がなくなったからと、捕鯨国を敵視するなど恥ずかしくはないのか。私はそんな米英の身勝手さが我慢ならないのです。(おわり)

茶運び人形
茶運び人形。茶托に茶碗を載せ
ると客の前まで運び、飲み終え
た茶碗を戻すと、茶を入れた人
の前まで帰ってくる

米原住民の鯨食を頬かむりして捕鯨国を責めるアメリカのご都合主義

(前回のつづき)
 アラスカに住んでいるアメリカ人が鯨肉を食用にしている。これは間違いのない事実です。アメリカ人の多くは「原住民族が食用にしているだけだ」という。現在のアメリカはイギリスからの移住者などで始まり(というと聞こえがいいが、白人のアメリカ大陸侵略です)、せいぜい230年程度の歴史しかない。その人らに鯨肉を喰う文化がなかったというだけだ。食べもしないクジラを躊躇なく殺して、鯨油を取って放擲した。
 日本にはアラスカの原住民がクジラを食するはるか以前、縄文時代からクジラを食べる文化がありました。

 まずアメリカ人が、同胞の原住民がクジラを食べるのを黙認、頬かむりして、日本を非難する資格があるのか。鯨食文化がない欧米人が、同胞の食文化に目をつむり、日本を非難するのはなぜか。
 彼らは牛、豚などを日本人の何倍も食べているではないか。それに対する後ろめたさが今度は捕鯨国を攻撃する方向に回ったのだ。これは韓国が経済ひっ迫などで行き詰った時、政権が自分らへの責めを避けるために、国民を「反日」行動に誘導するやり方と似ている。
 鯨油が必要でなくなった以上クジラは必要がない。よって自分らの「鯨食はけしからん、野蛮だ」だとの意見を押しつける。なんとも身勝手なことです。

 さらにクジラに対する感謝の気持ちもない。アラスカの原住民のことを、「感謝の気持ちを持っている」というアメリカ人がいる。口で言うことは簡単だ。具体的に何をしてきたか。
 日本には「鯨墓(くじらばか、げいぼ)」があるのをご存知ですね。受動的あるいは能動的な捕鯨を生業にしている地域において、クジラを供養している墓のことで、日本独特の慣わしです。

 江戸時代以前、またそれ以降に捕鯨を行ってきた地域で、追悼や供養の意味を込めて建てられた墓であり、特に積極的捕鯨をしてきた地域では鯨墓にととまらず、鯨過去帳の作成や卒塔婆や戒名や年一回の鯨法会(ほうえ)まで行う地域まで存在する。捕鯨を古くからやってきた地域では「鯨塚」や「鯨碑」といったものも存在し、鯨墓とあわせるとおよそ100基が日本に存在するという。
 これは積極的な捕鯨だけではなく、寄り鯨・流れ鯨といわれるクジラを捕獲し(受動捕鯨)食料や資源としての利用から、その地域が救われたり潤ったりしたことをも感謝して行われてきたのです。(この段、Wikipediaより)

 さらにクジラがどのように利用されているか。「鯨肉」や「鯨油」以外にも、驚くほど徹底して利用されていることを前回のブログに書きました。
 意外なものはマッコウクジラの「腸内の結石」があります。これが何かおわかりですか。これは腸内にできる結石で、竜涎香(りゅうぜんこう)と呼ばれる香料になるのです。私はその香りをかいだことはありませんが、麝香(じゃこう)に似ていると聞いたことがあります。竜涎香は昔から貴重な香料として高値で取引されていました。

 この結石の塊を、海岸を散歩していて拾う人がときどきいるそうです。これは水に浮かびますから、クジラが排泄したものが波に乗って流れ着いたのでしょう。しかしこれが1000万円を超える価値があることも多いそうです。商業捕鯨が行われる以前は、こんな偶然でしか手に入らなかったのでしょう。
 物の本によると、1948年には金の8倍もの値がついたこともあるらしい。現在でも1g当たり20ドルもする高価なものだという。マッコウクジラは今こそカタカナで書きますが、以前の漢字表記は「抹香鯨」でした。クジラからいい香りがする、ということで名づけられたのでしょう。一度、テレビの「開運! なんでも鑑定団」という番組でも取り上げたことがありました。(つづく)

日本がIWCの脱退を決める、7月から領海・EEZで商業捕鯨を

 昨年末、政府は約30年ぶりの商業捕鯨再開に向け、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた。南氷洋などには行かず、7月から日本近海や日本の排他的経済水域(EEZ)内で捕鯨を実施する方向だという。
 日本の国際機関脱退は戦後ほとんど例がない。国際社会からルール軽視との批判を浴びることは避けられない、というのが多くのメディアの一致した見方でもあります。

 しかし捕鯨反対の先頭に立っている欧米諸国、実は数十年前までは捕鯨国だったではありませんか。彼らは捕獲したクジラから鯨油をとることだけが目的だった。だから目的を達した後は、死骸を放擲したのです。とった鯨油は潤滑油に精製していた。
 本来は、自分らの生活のために動物を殺すことがあれば、犠牲になったものに十分感謝を捧げなければならない。しかし彼らには全くそんな謙虚さがない。野蛮人種の典型でしょうか。
 今は鯨油を取る必要がなくなり、捕鯨の必要はなくなった。とたんに「クジラは知能指数が高い動物だから捕鯨はかわいそうだ」だと。バカも休み休み言え。それまでクジラを乱獲し、鯨油を搾取した後は躊躇なく死骸を遺棄してきたのが彼らの歴史ではないか。

 捕鯨を批判している欧米諸国の連中、彼らが偽善者だってことに日本人は疾うに気付いているのだ。君らの食卓には牛、豚、カンガルーなどありとあらゆる哺乳類が調理されて乗っているではないか。1人当たりの摂取量は日本人とは比べ物にならない。日本人の主食は米。副食が野菜、魚、肉だが、彼らの主食な何なのだ。彼らには主食という概念はないが、バカみたいに牛や豚の肉類を喰らっているではないか。

 日本は縄文時代からの捕鯨国です、クジラの肉を食べる食文化があります。
 クジラがどのように利用されているか、一例を述べてみます。
 「鯨肉」以外に「内臓」、「鯨油」、「髭(ひげ)」、「歯」、「軟骨」、「骨」、「鯨皮」、「筋」、「腸内の結石」など、考えられないほどすべてを有効利用しているのです。もちろんこれは一例で、もっと徹底利用しています。

 欧米人が「我々もクジラに感謝している」と口で言うのは簡単だが、かつては鯨油を摂るだけだった。
 現在はアメリカ人の一部で、アラスカに住んでいる連中が鯨肉を食用にしている。アメリカは「原住民族が食用にしているだけだ」という。現在のアメリカはせいぜい200年程度の歴史しかない。現在の欧米人に鯨肉を喰う文化がなかっただけだ。自分の国の原住民を責めず、他の捕鯨国を責めるとはどういう了見だ。
 どうしてもこの問題、もう少し書いてみなければならないようです。(つづく)

韓国は自由主義陣営から離脱するのか、今後の日本の防衛はどうなる?

 (前回の続き)
 呉善花氏はさらに次のようにも述べている・
 「朝鮮戦争を終結させて平和条約が結ばれることで在韓米軍を撤退させるのが、文在寅の最大の狙いです。(略)
 金正恩の狙いは自力で北朝鮮を発展させることですから、外国はあまり入ってこないで資金だけ出してほしいと考えています。資本主義は歓迎していない。そこを文在寅はよく分かっており、北の体制を守りながらうまくやっていきたいと考えている」。

 文大統領の父母は北朝鮮の出身です。文氏は、金日成(キム・イルソン)の名のもとに進められてきた主体(チュチェ)思想の信奉者です。主体思想とはマルクス・レーニン主義を朝鮮の現実に適用したものといわれます。北朝鮮の思想原理であり、金日成個人崇拝と、金正日(キム・ジョンイル)以後の後継体制を正当化するためのイデオロギー的基盤となっているらしい。
 いずれにしても文在寅政権の最大の狙いは、朝鮮戦争を終結させて、平和条約が結ばれることで在韓米軍を撤退させることにあるという。

 文大統領は南北統一の前段階として、連合国家の樹立を目指しているといわれています。当面は両国の政府を存続させつつ、いずれ統一を実現するという2段構えです。
 そこに文氏の最大の目標として、軍事指揮権を米軍主導の米韓連合軍から韓国軍に変換させることと、統一を妨げる在韓米軍を朝鮮半島から撤退させることにつながってくるのです。

 そこまで肩入れしているのかと呆れるのは、9月26日の第73回国連総会の一般討論演説に臨んだ文大統領の発表です。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に向けて積極的に取り組んでいると評価した上で、「今度は、国際社会が北朝鮮の新たな決断と努力に前向きに応える番だ」と述べ、各国が非核化を後押ししていくべきだと訴えた。
 おかしいではありませんか。金正恩は核放棄の具体的動きは何もしていないのです。

 文氏は演説で、この1年間で3度にわたる南北首脳会談や、初の米朝首脳会談が行われたことを踏まえ、「朝鮮半島で奇跡的ともいえることが起きた」と恥ずかしげもなく述べた。「金氏と私は戦争の恐れを取り除き、平和と繁栄の時代を先導した」とし、今月に平壌で行われた南北首脳会談では、金氏が非核化に向けた「かたい意欲」を示したと紹介した。
 バカを言ってはいけない。ここまでは金正日の時も何回もやり、何回も裏切ってきたのではなかったか。

 呉氏は「正論」5月号でこんなことも述べていた。
 「しかし文氏は北の核兵器開発を止めるのは無理だと考えているし、そもそも止める気もありません。それどころか、『統一国家が誕生したら北の核は民族の核になる』と考えているだろうと思います」。
 私が繰り返し、「北朝鮮は絶対に核を放棄しない」「韓国も北の核兵器放棄には積極的ではない。統一の暁には、期せずして核保有国になれると考えているからだ」というのはこのことです。

 文在寅氏が韓国国民を連れて行こうとする先は、自由主義陣営からの離脱です。中国に取り込まれてしまうのか。ロシアも後ろ盾になるのか。南北統一すれば韓国(というか朝鮮と称するか)は核保有国です。統一前でも中国は韓国に軍事基地を建設するでしょう。
 中露韓朝という4か国に囲まれ、日本の防衛はどうなるのか。「専守防衛」という、同じ言葉を繰り返していていいのか。専守防衛というのは、相手が攻撃を始めて、やっと防衛のために応戦することができるという。
 攻撃を受けて初めて応戦する。周りを核兵器保有国に囲まれ、攻撃されたら一巻の終わり。その対策も考えられないほど、日本は平和ボケしたのか。(おわり)

何が「三権分立」だ! 韓国最高裁長官は大統領が左派裁判官を大抜擢

 文在寅大統領が指揮を執る韓国は、いったいどこへ向かっているのか。おそらく、そこまで考えている韓国国民は少ないのではないか。文氏は朴槿恵前大統領の国政を利用する利益独占の追求と、大統領退陣を求めて民衆の先頭に立ってきた。ロウソクを手に集まる「ロウソク民心」に、自らも参加し参加者を鼓舞してきたのです。
 主催者は「100万人集会」と発表したが、実体は20万人ほどだったという。主催は韓国の全国民主労働組合総連盟(民主労総)で、傘下の労組や左派NGOなど1500グループで組織化しているらしい。代表的な傘下労組が「全国教職員労働組合」(全教組)です。

 文政権がスタートすると、労組など主催団体は政府に見返りを求めた。全教組は内部ビラに「われわれは大統領を交代させるためだけに寒い冬、広場に集まったわけではない」と書き、要求を政府にFAXするよう傘下の労組に指令した。
 労組は、朴槿恵を退陣させ文氏を大統領にするために尽力したのだから、文政権は見返りとして要求を飲めということでしょう。これを堂々と行うのを見ても、韓国という国がいかに後進国かわかるというものです。

 実は戦中、朝鮮半島出身労働者を雇用した日本の民間企業に、「徴用工問題」としてべらぼうな賠償金を要求し、さらに徴用工像を造ろうとしているのはこの民主労総なのです。
 文大統領は昨夏、韓国最高裁長官に韓国法曹界切っての左派裁判官を地方裁判所長官から大抜擢したらしい。この新最高裁長官の金命洙氏は、全教組の擁護者です。文氏が彼を長官に大抜擢したということは、これまでの裁判では「決着済み」となっていた、いわゆる「徴用工」問題に、新しい判断をさせようということです。

 「三権分立」などと見え透いたことを言っていますが、文氏が労組を利用しているのか、術中にはまったか、いずれにしても切るに切れない関係にあることは明白です。
 結果、金命洙氏は全教組の思惑通り、日本は「徴用工」に賠償責任がある、としてとりあえず上告の対象になっていた4人に、およそ1人に1千万円の賠償を日本企業に求める判決を下した。これは今まで韓国最高裁が下してきた判決を、180度変えてしまったのです。
 文大統領はどこを目指しているのか。日本との国交断絶を積極的に望んでいないまでも、日韓関係が最悪になってもやむを得ないとの思いがあるのでしょう。

 今回、徴用工と称している朝鮮半島からの出稼ぎ労働者への判決は、こういう環境の中で下されました。文政権のゆがんだ歴史観は、日韓関係を修復不可能にしてしまうでしょう。
 拓殖大学教授の呉善花氏は、「正論」1月号で次のように述べている。
 「この度の韓国最高裁判決の背景には、北朝鮮の“催促”があったのでしょう。韓国としては早く対北制裁を解除して、投資に踏み切りたい。韓国側では南北鉄道の連結など、対北投資の準備は着々と進められています」
 「しかし経済制裁がなかなか解除されないことに北朝鮮は焦っている。それで韓国が北から責められている、ということがあると考えられます」。(つづく)

プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR