FC2ブログ

「反日」を原動力に来年の選挙勝利へ、大衆扇動に踊る韓国民が哀れ

 安倍晋三首相が、安全保障に関連する物資の輸出管理で手続きを優遇する「ホワイト国(グループA)」から、韓国を除外する政令改正を閣議決定したのはご存知の通りです。
 韓国に対しては7月から半導体材料などの輸出管理を厳格化してきた。ホワイト国除外で、他の幅広い物品の輸出についても原則、優遇措置がなくなるという。政令は7日に交付されたが、あと10日足らずで施行されるのでしょう。

 ホワイト国の除外決定を受けた文在寅韓国大統領は、まるで半狂乱ではありませんか。彼らは「優遇対象国からの除外」を「韓国いじめ」と位置づけ、官民挙げての反日に取り組み始めた。
 当初、「徴用工問題を経済問題にすり替えている」と反発していた韓国ですが、徴用工問題はもちろん今や経済問題も消し飛んでしまったごとくで、ただ「反日」を大きな渦にして、そこへ韓国民全体を巻き込もうとしている。

 もしこれが成功すれば、文大統領の思惑は成功でしょう。彼の経済政策は、大統領就任以来ばらまきだけで全く成果が上がっていない。ここで韓国民の文政権への批判を、「反日」に転換させようというのが彼の目論見です。
 日本に対抗する緊急閣議を開催し、その冒頭の何分かをテレビ中継し、国家ぐるみの大運動に持ち込もうとした。

 文氏の任期はあと2年余。韓国大統領の任期は5年で、再選はない。来年4月の国会議員選挙には何をさておいても勝利しなければならない。残る2年、レームダックでみじめな終わり方をするか、目指す改革(是非は論じないとして)に踏み出すことができるかの分岐点です。
 韓国の新聞(どこだったかは忘却しました)で、反日を成功させることが選挙の勝利につながる、との政権内部文書の存在を報じたものがあった。

 文氏の発言です。
 「日本はわれわれの経済を攻撃し、成長を妨げようとしている。厳しい状況にあるわが経済に困難が加わった。だが我々は2度と日本に負けない。われわれは充分日本に打ち勝つことができる」
 まるで戦争前夜の非常事態状態ではないか。2度と負けないというが、いつ日本と戦ったのだ。いつも助けてもらったのが歴史の真実だろう。自分の身を守り政権を守るためとはいえ、愚かな韓国民がそれに乗せられるとすると、まことに不憫である。

今回は「悪の連鎖」を断ち切る好機、毅然たる態度で立ち向かえ!

 (前回の続き)
 毎日新聞(7月15日)「風知草」欄に、同紙特別編集委員・山田孝男氏が政府高官の話を引用している。
 「韓国の政権が変わるたびに『国民と寄り添う措置を』とか、『謝れ』とか言われ、また対応……という悪循環を断ちたい。韓国とは対等な主権国家同士、友好的かつ健全な関係を築く時だと思います」
 まことにその通り。慰安婦問題にしても今回の徴用工問題にしても、日本人弁護士らが知恵を授けている事実がある

 日本人は今回の政府の対応にどんな印象を持っているか。これも毎日新聞の引用ですが、以下のようになっている。
 7月2週のJNNの世論調査で、政府の輸出規制を「妥当だと思う」の58%に対し、「思わない」が24%。NHK調査は「適切な対応だ」が45%で、「不適切な対応だ」9%。「どちらともいえない」という声が37%だったという。

 韓国の「日本相手なら約束を破ってもいい。何をしてもいいのだ」という姿勢は、終戦直後、朝鮮人のやりたいようにやらせていた歴史の上に成り立っている。やらせたというより、やらせざるを得なかった、というのが実態でしょう。
 戦後、日本の警察から拳銃などの武器が進駐軍によって没収された。武器を持たない警察は「張り子のトラ」、いわゆる見掛け倒しです。

 こんな警察、朝鮮人が恐れるはずがない。徒党を組んで東京の百貨店に押し入っては、売り場の商品を根こそぎ強奪する、真昼間ですよ。戦後、焼け野原の都内の駅傍一等地に、勝手に店舗を建てて商売を始める。
 満員列車も数人の朝鮮人が武器で脅して、1車両を占領してしまう。後に総理大臣を務めた鳩山一郎氏がいました。宇宙人といわれた鳩山由紀夫氏のお祖父さんです。この一郎氏が「私は指定席の切符を持っている。理不尽だろう」というと、顔面を殴られ血だらけにされたという話もある。

 信じられない話もありました。生田警察署(兵庫県)や富阪警察署(東京都)、七条警察署(京都府)その他多くの警察署が朝鮮人に襲撃を受けた。警察署によっては武器もない状態で交戦できないと、ヤクザの組長に頼み込んで力を貸してもらったところもあった。
 朝鮮人は「我らは朝鮮進駐軍」と名のって、日本共産党の尖兵として武生事件では裁判所や検察庁を焼き討ちするなど、終戦後の混乱が続く日本国内各地で暴行・略奪・窃盗を繰り広げた。官公署への横暴な態度、不当な要求、建築物の不法占拠。汽車・電車・バスなどの不法乗車、人民裁判など悪辣な事件を限りなく惹起した。。

 相手が弱いとみると嵩にかかって攻めてくる。強いとなるとなびく。事大(じだい)主義、朝鮮人の特徴ですね。
 政権が変わるたびに難癖をつけてこれまでの約束を反故にする。こんな悪の連鎖、ここで断ち切ってもらいたい。それができるのは自民党しかありません。(おわり)

日本は「輸出厳格化」続行を、過去の弱腰外交が付け入るスキを作った

 今や日韓の間が、かつてなかったほど緊迫している。日本政府が4日、半導体物資の韓国への輸出を厳格化した。報道によると、韓国は官民挙げて猛反対しているという。
 テレビ画面からは韓国の日本大使館前のデモや、日本の会社のロゴマークが入った段ボール箱を大勢で踏みつぶす様子などが映し出されている。しかしこれは政府の息がかかった団体の「やらせ」だという声もある。

 しかし文在寅大統領が記者会見を開き、「日本の輸出厳格化」に猛反対している様子を見ると、よっぽど「痛い」のだろうと想像できます。
 これは韓国が北朝鮮及び日本の輸出「厳格化」の緩和を求めるなら、日本から輸入した物資を北朝鮮その他の不適切な地域には送っていない、という証拠をそろえて願い出るべきでしょう。

 それを「デモ」による威嚇や、韓国お得意のロビー活動と称する「告げ口運動」に転化するのは何とも理解に苦しむ。日本は絶対その手を緩めるべきではない。
 この問題を徹底して推し進めるなら、もちろん日本にも、韓国への輸出や韓国からの観光客の減少などマイナス要因もあるでしょう。しかし私個人の気持ちとしては、韓国が音(ね)をあげ、白旗を掲げるまでやってほしい。そのためにもし困る事態に直面しても、あえて堪え忍ぶ決意はできている。

 そもそもこの問題に火をつけたのは韓国でしょう。国家間の協定を無視した元徴用工の賠償をめぐる韓国最高裁判決(昨年10月)に沿い、今度は在韓の日本企業の資産差し押さえ、売却も予定に入っているらしい。
 これは日韓間の財産や請求権をめぐる過去の問題を、「完全かつ最終的に解決された」とする、1965年の日韓基本条約と請求権協定を否定することです。同時にこれは条約厳守の外交常識を覆したものだ。

 これを放置すれば、旧連合国との講和、東南アジア諸国との賠償協定を超えた新しい請求を押さえられなくなる。しかも将来、北朝鮮と国交を結ぶ場合、途方もない賠償請求の口実を与えることになりかねない。
 安倍晋三首相は、事態収拾のため韓国に外交交渉を呼びかけたが、大阪でのG20サミットまでに回答がなく、今回の事態に進んだと思われる。

 当初私は、正面から「慰安婦問題、徴用工問題はいずれも事実に反する一方的な言いがかりで、しかも慰安婦問題を最終不可逆的に解決すると合意した財団まで勝手に解散させた。しかも日本を仮想敵国として国民を教育する国には、軍事に転用される可能性がある物資を輸出しない」と明言し、もしWTOに提訴されたらじゅうぶん時間をかけて所論を展開し、万が一WTOに違反するとなれば脱退すればいいのではないか、と考えていた。(次回に続く)

男系男子で皇位を受け継げる今、野党はなぜ女性の皇位継承を目論むか

 (前回のつづき)
 それはさておき、いつごろからか言われ始めた染色体の問題がある。
 その説によると、人間は22対の常染色体と一組の性染色体を持っている。性染色体は女がXX、男がXYらしい。生まれる子が男の場合、必ず父親のY染色体を受け継いでXYになる。生まれたのが女の子の場合はXXである。これを両親から受け継ぐ。
 そして彼らは言う。
 「日本の皇室では少なくとも、そして知りうる限り、千数百年にわたり、ほとんど同じYが受け継がれている。Xや常染色体上の遺伝子は交差などによってばらばらになるなど、世代を経るごとに変化するのに対し、Yの遺伝子はしっかりと継承されているのだ」。(神武天皇以来とすると、天皇即位から2千6百79年になるが?)

 そして彼らは必ず言う。
 「これが万世一系の拠りどころだ」と。万世一系とは、永久に同一の血統・血筋が続くこと。特に日本の皇室・皇統をさす。ここでまた疑問が湧いてくる。「万世一系」という言葉はいつから使われたのか。
 慶應(明治の前)3年(1867年)10月、岩倉具視が、「王政復古議」に「皇家は連綿として万世一系礼学征伐朝廷より出で候」と指摘した。これが万世一系の語の初出とされる。

 そこでまたまた疑問です。
 慶應年間に(日本だけではなく世界で)染色体の研究が進んでいたことを私は知らない。だからY染色体を万世一系の「拠りどころ」というのは違和感がある。万世一系に異を唱えるのではない。ただ性染色体が、万世一系の「よりどころ」だとなると、「後出し」だろうと言わざるを得ない。

 しかしここで、前回のブログに書いた百地章日本大学名誉教授の言葉を考えてください。
 「(女性天皇が誕生した場合)女性天皇が民間人の男性と結婚し子供が生まれれば、その子供は民間人の家系に属する人だと見られてしまう。そのこどもが天皇になれば、今とは違う『皇室』になって正当性が失われる」
 これは中国などで数千年繰り返してきた易姓革命なのです。社会体制の根本改革を経ず、単なる王朝の断絶を意味する。次に出現したのは以前と別の王朝だということになる。

 昔の人は性染色体など知りませんが、家督相続は長男にさせていました。明治に成文化した旧民法においても同様です。次男が独立したときは、長男が本家、次男が分家になるのでしたね。女の子は嫁いだ先の籍に入る。
 今度は長男の家で、やはり長子が家督を相続する。
 現在の考え方から言えば批判されるかもわからない。しかし昔の人は本能的になのか、経験からなのか、一家の命を継いでいくのが男性、中でも長男だと思って(あるいは感じて)いたのではないかと私は考えます。

 性染色体の問題は、皇統に唯物論を持ち込むように感じて私は感心しません。
 現在、私には断定する知識がありません。しかしもしY染色体が神武天皇以来現在の皇室の男性に連綿と伝わってきたとすると、それは具体的にどういう状況が伝承されてきたのか。
 Y染色体が伝わってきたとして、伝わらない場合とどこがどう違うのか。私同様ほとんどの人が知らないのではないか。しかしそれをわからしてどうするのか、という問題もある。

 今は喜ばしいことに、秋篠宮家に悠仁さまが誕生された。女性天皇、女系天皇をあえて考えなければならぬ時ではないでしょう。
 麗澤大の八木秀次教授は、「男系でつながってきた天皇がいたからこそ今の日本がある。男系男子で皇位を受け継ぐ方法があるなら、伝統を続けていくべきではないか」と言われているが、私も全く同じ意見を持ち合わせている。
 立憲民主党と国民民主党の野党2党が、女性へ皇位継承資格の拡大を今回の選挙公約に盛り込んでいるとは、まことに理解に苦しむと言わざるを得ない。(おわり)

野党2党が女性の皇位継承拡大を公約に、自民は女性天皇に慎重

 21日投開票の参院選で、立憲民主党と国民民主党の野党2党が、女性へ皇位継承資格の拡大を公約に盛り込んでいる。
 皇室典範は皇位について、「皇統に属する男系の男子が継承する」と規定している。明治の旧皇室典範に明文化され、今も引き継がれた内容です。

 男系男子の天皇が父親、父方の祖父、父方の曽祖父…と、男子だけで系図をさかのぼると神武天皇にたどり着くという。この繋がりが「男系男子」です。
 その規定に則ると、現在の皇位継承資格者は天皇陛下の弟君の秋篠宮さま、その長男の悠仁さま、陛下の叔父の常陸宮さまの3人に限られる。次世代の皇位継承者は悠仁さまただ1人です。

 女性への皇位継承を認めた場合、現時点では天皇、皇后両陛下の長女愛子さまを含め、6人が新たに資格を持ち、皇位継承資格者は9人に拡大するらしい。
 女性(じょせい)天皇とは、文字通り女性の天皇です。
 女系(じょけい)天皇というのは、皇室において母のみが皇統(天皇の血統)に属する天皇であり、その子として生まれた人は「女系」とみなされ、以後男系に戻ることはありません。男系・女系というのは本人の性別とは関係がないのです。

 日本の歴史上に女性天皇は8人存在したが、女系天皇はなかった。この女性天皇はいずれも次の男系男子の天皇が誕生するまで天皇の位につかれたもので、未婚(生涯独身)か、天皇・皇太子の元配偶者(未亡人、再婚せず)であったとされている。
 もちろん一時的な例外中の例外であり、その天皇の子が皇位についた例はなく、今も皇統の「男系男子」は守られている。

 「男系男子」がなぜ重要かについて、日本大の百地章名誉教授は次のように説明している。
 「(女性天皇が誕生した場合)女性天皇が民間人の男性と結婚し子供が生まれれば、その子供は民間人の家系に属する人だと見られてしまう。そのこどもが天皇になれば、今とは違う『皇室』になって正当性が失われる」
 また、麗澤大の八木秀次教授は、「男系でつながってきた天皇がいたからこそ今の日本がある。男系男子で皇位を受け継ぐ方法があるなら、伝統を続けていくべきではないか」と。

 ところが家族のあり方を研究している大阪大の牟田和恵教授はこんな意見を述べる。
 「男子しか認めないのは明確な差別だ。(中略)男だけでやっていく皇位継承の仕組みは、日本社会の未来を考えるうえでもゆがんでいる」
 ジャーナリストの田原総一朗氏も、「国民のほとんどは女性天皇・女系天皇に賛成だ。女性天皇を認めれば、国民は今以上に皇室を支持するようになるだろう」(毎日新聞)

 この女性天皇に賛成の2人の発言について述べてみたい。
 はじめに田原氏。「女性天皇を認めれば、国民は今以上に皇室を支持するようになるだろう」と。恥ずかしいね。皇室の存在意義は国民の人気投票で決まることではない。思ってはいたが、なんともレベルが低い御仁だ。

 次いで大阪大教授・牟田女史の「(天皇を)男子しか認めないのは明確な差別だ」との発言について。
 皇室は憲法、法律の埒外に存在することをご存知ないのか。まず皇族には姓(苗字)がない。戸籍もない。皇室典範に、皇位は「皇統に属する男系の男子が継承する」とある。選挙権もない。労働基準法に守られることもない。これらは法律に違反するからダメだ、というのか。

 法には特別法と一般法がある。特別法は一般法に優先する。一般法と特別法とで異なった規律を定めている場合、一般法の規律が排除され特別法の規律が適用される。
 特別法が規定される理由はさまざまであるが、特別な分野に対しては一般的な法律の他にその分野特有の規律が必要になる。これが特別法である。
 憲法と皇室典範を比べると、憲法が一般法で、皇室典範が特別法になるのではないのか。(つづく)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR